ユニバーサルミュージック (日本)

日本の東京都渋谷区にあるレコード会社
ユニバーサル ミュージック グループ  > ユニバーサルミュージック (日本)

ユニバーサルミュージック合同会社(Universal Music LLC)は、日本レコード会社ユニバーサル ミュージック グループの日本法人で、ユニバーサルミュージックジャパン(Universal Music Japan)としても知られる。

ユニバーサルミュージック合同会社
Universal Music LLC
本社が入居する神宮前タワービルディング
本社が入居する神宮前タワービルディング
種類 合同会社
略称 UML、UMJ
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前1-5-8
神宮前タワービルディング
設立 1990年4月20日
業種 情報・通信業
法人番号 4010403007281 ウィキデータを編集
事業内容 CD、ミュージックテープ、ビデオソフト等の企画、制作、販売
代表者 藤倉尚(社長兼最高経営責任者)
資本金 295億200万円
従業員数 約550名(ユニバーサルミュージックグループ全体)
決算期 12月31日
所有者 ユニバーサル ミュージック グループ 100%
主要子会社 ユニバーサル・ミュージック・パブリッシング合同会社 100%
ユニバーサル ミュージック アーティスツ合同会社 100%
DRC合同会社
オフィスオーガスタ
関係する人物 石坂敬一(元社長)
小池一彦(元社長)
外部リンク https://www.universal-music.co.jp/
特記事項:※2009年1月1日、ユニバーサルミュージック株式会社(1990年4月20日「ポリグラム株式会社」として創立)と合併し現在に至る。
テンプレートを表示

概要 編集

日本に拠点を置く外資系レコード会社の中では最大手でなお且つ、国内最古参の日本コロムビアに次いで非常に長い歴史を有する日本のレコード会社(2024年2月現在の時点で旧日本ポリドール蓄音機商會時代から通算して創業96年)であり、多種多様なアーティストが所属する。基本的に外資系でありながら役員に実績のある生え抜き社員を登用するなど、民族系同業他社と同等の経営体制となっている。

日本法人は前身のポリグラム系(ただしポリスタートーラス等は除く)3レーベルとユニバーサルビクター(MCAレコード)2000年に経営統合させており、ユニバーサル ミュージック グループが保有するロックカントリークラシックジャズといった洋楽に加え、J-POP演歌歌謡曲を含む)の音源・アーティストを多く擁している。2012年には親会社によるEMI買収に伴い、同業大手のEMIミュージック・ジャパンを吸収し、事業規模を拡大している。

邦楽・J-POPに関しては前身のポリグラムでの石坂敬一社長(当時)就任後より、同一資本下で独立した制作部門・レーベルを複数設けてグループ内で切磋琢磨させヒット作を生み出すことを狙いとしており、A&Rに注力している。現法人発足後は社内カンパニー制を採りいれて制作部門が独立した組織となっているものの、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)やエイベックスとは異なり、事業分野別の分社化は行っていない。

「ユニバーサル」「UNIVERSAL」及びそのロゴマークである地球儀マークを冠するソフト会社としては、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(旧:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン ← ジェネオン・エンタテインメント ← パイオニアLDC ← レーザーディスク社)も存在するが、こちらはコムキャスト / NBCユニバーサル傘下で、2023年9月現在両社に直接の資本関係はない。ただし、VHS/BD/DVD等の起動時に登場する地球儀のBGMについてはかつて提携していた名残のせいか同一のBGMを使用している[注釈 1]

