ユキチャン2005年3月28日 - [1])は、白毛繁殖牝馬[1]。競走馬時代には2007年から2010年にかけて中央競馬地方競馬へ出走して17戦5勝の戦績を持ち[1]、2010年度には「NAR最優秀牝馬」として表彰される活躍を見せた[1]

ユキチャン
Yukichan 20080427 001.jpg
2008年4月27日 東京競馬場
欧字表記 Yukichan
品種 サラブレッド
性別
毛色 白毛
生誕 2005年3月28日(15歳)
抹消日 2010年12月28日地方競馬
クロフネ
シラユキヒメ
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 金子真人ホールディングス(株)
調教師 後藤由之美浦
山崎尋美川崎
競走成績
タイトル NARグランプリ最優秀牝馬(2010年)
生涯成績 17戦5勝
中央競馬 7戦2勝
地方競馬 10戦3勝
獲得賞金 1億2128万7000円
 
勝ち鞍
JpnII 関東オークス 2008年
JpnIII クイーン賞 2009年
JpnIII TCK女王盃 2010年
テンプレートを表示

生い立ち編集

 
父・クロフネ(2001年)

2005年、北海道早来町ノーザンファームに生まれる[2]。毛色は白毛馬である母馬のシラユキヒメからの遺伝とみられ[3]、兄にはシロクン、ホワイトベッセルという2頭の白毛馬がいた[4]。父・クロフネ芦毛[5]、2001年のNHKマイルカップジャパンカップダートの優勝馬。芝とダートの双方で活躍したが、特にダート競走では史上最強馬と見る向きもあった[6]

本馬の管理調教師であり、シロクンも手掛けた後藤由之は、初めて見たときの印象について「体や顔、常歩(なみあし)で歩くときの脚の送りなどを見て、まともな馬だな」「お母さんやお兄ちゃんより、体と動きがやわらかいな」と感じたとしている[7]。牧場からは「重賞を勝てるような馬」であると申し送られ、競走年齢の2歳を迎えた2007年春に茨城県美浦トレーニングセンターの後藤厩舎に入った[7]。競走馬名の意味は「愛称。白毛のお嬢さん」とされている[8]。なお、同年4月には兄のホワイトベッセルが白毛馬として中央競馬史上初の勝利を挙げている[9]

競走馬としての実績編集

2歳時(2007年)編集

2007年7月8日、福島競馬場の2歳新馬戦(芝1200メートル)で初出走。当時まだ肉体的にも精神的にも未熟な状態だったが、「一度実戦を経験させた方が後々育てやすくなる」という考えから早期のデビューとなった[7]。また「ファンは芝で走るところを見たいだろう」というところから、芝の競走が選ばれた[7]吉田隼人を鞍上に、当日は2番人気の支持を受けたが、スタート直後に他馬から進路妨害を受ける不利もあり、14着と敗れた[10]

その後いったん放牧に出され[7]、12月に中山競馬場の未勝利戦(ダート1200メートル)へ出走。5番人気と評価を落としたが、2着に2馬身差をつけて初勝利を挙げた。第3コーナーから最終コーナーにかけて、砂を被って怯む素振りを見せながらも盛り返した姿を見て、後藤は「普通の馬よりは走るな、と思いましたね」と述懐している[7]。その後は再び放牧に出された[7]

3歳時(2008年)編集

 
関東オークスに出走したユキチャン

3月末に芝の競走・ミモザ賞で2勝目を挙げ、「白毛馬による芝競走の勝利」「白毛馬による特別戦の勝利」いずれも史上初を達成した[11]。この時点で後藤は春の牝馬クラシック競走を意識し始める[7]。4月27日には優駿牝馬(オークス)へのトライアル競走フローラステークスへ出走。当日は4番人気に支持されたが、スローペースからの瞬発力勝負となったなかでジリジリとしか伸びず、7着と敗れた[12]。以後も引き続きオークスを目標とした調教が続けられたが、収得賞金不足で除外されたことから目標をダートグレード競走関東オークスに切り替えた[7]。なお、後藤はオークスを回顧し「あのメンバーで芝2400メートルを走るのなら、ブリンカーをつけて前に行くという『逃げ宣言』をすれば、他は距離に不安のある馬だから、すんなり先手をとれる。そして、後ろの馬に脚を使わせるサバイバルレースの形に持ち込めば生き残れるんじゃないか」と考えていたといい、オークスを想定したブリンカーを関東オークスで着用することになった[7]

