ユナイテッド・エクスプレス3411便乗客強制排除事件

ユナイテッド・エクスプレス3411便乗客強制排除事件(ユナイテッド・エクスプレス3411びんじょうきゃくきょうせいはいじょじけん、: United Express Flight 3411 incident)は、2017年4月9日、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴシカゴ・オヘア国際空港で出発待機中であったルイビル国際空港行きユナイテッド・エクスプレス3411便(リパブリック航空運航、エンブラエル 170)に搭乗していたベトナム系アメリカ人の乗客デイビッド・ダオ・デュイ・アン (David Dao Duy Anh) が、3411便から排除させられ、強制降機の際に空港職員から暴行を受け負傷した事件である。

ユナイテッド・エクスプレス3411便事件
N632RW (8025014026).jpg
事件・インシデントの概要
日付 2017年4月9日
概要 理不尽な乗客の強制降機
現場 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
シカゴ・オヘア国際空港
乗客数 70
負傷者数 1
機種 エンブラエル 170
運用者 アメリカ合衆国の旗 リパブリック航空 ユナイテッド・エクスプレスとして
機体記号 N632RW
出発地 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・オヘア国際空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 ルイビル国際空港
テンプレートを表示

乗り合わせた別の乗客によって、この降機に至るまでの一連の光景が撮影されており、映像や写真がSNSに投稿されると、多くの人々が事件に対して批判の声を挙げた[1][2]

事件の概要編集

2017年4月9日午後5時40分直前、シカゴからルイビルへ向かうユナイテッド・エクスプレス3411便に乗客が搭乗し、機体がオヘア国際空港のエプロンで出発待機中、ユナイテッド航空のゲート係が翌日のフライトのために職員4人を乗せ、代わりに乗客4人を降機させる必要があると発表した[3]。職員は元々午後2時55分に出発することになっていたユナイテッド航空4448便に搭乗する予定であったが、機体の機械的トラブルで大幅に遅延しており最悪の場合欠航となる可能性があった。職員は3411便の出発予定時刻19分前の午後5時21分まで3411便に振り替えられなかった[4]

何人かの乗客は、事態は急速に広がり監督者のダニエル・ヒルの態度のせいで更に問題になったと述べた[5][6][7][8][9][10]。乗客のタイラー・ブリッジはこの時の様子について「航空会社の監督者が飛行機に入ってきて、「今夜ルイビルに飛ばないといけないユナイテッド航空の職員がいます。...この便は乗客4人が降りるまで出発しません。」と言った。」と述べた[11][12]。乗客のジェイソン・パウエルはこの説明を聞いた限り、なぜヒルがイライラとした好戦的なトーンで状況を説明していたのか理解できなかったと述べた。パウエルは「そのトーンに私は引きました。」、「彼女は事態を加速させた。貧弱な指導者でした。」と述べた[13]

後のCNNのインタビューで乗客のジョン・クラッセンは「最初の(降機)依頼が行われた後ユナイテッドの職員は去り、それはエスカレートしました。...彼らが外交を試みただけならばこれら(事件)のいずれも起こらなかった。...彼らは交渉するのを嫌がっていました。」と述べた[14]

ユナイテッド航空は、400米ドルの補償金と次回ユナイテッド航空利用時に使用できる旅券、ホテルへの滞在費、21時間以上後に出発するユナイテッド航空便への振り替えを条件に降機してくれる乗客を募ったが、誰もこれに応じなかったため補償金を800ドルに引き上げた[15][16]。しかし、この条件でも降機する乗客が現れなかったためユナイテッド航空はコンピュータで無作為に4人を選択して降機させる旨を乗客に伝えた[16]。選ばれた乗客のうち3人、一組の夫婦とダオの妻と考えられている女性は要求に応じ降機した。しかし、ケンタッキー州エリザベスタウン出身のベトナム系アメリカ人医師デイビッド・ダオ(当時69歳)は[17][18][19][20]、翌日診療所で診察を行う必要があるため降機には応じられないと要求を拒否した[21][22]。このためユナイテッド航空はシカゴ市警察とは別の権限を持つシカゴ空港警備局に助けを求めた[23]