沿革 編集

  • 1927年昭和2年)5月30日 - 阿南正茂が「株式會社日本ポリドール蓄音器商會」(-にほんポリドールちくおんきしょうかい)を設立。ドイツ・グラモフォン傘下のポリドール・レコードの、国内で販売を開始。
  • 1942年(昭和17年)3月 - 戦時中の外国語使用禁止の風潮を先取りし、社名を「大東亞蓄音器株式會社」(だいとうあちくおんき-)に変更。ブランド名については、邦楽部門を大東亜レコードに変更したものの、洋楽部門は引き続きポリドール・レコードを使用した。
  • 1943年(昭和18年)12月 - 社名を「大東亞航空工業株式會社」(だいとうあこうくうこうぎょう-)に変更する(時期は諸説あり)。
  • 1950年(昭和25年)4月 - 日本ポリドール蓄音器商會が「ポリドール蓄音器株式会社」に社名変更。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 「日本ポリドール株式会社」が、ポリドール・レコード(イギリス)富士電機製造の出資で設立される。
  • 1956年(昭和31年) - 日本ポリドールが「日本グラモフォン株式会社」に社名変更。
  • 1962年(昭和37年) - ドイツ・グラモフォンフィリップス・レコード(フォノグラム)(オランダ)が、それぞれの出資母体であるシーメンスフィリップスの下で提携し、DGG/PPIグループ(グラモフォン・フィリップスグループ)を結成。
  • 1966年(昭和41年) - 日本ビクターレコード事業部(現:ビクターエンタテインメント)内にフィリップス事業部が作られ、日本に於いて「フィリップス」レーベルでの邦楽流行歌の制作が開始される。
  • 1969年(昭和44年) - 目黒区大橋に日本グラモフォンの自社ビル( - 2002年)が完成。
  • 1970年(昭和45年)6月1日 - オランダ・フィリップス、日本ビクター(現:JVCケンウッド)および松下電器産業(現:パナソニックホールディングス)の三社合弁で「日本フォノグラム株式会社」が設立され、日本ビクターから独立。業務開始は同年6月21日[1]
  • 1971年(昭和46年) - シーメンスとフィリップスは折半出資でポリグラムを設立し、DGG/PPIグループのレコード会社を傘下に入れ、レコード事業を統合させる。
    • 11月 - 日本グラモフォンが「ポリドール株式会社」に社名変更。
  • 1972年(昭和47年) - フォノグラムがポリドール・レコードを子会社化し、ポリグラム傘下に入る。
  • 1990年平成2年)4月20日 - ポリグラムの日本事業統括法人として「ポリグラム株式会社」を創立。
  • 1992年(平成4年)12月 - ポリドール株式会社、日本フォノグラム株式会社の管理・輸入・商品管理部門をポリグラム株式会社へ移管。
  • 1993年(平成5年)
    • 2月 - ポリドール株式会社内のb.gramレーベルを、ビーイングと共同出資の上B-Gram RECORDSとして法人化。この年、ZARDのヒットで過去最大の売上を記録。
    • 12月 - ポリドール株式会社、日本フォノグラム株式会社の開発本部・営業本部・クラシック本部が、邦楽制作部門を残しポリグラム株式会社へ移管。
  • 1994年(平成6年)11月 - 東芝EMI(後のEMIミュージック・ジャパン)取締役の石坂敬一が、ポリグラムから引き抜きを受け移籍、代表取締役社長に就任。
  • 1995年(平成7年)
    • 3月 - 日本フォノグラムがマーキュリー・ミュージックエンタテインメント株式会社(英略称:MME)に社名変更。松田聖子ら専属アーティストの開拓を活発化。
    • ポリドール出身の多賀英典が興したキティグループの「株式会社キティエンタープライズ」(旧:キティレコード)および音楽制作部門の「株式会社キティミュージックコーポレーション」がポリグラム株式会社の資本下に入る。キティミュージックコーポレーションは「ポリグラム・ミュージック・ジャパン株式会社」に社名変更。
    • ポリドール出身の五十嵐泰弘が興した「トーラスレコード」がポリグラム株式会社の資本下に入る。後の1997年に社名を「ニュートーラス」に変更。
  • 1998年(平成10年)11月 - ポリグラムの親会社であるフィリップスが、ポリグラムの株式全てをMCA(現:NBCユニバーサルの一部)の親会社であったシーグラムに売却。アメリカではMCAレコード・ポリグラムが経営統合したことに伴い12月に「ユニバーサルミュージック」発足。ポリグラムのクラシックレーベルは徐々にユニバーサルへ変更される。