騎手はそれまでの吉田隼人に代わり、父クロフネに騎乗していた武豊を迎えた。ユキチャンの関東オークス出走は大きな注目を集め、当日の入場人員は前年比127パーセント超、売上は競走史上最高の4億3884万円を記録し、そのうち32万円あまりは特設の「ユキチャン単勝専用窓口」で発売された[13]。スタートが切られると最初の正面スタンド前で先頭に立ち、スローペースで馬群を先導。第3コーナーからペースを上げて後続を引き離すと、最後の直線ではさらに差を広げ、2着プロヴィナージュに8馬身差をつけて勝利した[14]。白毛馬による重賞初制覇であるのみならず、一競走としても走破タイム2分14秒7は従来の記録を0秒9上回るものであり、8馬身差も2000年にダートグレード競走に指定されて以来の最大着差であった[15]。武は「注目されて緊張したけど強い姿を見せられてホッとした。可愛いだけじゃない」と感想を述べた[15]。また1997年に白毛馬として史上初の勝利を挙げたハクホウクンの馬主・柳田清は、日本中央競馬会の広報誌『優駿』に「勝ったときは嬉しかったですね。白毛は弱いという先入観がまちがっていることを証明してくれた」と喜びの声を寄せた[16]

その後は3歳ダート戦線の日本一決定戦・ジャパンダートダービーに出走する予定だったが、蕁麻疹を発症し競走当日に除外となる[17]。さらに2走を除外されたのち、芝の重賞競走クイーンステークスに出走。しかし見せ場のないまま9着と敗れ、騎乗した藤田伸二はダート向きの馬であるとの見解を示した[18]。他方、当日の札幌競馬場への入場者は5年ぶりに2万人を超える2万5373人(前年比142.6パーセント)を記録するなど、ファンからの注目度は依然として高かった[18]

続くダート重賞シリウスステークス9着を経て、10月19日には芝の牝馬三冠最終戦・秋華賞に出走。騎手は関東オークス以来で武豊が務めた。白毛馬のGI競走への出走ということもあり注目されたが、レースでは好位につけながら直線で失速して17着と大敗[19]。芝の競走に求められる瞬発力不足も露呈し[19]、武は「芝では限界があるのかもしれない」と語った[20]。これ以降、芝の競走へ出走することはなくなった[21]

ダート路線に戻ったのちは、12月にクイーン賞へ出走。安藤勝己を鞍上に1番人気に支持される。レースでは先行策をとり、最終コーナーからは2番人気のヤマトマリオンと並んで直線で激しく競り合ったが、アタマ差遅れての2着となった[22]。当年はこれでシーズンを終えた[21]

4歳時(2009年)編集

4歳となった2009年は1月のTCK女王盃から始動。前走で敗れたヤマトマリオンと再び顔を合わせるも、同馬を抑え1番人気に支持された。レースでは両馬とも後方からのレース運びとなるも、ユキチャンは早めに進出し向正面で先頭に立った。最後の直線では「併せるとユキチャンはしぶとい」ことを見越した幸英明・ヤマトマリオンが離れた外から追い込み、これにかわされて1馬身差の2着と敗れた[23]。その後はエンプレス杯マリーンカップと2戦連続で6着となる[21]

7月、それまでの収得賞金が半減される規定が適用され、地方交流競走の中央馬出走枠に入れない事例が増えた。こうした状況を受けて馬主の金子真人と後藤が話し合った結果、9月に公営・川崎競馬山崎尋美厩舎へ転厩することが決定[24]。10月にはTCKディスタフで地方馬としての初出走を迎えたが、休養明けに58kgという重い斤量も重なり3着となる[25]。この競走で騎手を務めた今野忠成が以後騎手として定着し、12月にはダートグレード競走のクイーン賞へ出走。前年敗れたヤマトマリオンを抑えて1番人気に支持されると、レースでは最後の直線でテイエムヨカドー(船橋)との競り合いを制し、関東オークス以来約1年6カ月ぶりの勝利を挙げた[26]。山崎は「実力よりも人気のある馬ですから、今日は勝ててホッとしました。これでアイドルホースから女王になれました」と語った[26]

