ユゼフ・ブラント

ユゼフ・ブラント(Józef Brandt、1841年2月11日 - 1915年6月12日)はポーランドの画家である。歴史画、戦争画を多く描いた。

ユゼフ・ブラント
Józef Brandt
Portrait of Józef Brandt by Bolesław Szańkowski (1910).jpg
Bolesław Szańkowskiによる肖像画
生誕 1841年2月11日
ポーランドの旗 ポーランド, Szczebrzeszyn
死没 1915年6月12日
ポーランドの旗 ポーランド, ラドム

略歴編集

現在のポーランド、ルブリン県のSzczebrzeszynに生まれた。祖父はワルシャワ大学の医学の教授で、母方の祖父、Frederick Albert Lesselは有名な建築家であった。父親もワルシャワの裕福な医師であったが、ブラントが生まれて5日後に死去したため、ラドムに近いGrzmiącaの邸に母親。と暮らした。

1858年に高校を卒業した後、パリ国立土木学校(École nationale des ponts et chaussées)に入学し技術者になる教育を受けた。パリでポーランド出身の画家、ユリウシュ・コサック(Juliusz Kossak: 1824-1899)と知り合い、画家の道に転じ、エコール・デ・ボザールの教授、レオン・コニエのスタジオで学び、コサックやヘンリク・ロダコフスキからも指導を受けた。1860年秋にワルシャワに帰国し、コサックと共にウクライナを旅した。

1861年にワルシャワの美術展(Towarzystwo Zachęty Sztuk Pięknych)に出展した。1862年にミュンヘンに移り、ミュンヘン美術院で、シュトレフーバー(Alexander Strähuber)やカール・フォン・ピロティに学び、戦争画家として知られるフランツ・アダム(Franz Adam)やテオドール・ホルシェルト(Theodor Horschelt)にも学んだ。

1869年に歴史画がオーストリア皇帝、フランツ・ヨーゼフ1世に買い上げられた。

1870年までにはドイツで画家としての評価が高まり、ミュンヘンにスタジオを開き定住した。1875年には美術学校を開きミュンヘンで学ぶポーランド出身の画家のリーダー的存在になった。 1875年にベルリン美術アカデミーの会員に選ばれた。

1877年にラドム近くの村、Orońskoの大地主の娘と結婚し、夏は妻の両親の邸で過ごすようになった。Orońskoで風景画を描き、多くのポーランドの画家を招待して過ごし邸は「Orońsko自由学校」(Chodkiewicz pod Chocimiem)と呼ばれた。

第一次世界大戦が始まった1915年にOrońskoを退去しラドムに移り。ラドムで死去した。

歴史的なコサック兵の戦闘などを描いた。

作品編集

参考文献編集

  • Muther, Richard (1896). The History of Modern Painting (vol. 2). vol. 2. trans. Ernest Dowson, George Greene, & Arthur Hillier. Henry & Co.; Digital edition by Google Books. p. 156. https://books.google.com/books?id=w78gAAAAMAAJ 
  •   Gilman, D. C.; Thurston, H. T.; Colby, F. M., eds. (1905). "Brandt, Josef von" . New International Encyclopedia (1st ed.). New York: Dodd, Mead.
  •   Rines, George Edwin, ed. (1920). "Brandt, Josef von" . Encyclopedia Americana.