  • 1999年(平成11年)
    • 7月 - ポリグラム株式会社が「ユニバーサルミュージック株式会社」に社名変更。
    • 12月 - ニュートーラスがユニバーサルミュージック株式会社に吸収合併される形で解散。
  • 2000年(平成12年)
    • 2月 - 東京国税局の税務調査で、ユニバーサルミュージック株式会社とポリドール株式会社の二社で約250億円の申告漏れが発覚し、約100億円の追徴課税に応じたことが報じられる。両社はモータウン買収時に、米国の投資組合にポリグラムの外国法人と共同出資しているが、モータウンの事業利益は最小出資者である米国法人が実質独占しているにもかかわらず、日本法人はのれん取得費用の損金を自社利益と打ち消すよう毎年計上することで節税を図ったとされる(移転価格税制)。
    • 8月 - ユニバーサルビクター(MCAレコード)と経営統合するとともに、ユニバーサルミュージック発足時のレーベル・部門別に社内カンパニー制を導入。「ポリドール」(ポリドール株式会社の営業・制作事業をユニバーサルミュージック株式会社に移管)、「ユニバーサル」(ユニバーサルビクターの邦楽部門)、「キティ・エンタープライズ」、「MME」、「ユニバーサル・インターナショナル」(ポリグラムおよびMCAの洋楽・クラシック部門)等をそれぞれ発足する。
    • 9月 - 社内カンパニーのキティエンタープライズがMMEに吸収され、キティMMEとなる。
    • 新レーベル「Def Jam Japan」を設置。
  • 2001年(平成13年)7月 - ユニバーサル、ポリドールの同レーベルの制作クレジットを「ユニバーサルポリドール」と二重に変更する。
  • 2002年(平成14年)6月 - 本社を目黒区大橋から港区青山一丁目駅の近くに完成した新社屋に移転。同月末、邦楽制作部門の社内カンパニーであるユニバーサル、ポリドール、キティMMEの3レーベルを統合・集約し、「ユニバーサルJ」(UNIVERSAL J)に一新する。
  • 2003年(平成15年)12月 - ビクターエンタテインメントとの販売委託契約、業務提携を解消。2004年1月より自社販売を再開。
  • 2004年(平成16年)
    • 1月 - ユニバーサルJよりキティMMEの流れを汲む社内カンパニー「ユニバーサルシグマ(UNIVERSAL SIGMA)」を設置。Def Jam Japanはユニバーサルシグマのサブレーベルとなる。同じくユニバーサルシグマのサブレーベルとして、「Island(アイランド)」、「Kitty Mercury(キティ・マーキュリー)」を設置。
    • 6月 - ユニバーサルシグマのサブレーベルとして、「A&M」が設置された[2]
  • 2007年(平成19年)1月 - ユニバーサルJから主に旧ポリドール系の制作・宣伝スタッフにより、社内カンパニーナユタウェイヴレコーズ(NAYUTAWAVE RECORDS)」を分裂する形で設置。
  • 2008年(平成20年)1月 - 社内カンパニーの「USMジャパン」を改組し、「ユニバーサルストラテジックマーケティングジャパン」を発足[3]
  • 2009年(平成21年)
    • 1月1日 - 株式会社から合同会社に組織変更。
    • 1月1日 - ユニバーサル・インターナショナル内のサブレーベルとして、「Delicious Deli Records(デリシャス・デリ・レコード)」が設置された[4]
    • 11月 - 小池一彦CEO兼社長に就任。
  • 2010年(平成22年)4月20日 - ユニバーサルシグマのサブレーベルとして、「UNIVERSAL SIGMA SATELLITE(ユニバーサルシグマサテライト)」が設置された[5]
  • 2011年(平成23年)
    • 1月1日 - ユニバーサル・インターナショナルのサブレーベルとして、「area azzurra」が設置された[6]
    • 6月 - CMのサウンドロゴ導入。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月 - 「ユニバーサルストラテジックマーケティングジャパン」の名称が再び「USMジャパン」となる[7]
    • 7月 - 東京国税局から2012年12月期までの3年間に約90億円の申告漏れを指摘される。
    • 10月1日 - 親会社によるEMI(レコード制作部門)の買収に伴い、株式会社EMIミュージック・ジャパン傘下に収める[8]
  • 2013年(平成25年)
    • 1月15日 - 小池CEO兼社長がEMIミュージック・ジャパンの代表取締役社長兼CEOを兼務する[9]