この時の様子について乗客のメアリー・マイヤーズは「彼(ダオ)は「私は飛行機から降りることはできません。私は家に帰らなければならない。私は医師だ。朝病院に行かなければならない。」と言った。」と述べている。また、マイヤーズはダオの発言に対するヒルの態度について「彼女(ヒル)は「それでは、警察に電話してあなたを飛行機から連れて行ってもらいます。」と言った。私の意見ではどんな監督者でもここまで事態が拡大することは決して無かったと思います。正直なところ、私はこの事件に関して全体の責任は彼女にあると責めると思います。彼女はそのレベル(警備員による強制降機)にまでいきなり飛ぶ必要はありませんでした。」と述べ、他の手段を考えずにいきなり強制降機させることを選んだことを批判している[24]

警備員がやってきてもダオは降機することを拒み続け、そこから叫んで引きずり出された。別の乗客によると、警備員のジェームズ・ロング[25][26]がダオを引きずり出す前にダオの顔を肘掛けに叩きつけ、その際にダオは顔と口を負傷した[27]。乗客の目撃証言によると、ダオが飛行機から引きずり出された後警備員たちは笑っていた[28][29]。4人の職員はそれから空いている席に座った。その後間もなくして、ダオは何度も「私は家に帰らなければならない。」、「ただ私を殺しなさい。」と言って3411便に再搭乗した。しかしながら、結局ダオは座席で倒れ担架で運び出された[26]。残りの乗客は血を清掃するために一旦降機させられた[30]

ダオが座席から引きずり出された後、彼の顔は血だらけであった[31]。乗り合わせた他の乗客はスマートフォンカメラ機能を使用してこの一連の流れを撮影しており、動画や写真がソーシャルメディアで広く拡散された。別の乗客はダオは人種的理由により選ばれたと主張している[32]。ダオは鼻の骨折、2本の前歯の欠損、副鼻腔の損傷、"重大な震盪" (a significant concussion) など命に関わらない軽度の怪我で病院に運ばれた。ダオの弁護士によると怪我の治療には再建手術が必要であったという[33][34]

3411便は予定より2時間2分遅れの中部夏時間午後7時21分に出発し、2時間遅れの中部夏時間午後9時01分にルイビル国際空港に到着した[35]

事件後編集

翌日、ユナイテッド航空のCEOオスカー・ムニョスはダオの強制降機を正当化する声明を発表し、その中で「乗客を別の便に振り替えた」とダオに対する謝罪をせずあくまでもただ乗客を振替便に移しただけであるとした[36]。ムニョスはまた、ユナイテッド航空の従業員宛の電子メールで今回の降機は確立された手順に則って行われた物であり、ダオは「破壊的」で「喧嘩腰」な乗客であったと表現した[37]

しかし、ダオは「破壊的」で「喧嘩腰」な人物であるという説明は乗り合わせた乗客による事件の説明と矛盾していた。乗客の1人ジェイソン・パウエルは、ダオは喧嘩腰ではなく「実際のところ彼は非常に礼儀正しかった。」と述べた[38][13]。また別の乗客であるジョーヤ・カミングスが携帯で撮影していた動画に写っているダオの姿も、ムニョスの説明とは矛盾していた[38]

ムニョスとユナイテッド航空は、最初の声明について鋭く批判された。事件そのもの、そして事件後にも被害者への謝罪がなかったことにより、世界中から非難の声が殺到し、「あまりにも感覚がズレていておかしすぎる」「非常識すぎて、ただの人権蹂躙でしかない」という苦情が相次いだ[39][40]

