ユナイテッド航空328便エンジン事故

2021年に発生した、PW4000型エンジンを搭載したB777型機による事故。

ユナイテッド航空328便エンジン事故は、2021年2月20日コロラド州デンバー国際空港付近で発生した航空事故。同便は2月20日13時04分にデンバー国際空港からダニエル・K・イノウエ国際空港ホノルル)へ向けて離陸し、直後に2基あるエンジンのうち右側の1基が故障したのち同空港に緊急着陸した[1]。この故障でエンジンの部品やがれきが落下し、個人の家や地上に駐車していた車両に重大な損傷を与えたものの、航空機内の乗員・乗客、および地上の人間に負傷などは報告されていない。

ユナイテッド航空328便エンジン故障事故
United Airlines - N772UA - Boeing 777-200 - San Francisco International Airport-0406 (cropped).jpg
事故の当該機(事故前の2014年に撮影)
事件・インシデントの概要
日付 2021年2月20日
概要 エンジンの破損とその後の緊急着陸。調査中
現場 アメリカ合衆国の旗 コロラド州 ブルームフィールドデンバー国際空港の近辺)
乗客数 231
乗員数 10
負傷者数 0
死者数 0
生存者数 241 (全員)
機種 ボーイング777-222
運用者 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 (UAL)
機体記号 N772UA
出発地 アメリカ合衆国の旗 デンバー国際空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 ダニエル・K・イノウエ国際空港
テンプレートを表示

インシデントの詳細編集

 
ユナイテッド航空328便のインシデント時の飛行経路

ユナイテッド航空328便(UA328)は現地時間13:04、デンバー国際空港の滑走路25から離陸した[2]。離陸から4分後、13,000フィート(約4,000m)を上昇中に右側の2番エンジンが故障し、コロラド州ブルームフィールドの近所でエンジンカウルの取り付け部など一部が崩壊して脱落し、地面に落下した[3]。機内や地上にいた誰にも怪我はなかったが[4]、故障に伴い脱落した破片は、ボディ・フェアリング(機体の表面上を覆う複合素材の軽量部品)に穴を開けた[5]

飛行経路であったコロラド州ブルームフィールドのコモンズパーク郊外とその周辺地域、少なくとも1マイル(1.6 km)の幅に部品や破片が落下した[6][7][8][9][10]。エンジンカウリングなど部品や破片が落下するようすは、スマートフォンのカメラや車載カメラを使用した目撃者によって記録された[11][12]。落下したがれきも個人の家の屋根に落下したり[6]、地面に駐車していた車両に重大な損傷を与えたりした[13]

事故発生後、パイロットはメーデー(緊急事態)を宣言し、空港に引き返すために航空交通管制に左旋回を要求した[5]。その後、同機は現地時間13時28分、滑走路26に無事着陸した[2]。総飛行時間は24分であった[14]

引き返したUA328便の乗客には、補償としてUA3025便に振り替えが行われ、事故から数時間後にデンバーからホノルルに向け出発した。 なお、UA3025便はボーイングの生産ラインで事故機N772UAの直後に生産された別のボーイング777、N773UAによって運航された[15]

事故機編集

 
B777-200の左に装着されたPW4074が、ファンのドアを開けメンテナンスを受けている。エンジン前面の丸いカウリングが、UA328から脱落したエンジン前面インレットカウリング

航空機編集

事故機であるN772UAは1995年9月にユナイテッド航空に引き渡されたボーイング777-200型機である[16][17]。事故時点の機齢は約26年であった。

エンジンはプラット・アンド・ホイットニー PW4000 ターボファン・シリーズのPW4077[18]が搭載されていた[19]

事故当日、当該機材N772UAはUA2465便としてシカゴオヘア空港(ORD)を中部標準時9時37分に出発し、デンバーに中部標準時10時50分に到着した[20]

事故後、当該機材であるN772UAは調査が行われていたが、2021年7月15日に保管場所であるデンバーからヴィクタービル(サザンカリフォルニア・ロジスティックス空港)へとフェリーされた。

エンジン編集

ボーイング777は、長距離、ワイドボディ、ツインエンジンの航空機であり[21]、事故による致死率は比較的低かった。またオリジナルのB777-200に搭載されたPW4000-112は、エンジンだけでB737とほぼ同じ幅であった[22]