    • 4月1日 - EMIミュージック・ジャパンを吸収合併する形で経営統合し、邦楽部門は「EMI Records Japan」として運営を開始する[10]。これにより、赤坂Bizタワー内にあったEMIミュージック・ジャパンの本社オフィスは同社の赤坂オフィス(本社ビルは青山オフィス)となる。また、EMI Records Japanのサブレーベルとして、「EMI Records Japan EMI J」と「EMI Records Japan EMI R」が設置された[11]
    • 9月 - 同年の2月7日に、 親会社が所有していたEMIレコードの主要部門であるパーロフォン・レーベル・グループワーナー・ミュージック・グループへ売却したことに伴い[12]、日本でのEMIクラシックス(旧EMIミュージック・ジャパン原盤を除く)や欧州のEMI(ビートルズを除く)の販売権が、ワーナーミュージック・ジャパンへ移行する。
    • 10月2日 - 同社のレーベル「EMI Records Japan」の規格品番が、旧東芝EMI時代から長年に渡り使用されていたTO(TOCT、TOCP等、邦楽アーティストの場合、マキシ・シングルまたはアルバムだとTOCTから始まる)からTY(TYCT、TYCI、TYCN、TYCP等、同じく邦楽アーティストのマキシ・シングル、アルバムはTYCTから始まる、かつてはユーメックスが使用していた)に変更される。
  • 2014年(平成26年)
    • 1月1日 - 副社長として邦楽部門を統括していた藤倉尚が社長兼最高経営責任者(CEO)に就任[13]。前CEO兼社長の小池一彦は代表権の無い会長に就任した。NAYUTAWAVE RECORDSとEMI Records Japan EMI Jを統合し「EMI Records」が発足、EMI Records Japan EMI Rは「EMI R」とする[14]
    • 2月5日 - エムティーアイとの共同出資により株式会社ZERO-Aが設立。
    • 4月15日 - EMI RとDelicious Deli Recordsを統合して「Virgin Music」が発足し[注釈 2]、直下に「Virgin Records」と「Delicious Deli Records」を置く[15]
    • 5月 - EMI Recordsの規格品番がUPに統一され、これより、「TY」は、Virgin Records専用となった。
  • 2017年(平成29年)
    • 1月1日 - Virgin Musicが直下レーベルであるDelicious Deli Records及びVirgin Recordsの業務を吸収し、両レーベルはVirgin Musicに統合された[16]
  • 2018年(平成30年)
  • 2019年(平成31年)3月31日 - 子会社のZERO-Aの活動を終了。
  • 2020年令和2年)
    • 1月 - 会社ロゴを『UNIVERSAL MUSIC』から米国ユニバーサルミュージックと同じく『UNIVERSAL MUSIC GROUP』に変更し、同時期に、CMのサウンドロゴを一新した[19]
    • 映像事業として「EASTWORLD ENTERTAINMENT」始動。
    • 3月 - 演歌・歌謡曲レーベル「Prime Music」を「Lighthouse Music」(ライトハウス・ミュージック)として発足。直下に旧EMI系の「EXPRESS」と「Sakurastar Records」を置く[20]
  • 2021年(令和3年)
  • 2023年(令和5年)
    • 1月1日 - ユニバーサルJを「Polydor Records」と「UJ」に分割し、UJの直下に「Johnnys' Universe」「Top J Records」「TJ project」を置く[24]。Polydor RecordsはユニバーサルJに統合されて以来20年ぶりのレーベル復活となる[25][26]
    • 7月8日 - カバー株式会社が運営するVTuber事務所・ホロライブプロダクションとの共同レーベル「holo-n」の設立を発表。レーベル運営はEMI Recordsとホロライブが共同で行う[27]
  • 2024年(令和6年)
    • 2月2日 - TikTokとの楽曲利用ライセンス契約を打ち切った。この理由としてTikTokはAI音楽の創作を促進しており、TikTokが望む契約を結ぶことは「AIによるアーティストの置き換えを支援するのと同義だ」としている[28][29]

