メインメニューを開く

ユニチカ・フェニックス (バスケットボール)

ユニチカ・フェニックス(UNITIKA Phoenix)は、かつて存在した女子バスケットボールチームである。

ユニチカ・フェニックス
愛称 フェニックス
所属リーグ 日本リーグ
創設年 1949年
解散年 2004年
本拠地 京都府宇治市
(解散時)
企業 ユニチカ
優勝歴 8回
テンプレートを表示

歴史編集

1949年に大日本紡績(ニチボー)本店女子バスケットボール同好会として大阪市で創部。全日本実業団で3位に入る。1954年に平野区の平野工場に統合されニチボー平野に改称。

1956年に監督就任した女子バスケ界の名将尾崎正敏の指導により1958年オールジャパンで初優勝、1965年からは8連覇を成し遂げるとともに、1967年創設の日本リーグでも第1回での優勝以来7連覇を達成(リーグ連覇記録は1998年にシャンソン化粧品に更新されるが、オールジャパン連覇記録は現在も破られていない)。その間、1968年まで「国内公式戦171連勝」を記録し、貝塚のバレーボール部とともにニチボーの名を知らしめることになる。特に1971年日本リーグではベスト5を独占した。国際大会でも1967年より朴正煕杯争奪東南アジア女子バスケットボール選手権大会に単独チームとして出場し、1969年の同大会で優勝した。

1969年にニチボーが合併によりユニチカに変わると平野工場は閉鎖され、バスケ部は三島郡島本町の山崎工場に移転し、「ユニチカ山崎」に変更。1977年にユニチカ山崎工場が大阪染工に統合されたことに伴い「ユニチカ」となる。

1975年の世界選手権では尾崎監督を始め、ユニチカの選手が主力として活躍し銀メダル獲得に貢献した。

女子日本リーグ7連覇後は日立戸塚第一勧銀が力を付けてきたもののこれらと並んで3強として君臨していた。だが、尾崎が監督を退任して現場を離れると、共同石油、シャンソン化粧品といった新興勢力の台頭にも押され、1980年のオールジャパンを最後にタイトルから遠のく。その後も低迷は続き、遂には実業団リーグ降格となる。

1991年にバレーボール部が「ユニチカ・フェニックス」を愛称としたのに連動し、バスケットボール部も「フェニックス」とした。1994年、全日本実業団で優勝。1995-96年には日本リーグ2部を制し、入れ替え戦でも富士通を下し1部復帰を果たす。

1998年、かつてユニチカ宇治(旧日本レイヨン、1976年解散)が本拠地としていた京都府宇治市に移転。

長引く景気低迷のため1999年のWリーグへのリニューアルを前にしてトップリーグから撤退(翌年にはバレーボール部が休部となり、東レに移管された)。以降は京都府の大会に参加し、2000年・2001年の2年連続でオールジャパン出場も果たしたが、2004年廃部[1]

獲得した全国タイトル数は計33回で、JX-ENEOSサンフラワーズ(旧共同石油)についで2番目に多い。

過去の成績編集

旧日本リーグ編集

年度 リーグ ディビジョン レギュラーシーズン セミファイナル ファイナル 最終結果
順位
1967 日本リーグ 1 7 0 ? ? ? ? ? 優勝
1968 2 7 0 ? ? ? ? ? 優勝
1969 3 7 0 ? ? ? ? ? 優勝
1970 4 10 0 ? ? ? ? ? 優勝
1971 5 10 0 ? ? ? ? ? 優勝
1972 6 8 2 ? ? ? ? ? 優勝
1973 7 9 1 ? ? ? ? ? 優勝
1974 8 8 2 ? ? ? ? ? 準優勝
1975 9 8 2 準優勝
1976 10 6 4 準優勝
1977 11 8 2 優勝
1978 日本リーグ 1部 12 7 3 準優勝
1979 13 7 3 3位
1980 14 6 4 3位
1981 15 4 6 4位
1982 16 4 6 5位
1983 17 1 9 6位
1984 18 9 5 4位
1985 19 6 8 5位
1986 20 6 8 5位
1987 21 2 12 8位
1988 22 7 8 A4位 7位
1989 23 6 9 C5位 12位
1990 2部 24 12 3 準優勝
1991 25 12 3 準優勝
1992 26 2 12 7位
1993 実業団リーグ 26 ? ? 優勝
1994 日本リーグ 2部 28 9 6 3位
1995 29 13 2 優勝
1996 1部 30 9 13 7位
1997 31 5 6 3位
1998 32 3 8 8位

※日本リーグ1部の第22回(1988年)から第23回(1989年)まではA(アンドロメダ)、C(カシオペア)のディビジョン制を導入。

主な歴代所属選手編集

その他編集

  • 特に女子においてバスケットボールを始めとする団体球技で使用されている「コートネーム」はユニチカが最初に始めたものである。

脚注編集

関連項目編集