事件の2日後、ムニョスは事件について謝罪し、二度とユナイテッド航空の航空機でこのような事件を起こさないことを約束するという声明を発表した[41]。彼は「誰もこの方法で虐待されるべきではありません」と述べた。ABCによるテレビインタビューで、アナウンサーから「あなたはダオが、何らかの形で過ちを犯したと思いますか?」と尋ねられ、ムニョスは「いいえ、できません。彼はお金を支払い、私たちの航空機の座席に座っていた乗客でした」と答えた[42]

事件の結果として、ムニョスは以前から計画されていた、ユナイテッド航空会長への昇進が取り消された[1][2]。ダオは4月27日にユナイテッド航空と"友好的" (amicable) な和解に至った。和解条件は公表されていない[43][44]。また同日、ユナイテッド航空が最終報告書を発表。本件に関しては『謝罪しても謝罪し切れず、責任は全てユナイテッド航空にある』として改めて謝罪。「オーバーブッキングの削減」「安全または保安上の問題がある場合を除き、警察などの法執行機関による協力を依頼せず(4月12日に実施済み)、既に搭乗した乗客に対し降機を強制しない」「補償額の上限を10,000米ドルに増額する」などの改善案が明記され、順次施行していく意向を表明した[45]

余波編集

2017年4月11日、シカゴの法律事務所Golan Christie TagliaとCorboy & Demetrioがダオを代表する声明として、クライアントの家族は「彼らは、彼らに対する祈りや心配、支援に非常に感謝している気持ちが溢れていることを世界に知ってもらいたいのです。」と発表した[46][47]

この事件に対応した3人の警備員はジェームズ・ロング、マウリシオ・ロドリゲス・ジュニア、スティーブン・スミスで、この3人の上司はジョン・ムーア巡査部長であった。ロングは空港の制限区域への車の運転を禁止するという監督者の命令を無視した後、長期間の仕事から離脱させられ復帰した直後であった[48][49]。ダオとの事件後、ロドリゲスとスミスは4月12日に管理上の休暇を、ムーアは4月19日に管理上の休暇を取った[48][34][50]。ムーアは、監督者に連絡せずに仕事を休んでいたため、1999年から2009年まで少なくとも7回懲戒処分を受けていた[49]。シカゴ航空局は、「ユナイテッド航空3411便の事件は我々の標準的な手順に従っておらず、空港警備員の行動は明らかに局によって容認されていない...」と述べた[34]。空港警備員は民間警備員と比較してより多くの訓練とより良い給料を受けるが、シカゴ警察の警察官よりは少ない訓練とより少ない給料である[51]

事件の直後に市の監察官、ジョゼフ・ファーガソンが調査を開始した[52][53][54]。監察総監室 (OIG) は2017年10月17日に、2017年第3四半期の報告書で彼らの調査結果を発表した。調査の結果、3人のシカゴ航空庁 (CDO) の空港警備員 (ASO) と1人の空港警備員巡査部長がシカゴ市の人事規定に違反したことが判明した。具体的には:

  • 最初のASO(ジェームズ・ロング)は、脅迫的ではない状況を物理的に暴力的な状況にエスカレートさせたとき、CDAの"Force Policy of Use Policy"に違反した。ロングが力を入れすぎて乗客は肘掛けに顔をぶつけ、その結果乗客は震盪、鼻の折れ、2本の歯の喪失の被害を受けた。
  • 2番目のASO(マウリシオ・ロドリゲス・ジュニア)は2つの報告で誤解を招くような発言をし、3番目のASO(スティーブン・スミス)は最初のASOが航空機から乗客を強制的に連れ去ったことに関する報告書において重大な省略を行った。
  • 巡査部長(ジョン・ムーア)は3人のASOからの報告から故意に重要な事実を削除した。

OIGの報告を受けてCDAはロングとムーアを解雇し、ロドリゲスとスミスに5日間の職務停止を命じた[55]

空港保安業務の変更編集

2017年6月29日、イリノイ州法執行機関と訓練・規格委員会は、シカゴ空港警備局の認証を取り消し「その機関は、警察の機関ではない」と述べた[56]