設立母体 編集

レーベル 編集

現在、ユニバーサルミュージックは、ジャンル別に以下のレーベルからそれぞれ商品を発売している。本項目では、メディアなどが使用している代表的な読み方を記述する。以下に記す規格品番コンパクトディスク(12cm CD)の場合。DVDやブルーレイディスク(BD)など他媒体の場合は3文字目の"C"の部分が変わる。

邦楽 編集

Polydor Records 編集

2023年にユニバーサルJから分割された(実質的なポリドールの復活)。
2002年6月にユニバーサル(旧ユニバーサルビクター)とポリドールとキティMMEを吸収・分割した後、ユニバーサルやポリドールの流れを汲む。
規格品番はUPCHPOCS(2015年以降の福山雅治の作品のみ。制作をアミューズ、発売元と販売元を同社が各々担当。2000年以降の作品ではUUCHが割り振られている)。
  • Perfume Records - Perfumeのプライベートレーベル。規格品番はUPCP
  • ASSE!! Records - HYのプライベートレーベル。
  • 歌姫レコード - 中森明菜のプライベートレーベル。2014年にユニバーサルシグマから移管。

UJ 編集

2023年にユニバーサルJから分割された。Johnny's Universe、Over The Topの2レーベルとTravis Japan専用の部署であるProject TJが集約される[30]
  • Johnny's Universe - 2018年設立[31]SMILE-UP.(旧:ジャニーズ事務所)とユニバーサルミュージックによって共同で運営されているKing & Princeのプライベートレーベル。2022年までユニバーサルJ傘下のレーベルだった。規格品番はUPCJ
  • Over The Top - 2020年発足。2024年にTop J Recordsから改称[32]Sexy Zoneのプライベートレーベル(SMILE-UP.とユニバーサルミュージックの共同運営)。SMILE-UP.のグループ会社であるグルーヴ・ミュージックカンパニー(旧:ジャニーズ・ミュージックカンパニー)がレーベルの母体であり、同社が作品の原盤権および著作権を管理している。規格品番はJMCT(2020年〜2023年)→OVCT(2024年〜)。
  • Project TJ - 2022年に新設された[33]。Travis Japanが契約しているアメリカのレーベルCapitol Recordsと連携を図るための部署とされている。規格品番はUPCC

ユニバーサルシグマ 編集

2004年にユニバーサルJから分割された。かつて存在した邦楽セクション旧キティMMEの流れを汲む。
規格品番はUMCK

Virgin Music 編集

規格品番はTYCT及びUICV
EMI RとDelicious Deli Recordsが併合されて設立された(EMI RはVirgin Recordsに引き継がれ、両レーベルとも2016年末までVirgin Music直下のレーベルとして存続していた)。

EMI Records 編集

規格品番はUPCH
EMIミュージック・ジャパン時代に存在していたCapitol Musicの吸収に伴い改組したEMI Records Japan EMI Jと、旧ポリドールの流れを汲むNAYUTAWAVE RECORDSが併合されて設立された。
統合前の主力レーベルだった『EMI』の名と同レーベルの基盤を残したものである。
Mrs.GREEN APPLEや、松任谷由実などが所属している。
  • EASTWORLD
  • Mercury Tokyo
  • holo-n - ホロライブとEMI Recordsの共同運営レーベル[27]

USMジャパン 編集

  • USM JAPAN(ユー・エス・エム・ジャパン) - インターナショナルの邦楽部門。森山直太朗柴咲コウなどが所属。その他は、主にコンピレーション・旧譜の発売が中心。規格品番はUPCY(旧譜の再発、コンピレーション盤中心)、UICZ(新譜中心)。

Lighthouse Music 編集

演歌・歌謡曲などの「大人ミュージック」レーベル。2020年3月「Prime Music」より改称。規格品番はUPCY
  • Sakurastar Records - 旧EMI系。旧東芝EMI時代まで存在していた東芝レコードレーベルの後継となる演歌・歌謡曲専門レーベル。坂本冬美らが所属。
  • EXPRESS - 旧EMI系。

BE-U 編集

2022年年発足。SKY-HI主宰の芸能事務所「BMSG」との共同レーベル[35]。所属アーティストはMAZZELREIKO。規格品番はUMCB

UNIVERSAL MUSIC IST 編集

2022年発足。ISTエンターテインメントとユニバーサルミュージックの共同レーベル。THE BOYZのプライベートレーベル。規格品番はUCCS

販売委託・受託レーベル 編集

自己保有の作品を他社に販売(流通)委託しているもの 編集
他社保有の作品でユニバーサルミュージックとして販売(流通)を請け負っている(受託している)もの 編集
販売受託終了レーベル 編集

過去に存在・提携したレーベル 編集

洋楽 編集

  • UNIVERSAL INTERNATIONAL(ユニバーサル・インターナショナル)
  • Def Jam Recordings(デフ・ジャム・レコーディングス)