ユナイテッドのB777-222で使用されているPW4077派生品は、名目上77,000lbf(約342kN)の推力を生成する[23]。 これは、元々B747-400に搭載されていたPW4000-94エンジンより高バイパス比のバージョンである。22個の中空コアファンブレードを使用して、直径112インチ(約280cm)のファンセクションを備えた777専用エンジンに再設計された。PW4000-12ファンブレードは、チタン合金製のワイドコード翼型で、ブレード先端の長さは約40.5in。PW4000-112ファンブレードの重量は最大34.85lbs。

アメリカ連邦航空局(FAA)は、プラット・アンド・ホイットニー社(以下P&W)のPW4000シリーズエンジンを搭載していたアメリカの航空機運用者に対し、さらなる飛行の前にこれらのエンジンのファンブレードを検査することを要求する緊急耐空性指令(EAD)を発行した。この件を含め、いくつかの国家航空当局によって同エンジンを搭載した機体は極めて迅速に飛行停止となった(#影響の項で後述)。2021年2月21日現在、アメリカ国家運輸安全委員会(NTSB)はこのエンジン事故を調査している。

なお、ボーイングは2013年にP&W PW4000シリーズを搭載したB777の生産を停止し[24][15][25]、他のエンジンを推奨している。

同型機・同型エンジンの事故編集

ユナイテッド航空1175便編集

 
UAL1175のPW4077ファンブレード根元部破面図(金属疲労、NTSB写真)

2018年2月13日サンフランシスコ発のUA1175便で同様のエンジントラブルが発生し、目的地のホノルルから120マイル(約193km)離れた場所でエンジンカウルが失われた[24] 同機は最終的に修理され、運用に復帰した[26]。今回の事故機と同型の機種であるボーイング777-200(N773UA)であった。 この便でも死傷者は出なかった。同機は最終的に修理され、運用に戻った[27]。NTSBはエンジン内部のファンブレードが、2010年以降ゆっくりと伝播していた既存の金属疲労亀裂から破損し、故障につながったと判断した[27]。調査では、P&Wの熱音響画像検査(TAI)プロセスの訓練が不足していたため、以前の2回の検査で亀裂を特定できなかったが、これはP&Wの失敗であるとされた。「部品特定と検査結果の評価の誤りにより、亀裂のあるブレードがサービスに戻され、これが最終的に破損した」[28][29]ウォールストリートジャーナルがレビューした文書によると、ボーイングはその事件(UA1175)の結果として、交換用ファンカウルの再設計に取り組んでいた[30]

日本航空904便編集

 
ファンブレードの破損を起こしたJALのJA8978(元JAS)

2020年12月4日那覇空港羽田行き日本航空904便で運航されていたB777-200型機(JA8978、1997年製・元日本エアシステム[31])も同様のファンブレードアウト故障を起こし、離陸6分後、高度16,000フィートでファンカウルの部分的な喪失を起こした。[32][33]。当該機はけが人なく那覇空港に安全に戻ったが、JTSB(国土交通省運輸安全委員会)は「重大インシデント」と位置づけ調査に着手した。[34][35]JTSBは後に、ユナイテッドの2つの事件と同様に、今回の機のエンジンにも2つのファンブレードの破断を確認した。うち1つは金属疲労破壊であった[30]。JAL保有の777-200のうち、2003年の経営統合に伴い継承したJASの-289は、JAL自社発注分の-246に搭載されているPW4077より推力が少し低いPW4074を搭載しており、推力は74,000lbf(約329kN)であった[36]

 
PW4077のチタンブレード・ファンセクションとコンテインメント・リングが見える。サンフランシスコ国際空港のUA整備棟にて

ロングテール・アヴィエーション5504便編集

UA328便の事故と同じ2021年2月20日ロングテール・アヴィエーションの貨物改修機ボーイング747-412BCF型機(登録番号VQ-BWT、元シンガポール航空[37])がオランダマーストリヒト空港を出発した直後にエンジン故障に遭遇した。この故障はエンジンの回転部品がエンジンケースを貫通して脱落するもの(uncontained)であった[38]

故障発生後にリエージュ空港に安全に着陸することができたが、落下したエンジンの破片により2名が負傷した。このB747-400BCFは、PW4000シリーズの初期バージョンPW4056を搭載していた。[38]

調査編集

 
UA328便の損傷した羽根、ボディ、フェアリング (NTSB photo)