この事件に促された見直しの結果、2017年7月にシカゴ航空庁は、非公認の武装していない空港警備員は、実際にはイリノイ州法に基づく警察官ではないと報告した。彼らの制服・バッジ・自動車は、歴史的な理由のために「不適切」に「警察」と分類されていた。この報告では、誤った記章が数ヶ月以内に取り除かれることを約束した[57]

ソーシャルメディア編集

映像外部リンク
  @Tyler_Bridges (9 April 2017). "@united @FoxNews @CNN not a good way to treat a Doctor trying to get to work because they overbooked" (ツイート). Twitterより2017年4月10日閲覧
  @JayseDavid (9 April 2017). "@United overbook #flight3411 and decided to force random passengers off the plane. Here's how they did it" (ツイート). Twitterより2017年4月10日閲覧
  @Tyler_Bridges (9 April 2017). "@united @CNN @FoxNews @WHAS11 Man forcibly removed from plane somehow gets back on still bloody from being removed" (ツイート). Twitterより2017年4月10日閲覧
  @kaylyn_davis (9 April 2017). "#flythefriendlyskies my husband was on that flight. Screw you United!! @united" (ツイート). Twitterより2017年4月10日閲覧
  @kaylyn_davis (9 April 2017). "#flythefriendlyskies @united no words. This poor man!!" (ツイート). Twitterより2017年4月10日閲覧

事件の間3411便に残っていた乗客の撮影した動画や写真はSNSへの投稿を通じて多くの人々に共有され、主要な大手メディアもそのような動画を取り上げて報道を行った。そのようなビデオの1つは87,000回共有され、1日もしないうちに680万回視聴された[58]

目撃者の一人が『ワシントン・ポスト』に語ったように、被害者は当初中国系アメリカ人であると考えられていた[59]。ダオの娘、クリスタル・ダオ・ペッパーは後の記者会見で彼女の父親はベトナム系中国人であると発言した。

このため、この事件は中華人民共和国・ベトナムのソーシャルメディア上でも大きく取り上げられ、中華人民共和国ミニブログサイト新浪微博では、最も注目されているトピックとなり、4億8,000万人を超えるユーザーの注目を集めた[60][61][62]。ベトナムでは、アメリカ合衆国で報告されたダオの過去の主張に対する否定的な反応もあったが、これは無関係でおそらく人種差別主義者と見なされた[63]

ダオの報道では、他のアジアの人々も、人種差別的な侮辱行為が行われていると感じているとされた[64]

この事件はユナイテッド航空がレギンスを着用しているという理由で10代の少女2人の搭乗を拒否し、その対応の可否を巡って大きな論争が巻き起こった直後に発生した[65]。まだ搭乗拒否の論争が終わっていないタイミングで事件が発生したため、世界中のソーシャルメディアユーザー、特にアメリカ合衆国、中国、ベトナムのユーザーがユナイテッド航空をボイコットするように求めた[66]

ユナイテッド航空の顧客は、ユナイテッド・ロイヤルティやクレジットカードをバラバラにした写真を撮影し、ソーシャルメディア上にアップロードした[67]。また別の人々はハッシュタグ"#ChineseLivesMatters."を使用してブラック・ライヴズ・マター運動を行い、事件の調査を開始するようにアメリカ合衆国連邦政府に要求した[68]

証券市場編集

ユナイテッド航空の親会社であるユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス (UAL) の株価は、事件発生前の4月7日大引け時点で70.88ドルであった。事件後最初の取引日である4月10日には、0.9%上昇して71.52ドルとなった[69]。4月11日には1.1%下落し終値は70.71ドルで、4月7日の終値よりも0.2%低かった。4月12日の取引ではまたも上昇に転じ取引時間内の時点で4月7日の終値よりも高い株価となった[70]