クラシック・ジャズ 編集

  • UNIVERSAL CLASSICS & JAZZ(ユニバーサル・クラシックス・アンド・ジャズ)
    • UNIVERSAL CLASSICS(ユニバーサル・クラシックス)
    • UNIVERSAL JAZZ(ユニバーサル・ジャズ)
    • UCJジャパン - 2008年設立。「ユニバーサル クラシックス&ジャズ」 の国内制作専門となる下部レーベル。国内外を問わず従来の音楽ジャンルにとらわれない日本企画による制作に特化し、日本発の音楽作品を世界市場へ向けて積極的に発表していくことを目標に掲げたレーベル[37]

音楽レーベル以外の事業 編集

ユニバーサル・ミュージック・パブリッシング 編集

ユニバーサル・ミュージック・パブリッシング・グループの日本法人として、国内外の楽曲の音楽著作権を管理する音楽出版事業を行う。社長はジョニー・トンプソン[38][39]

ユニバーサル ミュージック アーティスツ 編集

ユニバーサル ミュージック ジャパン傘下の芸能事務所として、日本のアーティスト及びタレント並びにスポーツ選手らのマネジメントを行う。社長は楮本昌裕。

オフィスオーガスタ 編集

ユニバーサル ミュージック ジャパン傘下の芸能事務所。2016年12月28日より、ユニバーサル ミュージック ジャパンに全株式を譲渡し戦略的提携を締結している。

DRC 編集

オフィスオーガスタとユニバーサル ミュージック ジャパンが共同出資し、2020年1月1日にセブンダイヤルズからDRCへと組織変更。社長は小泉直也。ユニバーサル ミュージック ジャパンの子会社として、アーティストのグッズの企画および製作、ファンクラブ運営、ECサイト運営、ウェブ・デザインなどのマーチャンダイジング事業を行う。

UNIVERSAL MUSIC CREATIVE 編集

ユニバーサル ミュージック ジャパンが保有する有形無形の社内資産を活用し、他社のマーケティング活動やブランド価値の向上のために社内の各部署を横断してソリューションを提案する法人向けの事業部門。2023年1月1日にDRC内のUMG FOR BRANDSに統合され廃止[40]

UNIVERSAL D 編集

ユニバーサル ミュージック ジャパン内の受託販売部門。ポリグラム時代から、小規模レーベルやインディーズレーベルの全国委託販売を積極的に手がけている。

VMLAS Japan 編集

インディーズ・レーベル・アーティストの販売や宣伝、広告、流通などを支援する、ユニバーサル ミュージック グループ傘下の流通業者「Virgin Music Label & Artist Services(ヴァージンミュージックレーベル&アーティストサービス)」の国内部門。国内レーベルであるVirgin Musicとは別に独立運営される。

ポリドール映像販売会社 編集

ユニバーサルミュージック(旧ポリドールK.K.系)内のビデオソフト企画・発売部門。名称に販売会社とあるが法人格はなく、ユニバーサルミュージック内に置かれた部門である。テレビ番組(NHK・TBS系で制作された作品および旧作のテレビアニメが多い)、映画お笑いなどのオリジナルビデオなど、ミュージックビデオではないソフトを取り扱う。ポリドールK.K.時代からポリグラム株式会社が販売元であったため、「PolyGram Video」のロゴが使われた。ポリグラムが現社名へ変更後はユニバーサルミュージックとしてのUNIVERSALロゴを使用している。

1990年代にはキッズステーションで、タッチなど旧作テレビアニメのビデオソフトを通信販売する60秒のテレビCMを放映していた。これはキティ・フィルムの母体であったキティ・エンタープライズが1995年にポリグラム傘下となり、販売元がポリグラム映像販売会社(ポリグラムK.K.)へ移行した関係による。一方、キティ・エンタープライズから切り離された本業のキティ・フィルムは映像ソフト会社としてファイブ・エース(5-ACE)を別に有していたため、現在もキティ・フィルムがビデオ化権利を保有する作品は同社から発売されている。

日本ではNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(旧ジェネオン、パイオニアLDC)が発足すると、同じUNIVERSALロゴを使用してビデオソフトを発売しているため、規格番号や記載されている発売元社名を確認する方法でしか見分けがつかない為に販売現場では取り間違えなどのトラブルを起こすこともあった。但し、ユニバーサル映画が100周年を記に地球儀のロゴマークを新しく改定して以降、旧ロゴを未だに使うユニバーサルミュージックと見分けがつくようになった。