航空機事故であるため、主にアメリカ国家運輸安全委員会(NTSB)が事件を調査した[12]。デンバー地域に住む上級調査員は、すぐに最初の対応者と状況および調査を調整した。加えて、NTSBのデンバー地域事務所からの他の3人の調査員が支援している。 NTSBは最初の検査で、エンジンの吸気口とカウリングが分離し、2つのファンブレードが破損していることに気づいた。特に、1つのブレードの一部が封じ込めリングに埋め込まれていた。さらにファンブレードの残りの部分は、先端と前縁に損傷を示していた。破損したブレードは取り外され、プライベートジェットによってコネチカット州ハートフォードにあるプラットアンドホイットニーの研究所に運ばれ、さらなる調査が行われた[5]

2021年2月22日、NTSBのロバート・サムウォルト議長は、予備評価によるとファンブレードの損傷は金属疲労と一致していると発表した。[39][40]。この声明に限って言えば、今回のUA328便での故障が、2018年2月のUA1175および2020年12月のJAL904でのファンブレードの金属疲労に起因する他の故障と一致するかどうかは不明であるとしている[39] 同時に「私たちの厳密な定義に従って言えば[41]、「封じ込めリングには部品が飛び出しているときに部品が含まれていた」ため、この事件を「封じ込められていない」エンジンの故障とは見なさなかったと述べた[42]。さらにNTSBは、エンジンへの燃料供給が停止されたという兆候にもかかわらずカウリングが航空機から分離した理由と、火災が発生した理由を調査する、とした[39]

影響編集

現地時間13時41分、コロラド州ブルームフィールド警察署はTwitterに次のように投稿した:「ブルームフィールド上空を飛行する飛行機にエンジントラブルが発生し、午後1時8分頃にいくつかの地域で瓦礫を落としたという報告を受けました」。つづいて、航空機が無事に着陸し、負傷者が報告されていないことを知らせるためにスレッドを更新し続けた。同警察署はまた、報告された瓦礫を示す写真をいくつか投稿し、それに触れたり動かしたりしないように、そして発見した時には(緊急ではない)番号に報告するよう一般市民に求めた[43]。数個の瓦礫が積み重なったブルームフィールド・コモンズパークで即席に開かれた記者会見で、警察当局の広報担当官レイチェル・ウェルテ氏は、大衆からの大量の電話にも関して次のように述べている。「この時間帯にこの公園で負傷者が出なかったことは、私たちにとって非常に幸運なことです」[44]

2月23日プラット・アンド・ホイットニー社は、同社が連邦捜査機関と協力し、PW4000エンジンの検査間隔の改定をサポートするために規制当局およびオペレーターと調整しているという声明を発表した。

同型エンジン搭載機の運航停止編集

アメリカ連邦航空局(FAA)は、PW4000エンジンを搭載したB777型機の検査を強化するよう命じた[36]

事故翌日の2月22日国土交通省航空局は、日本航空全日本空輸が運航するボーイング777型機のうち、PW4000エンジンを搭載した32機の運航停止を命じた[45]

イギリス現地時間遅くには、イギリス民間航空局 (en:Civil Aviation Authority (United Kingdom))が、PW4000-112エンジンを搭載したB777のイギリスへ空域への進入を禁止した。なお、同国のフラッグキャリアであるブリティッシュ・エアウェイズは同型機を運用していない[46]

2月24日、アメリカ連邦航空局(FAA)は他国機関の対応に続き、緊急耐空性指令(en:Emergency airworthiness directive, EAD)を発行した。これはB777に限らず、特定のP&W PW4000エンジンを搭載した米国オペレーターが運用する航空機に対し、さらなる飛行の前にこれらのエンジンの全てのファンブレードを熱音響イメージングen:Thermal acoustic imaging)で検査し[1]、ユナイテッド航空が運用する機体については運用停止のままとする[47]。 業界のオブザーバーは、FAAが事件からわずか3日後にEADを発行したという異常な迅速さについて、このあらたに発見された緊急性はボーイング737 MAXにおける飛行トラブルに起因すると推測している[15]

ユナイテッド航空は、該当する全ての航空機(24機運用、ほかに28機を保管)を運用から専制的に外した[48]

ボーイングはPW4000-112エンジンを搭載したB777、合計128機すべての世界的な運用停止を推奨した[36]。それだけでなく、FAAの運行停止措置についても支持している[49]