5歳時(2010年)編集

2010年も前年同様TCK女王盃から始動。レースでは逃げるトウホクビジンを見る先行集団を進み、最終コーナーで先頭に立つと、最後はウェディングフジコに詰め寄られながらもこれをクビ差凌ぎ、重賞2連勝を遂げた[27]。地方勢のTCK女王盃制覇は6年ぶりのことであった。今野は「最後の直線での追い比べでは、僕も脇の下に汗をかきました。ユキチャンがよく頑張ってくれました。一度も交わされてはいないんですが、ウェディングフジコが目に入ったら、もう1回反応してくれました」と回顧し、また山崎は「好位置から4コーナーで先頭に立って、どれだけ直線で離すかなと思っていたら、お友達が来ないとダメなのか……ゴール前は息が止まりそうでしたよ(笑)」と感想を述べた[27]

その後、出走を予定していたエンプレス杯を感冒により回避[28]。改めて出走したマリーンカップでは3着、移籍以来はじめて地元での出走となった川崎マイラーズでは9着に終わる。夏前にノーザンファームへ放牧に出されたのち、3度目の出走となる翌年2月のTCK女王盃での復帰に向けて調整が進められていたが[29]、脚部の状態が良化しないことから12月に引退、繁殖入りが発表された[8]

翌2011年1月、地方競馬の年度表彰・NARグランプリ2010において、TCK女王盃の優勝が評価され最優秀牝馬に選出された[29]。なお、翌年から2歳、3歳、4歳以上最優秀馬の部門が牡馬と牝馬に分離され、「最優秀牝馬」は廃止となっている[30]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007 7. 8 福島 2歳新馬 16 8 16 4.5 (2人) 14着 吉田隼人 54 芝1200m(良) 1:13.1 (36.2) 1.3 レオマイスター
12. 8 中山 2歳未勝利 16 6 11 15.5 (5人) 1着 吉田隼人 54 ダ1200m(良) 1:13.0 (37.5) -0.3 (ソシアルグレイシー)
2008 3. 29 中山 ミモザ賞 12 7 9 14.1 (8人) 1着 吉田隼人 54 芝2000m(良) 2:02.2 (35.8) 0.0 (ハイカックウ)
4. 27 東京 フローラS JpnII 18 7 13 7.7 (4人) 7着 吉田隼人 54 芝2000m(良) 2:01.1 (35.2) 0.6 レッドアゲート
6. 18 川崎 関東オークス JpnII 14 8 13 2.8 (2人) 1着 武豊 54 ダ2100m(良) 2:14.7 (39.2) -1.7 (プロヴィナージュ)
7. 9 大井 ジャパンDダービー JpnI 15 1 2 除外 武豊 54 ダ2000m(不) サクセスブロッケン
8. 17 札幌 クイーンS JpnIII 13 6 9 8.9 (4人) 9着 藤田伸二 52 芝1800m(良) 1:49.4 (36.3) 1.3 ヤマニンメルベイユ
10. 4 阪神 シリウスS GIII 16 2 4 8.1 (3人) 8着 四位洋文 52 ダ2000m(良) 2:05.3 (38.7) 1.5 マイネルアワグラス
10. 19 京都 秋華賞 JpnI 18 4 8 21.4 (9人) 17着 武豊 55 芝2000m(良) 1:59.8 (36.4) 1.4 ブラックエンブレム
12. 10 船橋 クイーン賞 JpnIII 14 5 7 2.4 (1人) 2着 安藤勝己 54 ダ1800m(不) 1:49.5 (37.1) 0.0 ヤマトマリオン
2009 1. 21 大井 TCK女王盃 JpnIII 16 3 6 1.7 (1人) 2着 武豊 54 ダ1800m(良) 1:53.5 (38.6) 0.2 ヤマトマリオン
2. 25 川崎 エンプレス杯 JpnII 14 5 7 2.1 (2人) 6着 武豊 55 ダ2100m(不) 2:17.0 (40.0) 1.7 ニシノナースコール
6. 10 船橋 マリーンC JpnIII 14 3 3 2.8 (2人) 6着 武豊 56 ダ1600m(良) 1:42.4 (38.7) 1.4 メイショウバトラー
10. 21 大井 TCKディスタフ 南関SIII 16 6 12 2.6 (1人) 3着 今野忠成 58 ダ1800m(良) 1:54.1 (39.5) 0.4 ツクシヒメ
12. 9 船橋 クイーン賞 JpnIII 14 6 10 2.5 (1人) 1着 今野忠成 55 ダ1800m(稍) 1:54.5 (39.3) 0.0 (テイエムヨカドー)
2010 1. 20 大井 TCK女王盃 JpnIII 14 7 11 2.7 (1人) 1着 今野忠成 54 ダ1800m(良) 1:52.9 (38.5) 0.0 (ウェディングフジコ)
4. 14 船橋 マリーンC JpnIII 13 4 4 6.5 (3人) 3着 今野忠成 56 ダ1600m(重) 1:39.5 (37.7) 0.3 トーホウドルチェ
5. 12 川崎 川崎マイラーズ 南関SIII 14 2 2 3.1 (1人) 9着 今野忠成 57 ダ1600m(重) 1:41.0 (41.0) 2.5 イーグルショウ