証券アナリストのS3 Partnersは、この事件がUALの将来の財務実績に与える影響について「航空会社の統合によりほとんどの路線で競争が激しくなっているため、消費者はUALを利用するしか選択肢がないかもしれません。その結果、最近では航空会社に関しては利用者の選択肢が減っていて、乗客がより長くより高価なフライトを選ばない限りUALの収益は予想されるほどには悪化しない可能性があります。」と述べた[71]アナリストのWolfe ResearchとCowen&Co.もUALの将来の業績を確信していた[72]

航空会社株式の大手投資家であるウォーレン・バフェットはユナイテッド航空が"ひどい間違い" (terrible mistake) を犯したこと、そして一般大衆の認識がCEOオスカー・ムニョスの最初の反応に影響を与えたことを指摘した[73]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Cameron, Susan Carey and Doug. “ユナイテッド航空、乗客引きずり下ろしで非難殺到” (日本語). WSJ Japan. 2019年9月29日閲覧。
  2. ^ a b “なぜこんなことに? 米ユナイテッド航空はなぜ乗客を引きずりおろした” (英語). (2017年4月11日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-39562378 2019年9月29日閲覧。 
  3. ^ Mutzabaugh, Ben (2017年4月11日). “United 'clarifies' that Flight 3411 was not oversold”. USA Today. 2017年4月12日閲覧。
  4. ^ United Delivers response to lawmakers”. TravelPulse. 2018年1月25日閲覧。
  5. ^ https://www.inquisitr.com/4139413/new-dr-david-dao-video-i-make-lawsuit-against-united-airlines-for-discrimination-anh-duy-vs-thanh-duc/
  6. ^ https://gamefaqs.gamespot.com/boards/261-politics/75221672?page=34
  7. ^ https://www.instagram.com/p/BSzI6X7DQuf/
  8. ^ https://issuu.com/dmsgroup/docs/04-13-2017.pdf
  9. ^ https://www.reddit.com/r/aznidentity/comments/6519tn/united_airlines_hashtags_to_use/
  10. ^ https://www.linkedin.com/in/danielle-hill-4447826b
  11. ^ Selk, Avi (2017年4月10日). “A man wouldn't leave an overbooked United flight. So he was dragged off, battered and limp.”. Washington Post. 2018年2月3日閲覧。
  12. ^ United CEO apologizes for 'horrific event', promises review of policies”. TampaBay.com (2017年4月11日). 2018年2月3日閲覧。
  13. ^ a b Bailey Loosemore (2017年4月11日). “Male H.S. teacher aboard United flight: 'This didn't need to happen'”. courier-journal.com. 2018年9月11日閲覧。
  14. ^ Sandy (2017年7月30日). “Will you fly United Airlines Again? Dragged Vietnamese man witnesses asked in CNN interview”. 2017年4月10日閲覧。
  15. ^ “United Airlines' CEO calls passenger pulled from plane 'disruptive and belligerent'”. WCVB. http://www.wcvb.com/article/united-airlines-ceo-calls-passenger-pulled-from-plane-disruptive-and-belligerent/9258915 2017年4月11日閲覧。 
  16. ^ a b “United Airlines incident: What went wrong?”. BBC News online. https://www.bbc.com/news/world-us-canada-39556910 2017年4月11日閲覧。 
  17. ^ Char Adams (2017年4月11日). “Human Interest”. People (Time Inc.) 
  18. ^ “Chinese blame America for United Airlines [incident”]. Foreign Policy. https://foreignpolicy.com/2017/04/11/chinese-blame-america-for-united-airlines/ 2017年4月12日閲覧。 
  19. ^ “Loss of cabin pleasure in bizarre incident sinks United Airlines reputation”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/world/us/loss-of-cabin-pleasure-in-bizarre-incident-sinks-united-airlines-reputation/articleshow/58132021.cms 2017年4月11日閲覧。 
  20. ^ Goodison, Donna. “United CEO defends company amid fallout from ugly incident gone viral”. The Boston Herald. http://www.bostonherald.com/business/business_markets/2017/04/united_ceo_defends_company_amid_fallout_from_ugly_incident_gone 2017年4月11日閲覧。 
  21. ^ United CEO says removed passenger was 'disruptive and belligerent'”. BBC News Online. 2017年4月11日閲覧。