2月22日時点で、運輸省 (カナダ)のカナダ運輸大臣マーク・ガルノー(Marc Garneau(当時))は、B777のカナダ空域への進入禁止を検討している。カナダ国内にはPW4000エンジンを搭載したB777はないが、予防措置が検討されている[50]

4月5日、日本航空は運航停止中のボーイング777全13機を退役させたことを明らかにした[51]新型コロナウイルスの影響も重なり運航再開が見込めない為の措置である。但し、前述の飛行禁止命令が国土交通省航空局より発令されている為、回送も出来ないまま国内各地の空港に留置されていた。その後、整備上の条件を満たした機材については、「売却のための回送運航」に限定して飛行が許可され、12月より順次回送される予定である[52]

航空会社別の運航停止状況編集

2021年3月現在[53]
航空会社 777型式 エンジン型式 機数 合計 備考
ユナイテッド航空 [54] 777-200 PW4077 19 52 エンジンメーカー相違により他777-300ER、
コンチネンタル航空777-200ER運用中
777-200ER PW4090 33
全日本空輸 [55] 777-200 PW4074 3 19 エンジンメーカー相違により
他777-300ER運用中
777-200ER 5
PW4090 6
777-300 5
日本航空 [56] 777-200 PW4074
(全機、元JAS機材)
6 13 エンジンメーカー相違により他777-200ER/300ER運用中
PWエンジン機について21年3月期末に退役済[57]
(運航停止指示によりフェリーフライト不可)
PW4077
(JAL自社発注機材)
3
777-300 PW4090 4
大韓航空 [58] 777-200ER PW4090 12 16 エンジンメーカー相違により
他777-300ER運用中
777-300 PW4098 4
アシアナ航空 [59] 777-200ER PW4090 9
ジンエアー [60] 777-200ER PW4090 4 大韓航空中古リース機

