ユジノサハリンスク空港

ユジノサハリンスク空港ロシア語: Аэропорт Южно-Сахалинск英語: Yuzhno-Sakhalinsk Airport、日本の施政権が及んでいた時代の名称:大澤飛行場)とは、ロシア連邦が、「サハリン州ユジノサハリンスク(日本名・豊原市)」に存在するものとして管理している空港である。空港ターミナル及びその付帯施設は民間だが、飛行場本体はロシア空軍との共用である。ホムトヴォ空港ロシア語: Аэропорт Хомутово英語: Khomutovo Airport)、アントン・チェーホフ空港ロシア語: Аэропорт Антона Чехова英語: Anton Chekhov Airport)とも呼ばれる[1]

ユジノサハリンスク空港
Аэропорт Южно-Сахалинск
Yuzhno-Sakhalinsk Airport
Yuzhno-Sakhalink Airport.jpg
IATA: UUS - ICAO: UHSS
概要
国・地域 ロシアの旗 ロシア(実効支配)
所在地 サハリン州ユジノサハリンスク
母都市 ユジノサハリンスク
種類 軍民共用
運営者 FSUE "Yuzhno-Sakhalinsk Airport"
標高 18 m
座標 北緯46度53分13秒 東経142度43分19秒 / 北緯46.88694度 東経142.72194度 / 46.88694; 142.72194
公式サイト 公式ウェブサイト (ロシア語)
地図
ロシア連邦の空港位置図
ロシア連邦の空港位置図
UUS
ロシア連邦の空港位置図
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
01/19 3,400×45 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
空港の入り口にあるAn-24の記念碑
サハリン島内のローカル線に就航するアヴィアシェリフ社(タイガ)のDHC-6型飛行機

概要編集

ユジノサハリンスク空港は、1945年(昭和20年)8月17日に樺太豊原市大沢地区に日本軍によって豊原大澤飛行場として建設された[2]。2,700m滑走路で開港したが、ソ連による接収後に滑走路は3,400mに拡張された。

免税店が存在し、化粧品、ウォッカ、ビール、チョコレート、はちみつなどが売られている。

2018年9月1日より、日本人の他、中国人をはじめとした17か国の外国人が、ウラジオストク自由港法により8日までの電子ビザを事前申請することができるようになった(詳細はロシアの査証政策を参照)[3]

2018年10月よりロシア国内の空港名に冠する計画が開始され、国民投票を経て2019年5月31日にウラジーミル・プーチン大統領がホムトヴォ空港に作家アントン・チェーホフを冠する大統領令に署名した[1][4]

就航航空会社と就航都市編集

国内線編集

航空会社就航地
  オーロラ ハバロフスクウラジオストクコムソモリスク・ナ・アムーレブラゴヴェシチェンスクペトロパブロフスク・カムチャツキーオハノグリキシャフチョルスクユジノクリリスク国後島)、クリリスク択捉島
  アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォクラスノヤルスク
  ロシア航空 モスクワ/ヴヌーコヴォ[5]
  S7航空 ノボシビルスク、ウラジオストク、ハバロフスク、イルクーツク
  ヤクーツク航空 ハバロフスク[6]ヤクーツク
  ウラル航空エカテリンブルク
  アヴィアシェリフロシア語版シャフチョルスク、ゾナリノエ(ティモフスク)アレクサンドロフスク・サハリンスキー(ゾナリノエまたはシャフチョルスク経由の場合あり)、ポロナイスク(レオニードヴォ)、スミルヌイフ[7]

国際線編集

航空会社就航地
  オーロラ 札幌/新千歳東京/成田ソウル/仁川北京/首都大連ハルビン
  ヤクーツク航空 東京/成田[6](運休中)

アクセス編集

  • ユジノサハリンスク中心部との間には3、8、63番のバスが運行されている。

その他編集

脚注編集

外部リンク編集

※この項目の執筆に当たって英語版の記事を参考にしました。