  22. ^ Thomas, Lauren (2017年4月10日). “Video surfaces of man being dragged from overbooked United flight”. CNBC. https://www.cnbc.com/2017/04/10/video-surfaces-of-man-being-dragged-from-overbooked-united-flight.html 2017年4月12日閲覧。 
  23. ^ What are the Chicago aviation police?”. 2019年6月22日閲覧。
  24. ^ Shelby woman on United flight says incident was avoidable”. www.sentinelnews.com. 2019年6月27日閲覧。
  25. ^ https://heavy.com/news/2017/04/david-dao-police-report-james-long-steven-smith-mauricio-rodriguez-officers-united-airlines-video-passenger/
  26. ^ a b United Airlines passenger is dragged from an overbooked flight”. The New York Times (2017年4月10日). 2017年4月11日閲覧。
  27. ^ Aulbach, Lucas. “Video shows man forcibly removed from United flight from Chicago to Louisville”. 2019年6月22日閲覧。 “ブリッジ氏は男性が「非常に動揺した」ようになり午前中に病院で患者を診察する必要がある医師であると言い、ユナイテッド側は自発的に降機しなければ警備員が呼ばれるであろうと彼に言い、そしてその男は弁護士を呼んでいると言ったと述べた。1人の警備員がやって来て彼と話をし、そして彼がまだ拒否した時に別の警備員がやってきた。そして3人目の警備員が飛行機にやって来て、彼の座席から叫んでダオを引きずり出し、引きずり出す前に肘掛けに向かって彼を叩きつけたと彼女(ブリッジ)は述べた。(Bridges said the man became "very upset" and said that he was a doctor who needed to see patients at a hospital in the morning. The manager told him that security would be called if he did not leave willingly, Bridges said, and the man said he was calling his lawyer. One security official came and spoke with him, and then another security officer came when he still refused. Then, she said, a third security official came on the plane, dragged Dao, screaming, from his seat, and threw him against the armrest before dragging him out of the plane.)”
  28. ^ Natalie Musumeci (2017年4月13日). “Cop laughed as man was dragged off flight: witness”. nypost.com. 2018年9月11日閲覧。
  29. ^ Cullen, Terence (2017年4月13日). “United passenger claims cops laughed as they dragged Kentucky doctor off flight”. nydailynews.com. 2018年9月11日閲覧。
  30. ^ Loosemore, Bailey (2017年4月11日). “Teacher on United flight took students off plane after incident”. USA Today. The (Louisville) Courier-Journal. 2017年4月12日閲覧。
  31. ^ “Anger as passenger violently removed from United flight”. (2017年4月11日). http://www.aljazeera.com/news/2017/04/anger-asian-man-violently-removed-united-flight-170410152538856.html 2017年4月11日閲覧。 
  32. ^ Denyer, Simon (2017年4月11日). “United Airlines: Passenger was dragged off flight because he was Asian, say Chinese commentators”. Independent (UK). https://www.independent.co.uk/news/world/americas/united-airlines-passenger-dragged-off-flight-3411-asian-china-media-chicago-o-hare-plane-racism-a7677821.html 2017年4月12日閲覧。 
  33. ^ McLaughlin, Eliott C.. “Man dragged off United flight was injured, will file suit, lawyer says”. http://www.cnn.com/2017/04/13/travel/united-passenger-pulled-off-flight-lawsuit-family-attorney-speak/index.html 2017年4月13日閲覧。 
  34. ^ a b c Calfas, Jennifer (2017年4月10日). “Officer who forcibly removed passenger from United Airlines flight placed on leave”. Time. http://time.com/4733652/united-airlines-chicago-passenger-officer-leave/ 2017年4月11日閲覧。 