脚注編集

  1. ^ a b FAA Statement on Pratt & Whitney Engine Emergency Airworthiness Directive”. Federal Aviation Administration (2021年2月24日). 2021年3月5日閲覧。
  2. ^ a b https://aviation-safety.net/wikibase/248087
  3. ^ Wise, Jeff (2021年2月20日). “Ancient Boeing 777 Strews Debris Over Colorado” (英語). Intelligencer. 2021年2月27日閲覧。
  4. ^ United flight rained debris a mile wide near Denver after engine failure, officials say” (英語). Washingtonpost. 2021年2月21日閲覧。
  5. ^ a b c Holcombe, Madeline; Vera, Amir (2021年2月23日). “Investigators release preliminary findings on the United Airlines flight engine failure. Here's what we know”. CNN. https://www.cnn.com/2021/02/23/us/boeing-aircraft-engine-fail-tuesday/index.html 2021年2月27日閲覧。 
  6. ^ a b Broomfield park-goers recount seeing debris fall from United Airlines plane Saturday” (英語). Boulder Daily Camera (2021年2月20日). 2021年2月21日閲覧。
  7. ^ Knowles, Hannah. “United flight’s engine failure rained debris at least a mile wide near Denver, officials say”. The Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/nation/2021/02/20/united-airlines-flight-328-engine/ 2021年2月21日閲覧。 
  8. ^ “Debris from United Airlines Boeing 777 falls on Broomfield neighborhoods; flight lands safely at DIA”. KMGH. (2021年2月20日). https://www.thedenverchannel.com/news/local-news/debris-from-commercial-aircraft-falls-on-broomfield-neighborhood-plane-lands-safely-at-dia 2021年2月21日閲覧。 
  9. ^ “Plane Debris Falls From Sky & Onto Broomfield Neighborhoods”. CBS Denver. (2021年2月20日). https://denver.cbslocal.com/2021/02/20/plane-engine-debris-falls-broomfield-colorado-united-airlines-denver-international-airport/ 2021年2月21日閲覧。 
  10. ^ Airplane parts fall from sky in Broomfield, Colorado” (英語). YouTube. 2021年2月21日閲覧。
  11. ^ “US plane scatters engine debris over Denver homes”. BBC News. (2021年2月21日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-56141673 2021年2月21日閲覧。 
  12. ^ a b Silverman, Hollie; Andone, Dakin; Williams, David (2021年2月20日). “United Airlines flight suffers engine failure, sending debris falling on neighborhoods outside Denver”. CNN. https://www.cnn.com/2021/02/20/us/united-airlines-flight-returns-debris/index.html 2021年2月21日閲覧。 
  13. ^ McCue, Conor (2021年2月23日). “Insurance Expert Weighs In On Damage United Airlines Flight 328: 'Objects Falling From The Sky Are Covered'”. CBS Denver – News, Weather & Sports For All Of Colorado. 2021年3月1日閲覧。
  14. ^ Petchenik, Ian (2021年2月21日). “United UA328 suffers engine failure departing Denver”. FlightRadar24. https://www.flightradar24.com/blog/united-ua328-suffers-engine-failure-departing-denver/ March 5, 202128 February 2021閲覧。 
  15. ^ a b c Ostrower, Jon (2021年2月26日). “Fresh 737 Max scars spur quick FAA moves on P&W 777s”. The Air Current. 2021年2月26日閲覧。
  16. ^ N772UA UNITED AIRLINES BOEING 777-200”. 2021年3月7日閲覧。
  17. ^ カスタマーコードを含めると 777-222 と表記される
  18. ^ United Airlines N772UA (Boeing 777 - MSN 26930)”. www.airfleets.net. Airfleets aviation. 2021年2月22日閲覧。
  19. ^ Ranter, Harro. “Incident Boeing 777-222 N772UA, 20 Feb 2021”. aviation-safety.net. Aviation Safety Network. 2021年2月22日閲覧。
  20. ^ Flight history for aircraft - N772UA”. Flightradar24. 2021年3月5日閲覧。
  21. ^ English, William. “Aviation Incident Final Report (PDF)”. Incident Number: DCA18IA092. 2021年3月2日閲覧。
  22. ^ “Japan orders airlines to ground Boeing 777 jets after U.S. incident”. The Japan Times. (2021年2月22日). https://www.japantimes.co.jp/news/2021/02/22/national/boeing-777-jets-japan/ 2021年3月1日閲覧。 
  23. ^ Pratt & Whitney. “PW4000-112”. 2019年7月20日閲覧。
  24. ^ a b Gates, D. (2021年2月22日). “Older Boeing 777 PLANES grounded after engine BLAST rains debris over Colorado homes”. The Seattle Times. https://www.seattletimes.com/business/boeing-aerospace/older-boeing-777s-grounded-for-inspections-following-engine-explosion-over-denver/ 2021年3月2日閲覧。 
  25. ^ Birtles, Philip (1998) (英語). Boeing 777: Jetliner for a New Century. MBI Publishing Company. ISBN 978-0-7603-0581-2. https://books.google.co.uk/books?id=CILNWqZskckC&pg=PA122&lpg=PA122&dq=N772UA+WA005&source=bl&ots=iWoy2qbSPq&sig=ACfU3U0jQ67j2YoFXROV_22v6D9QtNKutA&hl=en&sa=X&ved=2ahUKEwiDyPGSnfzuAhVRoVwKHQdlBm8Q6AEwAHoECAQQAg#v=onepage&q=N772UA%20WA005&f=false 