開発本部 編集

通販やパートワークなど特販ルートに向けた制作・販売および新規サービスの開発を行う部門。

在籍アーティスト 編集

所属年は東芝EMI → EMIミュージック・ジャパン所属時のものも含む。

邦楽アーティスト 編集

Polydor Records 編集

UJ 編集

ユニバーサルシグマ 編集

EMI Records 編集

Virgin Music 編集

e-SUM RECORDS 編集

USMジャパン 編集

UNIVERSAL MUSIC IST 編集

UNIVERSAL GEAR 編集

Reiny Records 編集

  • Rei(2018年〜)

soshina 編集

  • 粗品(2021年〜、自主レーベル"soshina"所属)

Lighthouse Music 編集

UNIVERSAL MUSIC 編集

UNIVERSAL INTERNATIONAL 編集

  • KARA(2010年〜2015年、2022年〜)(International 2、活動休止前はユニバーサルシグマ → EMI Recordsに所属)
  • MAZZEL(2023年〜)(BE-U)
  • REIKO(2023年〜)(BE-U)

クラシック&ジャズ アーティスト 編集

ユニバーサル・ジャズ 編集

ユニバーサル・クラシックス 編集

旧所属アーティスト 編集

コンピレーションアルバム・サウンドトラック 編集

備考 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ NBCユニバーサルは後ろの部分を使用しているのに対し、ユニバーサルミュージックは冒頭の部分を使用している。
  2. ^ 厳密にはEMIミュージック・ジャパンに存在していたレーベルの復活である。
  3. ^ 2018年1月3日に旧譜51タイトルが再発売されているが、大半のシングルや映像作品全カタログはソニーとの原盤供給契約満了時に生産中止となっている。またオーガスタレコードから発売されたkokuaの「Progress」は、原盤権がオフィスオーガスタからアリオラジャパンへ移管されており、アリオラジャパンのカタログとして今現在も残されている。
  4. ^ 所属レーベルは米国のCapitol Records
  5. ^ ソロ作品のリリースは2008年から。
  6. ^ EMIミュージック・ジャパン在籍時代は「Utada」名義で洋楽部門に所属していたが、活動休止中の2013年、吸収合併を受けて邦楽部門に加入したため、現在の名義に統一。
  7. ^ 2012年度後半以降には業務提携先・アニプレックスからもリリース。
  8. ^ ザ・ハイロウズとしての事実上の最終リリースであるベスト盤はBMG JAPAN(現:Ariola Japan)より発売。
  9. ^ かつては日本コロムビアにも委託していた。