  35. ^ “United Flight 3411: A moment-by-moment timeline”. Houston, Texas. (2017年4月9日). http://abc13.com/news/united-flight-3411-a-moment-by-moment-timeline/1860293/ 2017年4月12日閲覧。 
  36. ^ Response to United Express Flight 3411, April 10, 2017
  37. ^ Mccann, Erin (2017年4月14日). “United's Apologies: A Timeline”. 2019年6月22日閲覧。
  38. ^ a b Stacey Leasca (2017年4月12日). “United Airlines: New video suggests Dr. David Dao was not "belligerent" before removal”. mic.com. 2018年9月11日閲覧。
  39. ^ ユナイテッド航空CEO、従業員への説明で客に責任転嫁 乗客を引きずり下ろした問題で(全文)” (日本語). ハフポスト (2017年4月11日). 2019年9月29日閲覧。
  40. ^ Board, Editorial (2017年4月11日). “Opinion | It might be time to ‘re-accommodate’ United’s CEO” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/opinions/it-might-be-time-to-re-accomodate-uniteds-ceo/2017/04/11/ec05263c-1eea-11e7-ad74-3a742a6e93a7_story.html 2019年9月29日閲覧。 
  41. ^ Statement from United Airlines CEO Oscar Munoz on United Express Flight 3411, April 11, 2017
  42. ^ ABC News (2017年4月12日). United Airlines CEO Oscar Munoz - INTERVIEW after passenger dragged off flight. https://www.youtube.com/watch?v=90jSUe_vdhM 2018年1月25日閲覧。 
  43. ^ McCarthy, Sky (2017年4月27日). “United passenger dragged off flight settles with airline for undisclosed amount”. Fox News. http://www.foxnews.com/travel/2017/04/27/dragged-united-passenger-settles-with-airline-for-undisclosed-amount.html 2017年4月27日閲覧。 
  44. ^ “Passenger dragged off United Airlines plane wins settlement”. BBC News. (2017年4月27日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-39739737 2017年4月27日閲覧。 
  45. ^ ユナイテッド・エクスプレス3411便に関する調査結果および改善策(リンク切れ)”. ユナイテッド航空. 2019年9月29日閲覧。
  46. ^ Sasso, Michael (2017年4月11日). “United CEO Apologizes Again After First Mea Culpa Falls Flat”. Bloomberg News. Bloomberg. 2017年4月12日閲覧。
  47. ^ Statement on behalf of United Airlines Passenger Dr. David Dao”. Corboy & Demetrio (2017年4月11日). 2017年4月12日閲覧。
  48. ^ a b Cleary, Tom (2017年4月24日). “Here are the Chicago officers suspended after dragging David Dao off United flight”. 2019年6月22日閲覧。
  49. ^ a b https://www.latimes.com/business/la-fi-united-dao-20170424-story.html
  50. ^ Zumbach, Lauren; Marotti, Ally (2017年4月12日). “2 more aviation officers involved in removing passenger from United plane put on leave”. http://www.chicagotribune.com/business/ct-united-ceo-apology-dragged-passenger-0412-biz-20170412-story.html 2017年4月12日閲覧。 
  51. ^ Brown, Mark (2017年4月10日). “Brown: Aviation cops shoot themselves in the foot in gun debate”. Chicago Sun Times. http://chicago.suntimes.com/politics/brown-aviation-cops-shoot-themselves-in-the-foot-in-gun-debate/ 2017年4月11日閲覧。 
  52. ^ Two of the aviation cops who dragged doctor off United flight fired”. 2019年6月22日閲覧。
  53. ^ Two aviation officers fired, two suspended for dragging doctor off United flight” (2017年10月17日). 2019年6月22日閲覧。
  54. ^ Lawyer for doc booted from jet on firing of officers: 'Don't make stuff up.'”. DNAinfo Chicago. 2018年5月13日閲覧。
  55. ^ OIG third quarter 2017 report”. chicagoinspectorgeneral.org. Chicago, IL: City of Chicago – Office of Inspector General. 2018年9月11日閲覧。
  56. ^ Chicago aviation police decertified by state”. abc7chicago.com (2017年7月12日). 2018年3月11日閲覧。
