メインメニューを開く

ユニバーサル・レスリング・アソシエーション

ユニバーサル・レスリング・アソシエーションUniversal Wrestling Association)は、メキシコプロレス団体。略称はUWA。UWAはタイトル管理団体の総称でありメキシコではルチャ・リブレ・インターナショナルLucha Libre Internaciónal)と呼ばれることが多い。略称はLLI

歴史編集

1975年1月、EMLLを退団したレイ・メンドーサフランシスコ・フローレスベンジャミン・モーラらが設立。ナウカルパンエル・トレオを拠点としていた[1]1月29日パラシオ・デ・ロス・デポルテスで旗揚げ戦を開催。

日本では新日本プロレス[1]ユニバーサル・プロレスリング[2]全日本女子プロレス[2]ジャパン女子プロレス[2]アメリカではWWF[1]と業務提携を結んで多くの選手を送り込んだり、日本とアメリカの選手が参戦していた。

旗揚げ当初はEMLLから人気選手のドクトル・ワグナーアニバルらを大量に引き抜いて一時は大人気を誇っていた[1]。しかし、EMLLから引き抜いた人気選手達がトップに君臨し続けたことにより、世代交代が充分に行うことが出来なかった。その後、メキシコで禁止されていたルチャリブレのテレビ中継が解禁された際に、その流れに乗ることが出来ず、EMLLに大きく遅れをとることになってしまう[1]

1992年、エンターテイメント中心のAAAが旗揚げされると、さらに人気が低迷する[3]

1994年、社運をかけてAAAと団体対抗戦を企画するも常設会場のエル・トレオのオーナーの急逝後に常設会場の賃貸問題で面倒なことが起こるようになる[1]

1995年、ほぼすべての所属選手がAAAに移籍する大事件が起こり[3]、一気に弱小団体になってしまう[1]。トレオを撤退して規模の小さいアレナ・ネッサワルコヨを新たに常設会場を置いて活動を続けていた。

1997年、代表のカルロス・マイネスの誘拐事件が起こり、身の代金を工面するためにアレナ・ネッサワルコヨを売却する[4]。常設会場を失ったことで約22年の歴史に幕を下ろした[1]

UWAの王座は日本とメキシコで定着しており、UWAの名前はタイトル管理組織として形式的に存在している。

2015年、復活へ向け検討に入っていることが明らかにされた[5]

タイトル編集

参戦選手編集

参考文献編集

  • 週刊プロレス』2015年2月4日号「週刊プロレス アルバムシリーズ52『UWA』消滅団体の歴史探訪〈遥かなるメキシコ〉編」56Pから78Pより

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 週刊プロレス』2015年2月4日号 56Pから57Pより 「UWA… その光と影」
  2. ^ a b c 『週刊プロレス』2015年2月4日号 58Pから61Pより 「UWAと日本 蜜月の関係」
  3. ^ a b 『週刊プロレス』2015年2月4日号 76Pから77Pより 「ザ・ドキュメンタリー 崩壊への道」
  4. ^ 『週刊プロレス』2015年2月4日号 72Pから73Pより 「団体トップの回顧録」(誘拐事件の被害者、カルロス・マイネスへのインタビュー)
  5. ^ Fight・of・the・RingのFacebook

関連項目編集

外部リンク編集