以上「競走成績」は、netkeiba.com「ユキチャンの競走成績」に基づく[31]

白毛馬としての達成記録編集

  • 芝競走初勝利 - 2008年ミモザ賞[11]
  • 特別競走初勝利 - 2008年ミモザ賞[11]
  • 重賞初出走 - 2008年フローラステークス[12]
  • 重賞初勝利 - 2008年関東オークス[15]
  • 中央GI競走初出走 - 2008年秋華賞[19]

繁殖牝馬としての実績編集

故郷であるノーザンファームで繋養されている[32]。2013年には第2仔としてハービンジャーとの間に「シロインジャー」という白毛の牝馬が誕生した[33]。2015年には第3仔としてロードカナロアとの間に「ハウナニ」という白毛の牝馬が誕生した[33]。2016年には第4仔としてヨハネスブルグとの間に「マイヨブラン」という白毛の牡馬が誕生した[33]。さらにノヴェリストとも交配され、2017年に白毛の仔が誕生している[33]

生年 馬名 毛色 厩舎 戦績
初仔 2012年 ポリアフ 鹿毛 キングカメハメハ 栗東・吉田直弘 12戦1勝(引退)
2番仔 2013年 シロインジャー 白毛 ハービンジャー 栗東・吉田直弘 4戦0勝(引退)
3番仔 2015年 ハウナニ 白毛 ロードカナロア 美浦・手塚貴久 6戦2勝(現役)
4番仔 2016年 マイヨブラン 白毛 ヨハネスブルグ 美浦・加藤征弘 1戦1勝(現役)
5番仔 2017年 ユキチャンの2017 白毛 ノヴェリスト

血統編集

ユキチャン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヴァイスリージェント系
[§ 2]

*クロフネ
Kurofune
1998 芦毛 アメリカ
父の父
*フレンチデピュティ
French Deputy
1992 栗毛 アメリカ
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
父の母
*ブルーアヴェニュー
Blue Avenue
1990 芦毛 アメリカ
Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
*コレラ

シラユキヒメ 1996
白毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛 アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
*ウェイブウインド
Wave Wind
1991 鹿毛 アメリカ
Topsider Northern Dancer
Drumtop
Storm and Sunshine Star de Naskra
Sea Drone
母系(F-No.) (FN:F2-w) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer:M4×S5、Nearctic:S5×M5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチに基づく[34]
  2. ^ netkeiba.comに基づく[35]
  3. ^ JBISサーチに基づく[34]
  4. ^ JBISサーチに基づく[34]


脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d ユキチャン - 基本情報”. JBISサーチ. 2015年7月25日閲覧。
  2. ^ ユキチャン年表”. スポーツニッポン. 2015年7月17日閲覧。
  3. ^ 戸崎晃明. “白毛の原因遺伝子が解析されて (PDF)”. 競走馬理化学研究所. 2015年7月21日閲覧。
  4. ^ 血統情報 - 牝系情報 - ユキチャン”. JBISサーチ. 2015年7月17日閲覧。
  5. ^ 5代血統表 - ユキチャン”. JBISサーチ. 2015年7月17日閲覧。
  6. ^ 第8回ジャパンカップダート 歴代優勝馬ピックアップ 衝撃のパフォーマンス - クロフネ”. JRA-VAN (2007年11月24日). 2013年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j 『優駿』2008年8月号、pp.37-38
  8. ^ a b 白毛のアイドル・ユキチャンが引退、繁殖入りへ”. 競馬ラボ (2010年2月16日). 2015年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  9. ^ 初の白毛優勝馬 ホワイトベッセルが引退”. スポーツニッポン (2011年1月27日). 2015年7月17日閲覧。
  10. ^ あ~、ユキチャンに不利/福島5R”. Sponichi Annex (2007年7月9日). 2009年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  11. ^ a b c 白毛のユキチャン“樫女王”に名乗り!!”. Sponichi Annex (2008年3月30日). 2009年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  12. ^ a b 7着ユキチャン 2着馬に0秒4差が光明”. Sponichi Annex (2008年4月28日). 2009年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月28日閲覧。
  13. ^ 作ってよかった、ユキチャン単勝専用窓口”. Sponichi Annex (2008年6月19日). 2009年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  14. ^ 『優駿』2008年8月号、p.93
  15. ^ a b c 白毛ユキチャン記録づくめの“樫”制覇!”. Sponichi Annex (2008年6月19日). 2009年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  16. ^ 『優駿』2008年11月号、p.50
  17. ^ 白毛馬ユキチャン じんましんで競走除外”. Sponichi Annex (2008年7月9日). 2009年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  18. ^ a b 札幌が燃えた!ユキチャン夏の陣/クイーンS”. Sponichi Annex (2008年10月19日). 2009年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  19. ^ a b c ユキチャン17着「頑張ってる」/ 秋華賞”. nikkansports.com (2008年8月18日). 2008年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  20. ^ エンブレム波乱演出 3連単重賞史上最高配当1098万円”. デイリースポーツオンライン (2008年10月19日). 2012年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月8日閲覧。
  21. ^ a b c 全競走成績 - ユキチャン”. JBISサーチ. 2015年7月21日閲覧。
  22. ^ 『優駿』2009年1月号、p.83
  23. ^ 『優駿』2009年3月号、p.118
  24. ^ 電撃移籍!!ユキチャンが川崎競馬へ”. Sponichi Annex (2008年9月3日). 2015年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  25. ^ ユキチャン力尽き3着/TCKディスタフ”. nikkansports.com (2009年10月22日). 2010年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  26. ^ a b 【クイーン賞】(船橋・JpnIII)~ユキチャン復活の白星 [News]”. ラジオNIKKEI (2009年12月9日). 2015年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  27. ^ a b 【TCK女王盃】(大井・JpnIII)~ユキチャン重賞連勝 [News]”. ラジオNIKKEI (2010年1月20日). 2015年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  28. ^ ユキチャン感冒でエンプレス杯回避…マリーンCへ”. Sponichi Annex (2008年9月3日). 2015年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  29. ^ a b NARグランプリ2010授賞式取材レポート”. ケイシュウニュース (2010年2月). 2011年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月10日閲覧。
  30. ^ 『NARグランプリ2011』表彰馬・表彰者決定!”. 地方競馬全国協会 (2012年1月11日). 2015年7月21日閲覧。
  31. ^ ユキチャンの競走成績”. netkeiba.com. 2015年7月25日閲覧。
  32. ^ 秋田麻由子 (2011年1月7日). “飛躍の11年へ ユキチャンが残した“絆と誇り””. スポーツニッポン. 2015年7月21日閲覧。
  33. ^ a b c d 繁殖牝馬情報:牝系情報 - ユキチャン”. JBISサーチ. 2015年7月21日閲覧。
  34. ^ a b c 5代血統表 - ユキチャン”. JBISサーチ. 2015年7月21日閲覧。
  35. ^ 5代血統表 - ユキチャン”. netkeiba.com. 2015年7月21日閲覧。

参考文献編集

  • 『優駿』2008年9月号・10月号
    • 島田明宏「白馬物語・前編 - ユキチャン、その素顔に迫る」「白馬物語・後編 - 白毛のルーツを探る」

関連項目編集

外部リンク編集