  57. ^ Stevens, Matt (2017年7月12日). “Chicago airport security officers to shed 'police' label after United Airlines dragging episode”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/07/12/us/united-chicago-airport-security.html 2017年8月8日閲覧。 
  58. ^ Marotti, Ally; Zumbach, Lauren (2017年4月11日). “United Airlines' brand takes a beating after bumped passenger dragged off plane”. Chicago Tribune. LA Times. http://www.latimes.com/business/ct-united-drags-passenger-0411-biz-20170410-story.html 2017年4月11日閲覧。 
  59. ^ Avi Selk (2017年4月10日). “A man wouldn't leave an overbooked United flight. So he was dragged off, battered and limp”. Washington Post. 2019年6月22日閲覧。
  60. ^ Griffiths, James; Wang, Serenitie (2017年4月11日). “Man filmed being dragged off United flight causes outrage in China”. CNN. http://www.cnn.com/2017/04/11/asia/united-passenger-dragged-off-china-reaction/ 2017年4月11日閲覧。 
  61. ^ “United Airlines: Chinese and Vietnamese anger at passenger removal”. BBC News. (2017年4月11日). https://www.bbc.com/news/world-asia-china-39562288 
  62. ^ Wise, Alana (2017年4月11日). “United shares fall after backlash over dragged passenger”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-ual-passenger-shares-idUSKBN17D1L7 2017年4月11日閲覧。 
  63. ^ Nguyen, Mai (2016年4月12日). “United Airlines incident sparks anger in Vietnam”. Reuters. Global News. http://globalnews.ca/news/3373355/united-airlines-vietnam/ 2017年4月12日閲覧。 
  64. ^ Yam, Kimberly (2017年4月11日). “After United controversy, Chinese social media users express outrage”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/entry/united-social-media-controversy_us_58ecde88e4b0df7e20455dbf 
  65. ^ Wise, Alana (2017年4月12日). “United Airlines faces mounting pressure over hospitalized passenger”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-ual-passenger-shares-idUSKBN17D1L7 2017年4月12日閲覧。 
  66. ^ Wise, Alana; Shepardson, David (2017年4月12日). “United won't use police to remove overbooked passengers – CEO”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-ual-passenger-idUSKBN17E1GN 2017年4月12日閲覧。 
  67. ^ Creswell, Julie; Maheshwari, Sapna (2017年4月11日). “United Grapples With PR crisis over videos of man being dragged off plane”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/04/11/business/united-airline-passenger-overbooked-flights.html 2017年4月12日閲覧。 
  68. ^ United has 'destroyed' its brand among furious Chinese”. PRWeek.com. 2017年4月12日閲覧。
  69. ^ Shen, Lucinda (2017年4月11日). “United Airlines Caused Outrage by Ejecting a Passenger—And Its Stock Went Up”. Fortune. Fortune. 2017年4月14日閲覧。
  70. ^ United Continental Holdings Inc (NYSE:UAL)”. Google Finance (2017年3月9日). 2017年4月19日閲覧。
  71. ^ United Airlines and Pepsi's PR scandals may not hurt their stocks”. S3 Research. S3 Partners (2017年4月13日). 2017年4月14日閲覧。
  72. ^ Huston, Caitlin (2017年4月12日). “United Airlines and Pepsi's PR scandals may not hurt their stocks”. Marketwatch. MarketWatch, Inc.. 2017年4月12日閲覧。
  73. ^ “Warren Buffett says United made a 'terrible mistake'”. Fortune. http://fortune.com/2017/05/08/warren-buffett-united-terrible-mistake/ 2017年5月8日閲覧。. 

外部リンク編集