  26. ^ Ranter, Harro. “Serious incident Boeing 777-222 N773UA, 13 Feb 2018”. aviation-safety.net. Aviation Safety Network. 2021年2月22日閲覧。
  27. ^ a b Levin, Alan (2021年2月23日). “Metal Fatigue Seen as Trigger for Boeing 777 Engine Failure”. Bloomberg.com. 2021年3月1日閲覧。
  28. ^ Paradis, Cullen (2021年2月25日). “Boeing 777 Engine Covers Were Engineering Focus For Years Before Failures”. International Business Times. 2021年2月26日閲覧。
  29. ^ “Engine that endangered United flight has troubled history” (英語). NBC News. https://www.nbcnews.com/news/us-news/plane-engine-caught-fire-united-airlines-flight-over-denver-has-n1258557 2021年2月23日閲覧。 
  30. ^ a b Manfredi, Lucas (2021年2月24日). “United Flight 382 and similar incidents involving Boeing 777 with Pratt & Whitney engines”. Fox Business. 2021年3月3日閲覧。
  31. ^ 製造番号:27637/79 登録情報 - FlyTeam
  32. ^ Waldron, Greg (2020年12月7日). “JAL 777-200 engine loses panel, suffers blade damage after takeoff” (英語). Flight Global. 2021年2月22日閲覧。
  33. ^ NDI Process Failures Preceded B777 PW4077 Engine FBO - Aerossurance”. Accidents & Incidents. Aerossurance Limited (2020年7月22日). 2021年2月26日閲覧。
  34. ^ JAL機 那覇空港に緊急着陸 機体左側のエンジン破損 けが人なし [JAL aircraft Emergency landing at Naha Airport Engine damage on the left side of the aircraft No injuries]”. NHK. 2020年12月4日閲覧。
  35. ^ Japan Airlines Boeing 777 turns back after engine failure”. 2021年2月26日閲覧。
  36. ^ a b c Chokshi, Niraj; Dooley, Ben (2021年2月26日). “Boeing Calls for Global Grounding of 777s Equipped With One Engine Model”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2021/02/21/business/faa-boeing-777-engines.html 2021年2月22日閲覧。 
  37. ^ 製造番号:24975/838 登録情報 - FlyTeam
  38. ^ a b Ranter, Harro. “Incident Boeing 747-412 (BCF) VQ-BWT, 20 Feb 2021”. aviation-safety.net. Aviation Safety Network. 2021年2月22日閲覧。
  39. ^ a b c Reuters Staff (2021年2月23日). “Damage to fan blade in United Boeing 777 engine consistent with metal fatigue -NTSB” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-boeing-777-ntsb-idUSKBN2AN03S 2021年2月23日閲覧。 
  40. ^ Frost, Jamie Freed, David Shepardson, Laurence (2021年2月23日). “Boeing engine blowouts investigated as older 777s are suspended” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-boeing-777-japan-idUSKBN2AL0PD 2021年2月23日閲覧。 
  41. ^ Bellamy, Woodrow, III (2021年2月23日). “Boeing 777s Equipped with Pratt & Whitney 4000 Engines Grounded Following UAL 328”. Aviation Today. 2021年2月26日閲覧。
  42. ^ Gilbertson, Dawn (2021年2月22日). “United Airlines engine failure on Boeing 777 flight from Colorado: What travelers need to know”. USA TODAY. 2021年2月25日閲覧。
  43. ^ @BroomfieldPD. "Getting reports that a plane flying over @broomfield had engine trouble and dropped debris in several neighborhoods around 1:08 pm. No injuries reported at this time. Plane did not land in Broomfield. Media staging area TBD" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)
  44. ^ Broomfield park-goers recount seeing debris fall from United Airlines plane Saturday – Broomfield Enterprise”. Broomfield Enterprise (2021年2月20日). 2021年3月4日閲覧。
  45. ^ Japan grounds 32 JAL and ANA jets after Boeing engine fire”. Nikkei (2021年2月22日). 2021年3月5日閲覧。
  46. ^ Charpentreau, Clement (2021年2月22日). “UK bans specific Boeing 777 following engine incidents”. AeroTime News. 2021年2月27日閲覧。
  47. ^ “[https://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-56149894 Boeing 777:デンバーエンジンの故障後に数十機が接地]”. BBC News Online. 2021年2月22日閲覧。
  48. ^ Massie, Graeme (2021年2月22日). “United grounds 777s as FAA orders probe into Colorado engine failure”. The Independent. 2021年2月27日閲覧。
  49. ^ Boeing (2021年2月21日). “Boeing Statement on United Airlines Flight 328”. 2021年3月5日閲覧。
  50. ^ French, Cameron (2021年2月22日). “Transport Canada may consider banning Boeing 777s from airspace following engine fire” (英語). CTVNews. 2021年2月27日閲覧。
  51. ^ JAL、P&Wエンジン搭載の「777」全機退役 1年前倒し”. 日本経済新聞 (2021年4月5日). 2021年4月5日閲覧。
  52. ^ 「P&Wエンジン搭載のB777」条件付きで10か月ぶり飛行再開 JALの「JA773J」が退役フェリーへ - 乗りものニュース編集部 2021年12月16日
  53. ^ JAL・ANA PW4000エンジン搭載777型機まとめ
  54. ^ [1]
  55. ^ [2]
  56. ^ [3]
  57. ^ JAL、国内線777の退役完了 PWエンジン機運航停止で前倒し Aviation Wire 2021年4月5日
  58. ^ [4]
  59. ^ [5]
  60. ^ [6]

関連項目編集