出典 編集

  1. ^ 「レコードの一世紀・年表 森本敏克編(沖積舎発行 1980)
  2. ^ ユニバーサル シグマに新たな邦楽レーベル“A&M”を導入”. ユニバーサルミュージック合同会社 (2004年6月18日). 2024年1月9日閲覧。
  3. ^ USMジャパンを1月1日付で「ユニバーサル ストラテジック マーケティング ジャパン」と改名 石井由里 新マネージング・ディレクターの下、企画・制作力をさらに強化”. ユニバーサルミュージック合同会社 (2007年12月21日). 2021年5月5日閲覧。
  4. ^ ユニバーサル ミュージック株式会社 新レーベル設立のお知らせ”. ユニバーサルミュージック合同会社 (2008年10月16日). 2024年1月9日閲覧。
  5. ^ ユニバーサル、「ユニバーサルシグマ」内に新レーベルを設立”. Musicman (2010年4月20日). 2024年1月9日閲覧。
  6. ^ ユニバーサル、海外輸出を視野に入れた新レーベルを設立”. Musicman (2010年11月26日). 2024年1月9日閲覧。
  7. ^ ユニバーサル、1/1付人事異動等発表 | Musicman-NET
  8. ^ EMI Musicのレコード部門の買収完了について(2012年10月1日)
  9. ^ 役員人事のお知らせ(2012年12月26日)
  10. ^ 株式会社EMIミュージック・ジャパン 吸収合併のお知らせ(2013年3月11日)
  11. ^ ユニバーサル、4/1付組織変更および人事異動を発表”. Musicman (2013年3月11日). 2024年1月9日閲覧。
  12. ^ ウォール・ストリート・ジャーナル 2013年2月8日付記事 に掲載。
  13. ^ ユニバーサル ミュージック社長人事に関するお知らせ(2013年11月13日)
  14. ^ ユニバーサル、1/1付組織変更および人事異動を発表”. Musicman-NET (2013年12月13日). 2020年1月6日閲覧。
  15. ^ ユニバーサル、4/15付組織変更および人事異動を発表”. Musicman-NET (2014年4月14日). 2014年10月18日閲覧。
  16. ^ ユニバーサル 2017/1/1付組織変更および役員人事発表、楮本昌裕氏が執行役員に就任”. Musicman (2016年12月19日). 2022年11月29日閲覧。
  17. ^ “ヒップホップジャンルに特化したメディア「HIP HOP DNA」オープン!”. PR TIMES (株式会社PR TIMES). (2018年4月11日). https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000001311.000000664.html 2021年1月29日閲覧。 
  18. ^ 子会社の社名変更に関するお知らせ(2018年10月31日)
  19. ^ コーポレートロゴマークの変更について(2019年12月26日)
  20. ^ ブルースシンガー HORIKEN、デビューシングル「徒花は咲いたか」3月18日、Lighthouse Musicから発売!』(プレスリリース)ユニバーサルミュージック合同会社(PR TIMES)、2020年3月12日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001388.000000664.html2020年5月10日閲覧 
  21. ^ “ユニバーサル ミュージック、よしもとミュージックとの共同音楽レーベル「YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.」設立 第1弾はナインティナイン矢部浩之のデビュー楽曲”. Musicman. (2021年10月4日). https://www.musicman.co.jp/business/430124 2021年10月5日閲覧。 
  22. ^ “ナイナイ矢部浩之のデビュー曲配信リリース決定、オールナイトニッポン歌謡祭で初歌唱”. 音楽ナタリー. (2021年10月8日). https://natalie.mu/music/news/448424 2021年11月11日閲覧。 
  23. ^ a b 株式会社よしもとミュージックのCD/DVD商品の営業・流通業務の委託について”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2021年6月23日). 2021年6月30日閲覧。
  24. ^ ユニバーサル ミュージック、1/1付の役員人事および組織変更と人事異動を発表”. Musicman (2022年12月26日). 2023年3月25日閲覧。
  25. ^ ありがとうスピッツ、20年ぶりに復活したPolydor Recordsが感謝の新聞広告”. 音楽ナタリー (2023年3月25日). 2023年3月25日閲覧。
  26. ^ spitz30th_UMのツイート(1639416844531666945)
  27. ^ a b ユニバーサル ミュージックとホロライブプロダクションが共同レーベル「holo-n」設立”. BARKS. 2023年7月9日閲覧。
  28. ^ https://wired.jp/article/tiktok-universal-music-group-umg-remove-songs/
  29. ^ https://www.universal-music.co.jp/press-releases/2024-02-02/
  30. ^ ユニバーサル ミュージック、1/1付の役員人事および組織変更と人事異動を発表”. Musicman (2022年12月26日). 2023年10月26日閲覧。
  31. ^ ユニバーサル 1/18付組織変更と人事異動を発表、新レーベル「Johnnys’ Universe」を設立”. Musicman (2018年1月18日). 2021年7月15日閲覧。
  32. ^ 「Top J Records」名称変更に伴う商品出荷に関するご案内”. Top J Records (2023年12月27日). 2023年12月27日閲覧。
  33. ^ ユニバーサル ミュージック、1/1付組織変更および人事異動を発表”. Musicman (2023年12月22日). 2023年12月24日閲覧。
  34. ^ “更なる日本活動に期待!CUBE、UNIVERSAL MUSIC JAPANと新レーベル「U CUBE」設立”. Kstyle. (2018年11月23日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2105557 2021年10月16日閲覧。 
  35. ^ SKY-HI主宰「BMSG」、ユニバーサルミュージックとの合同レーベル設立 第1弾アーティストは8人組グループ・MAZZEL”. オリコン (2022年11月22日). 2023年5月23日閲覧。
  36. ^ 『UNIVERSAL-W』 誕生!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2015年12月21日). 2021年10月16日閲覧。
  37. ^ 『UCJジャパン』 を設立”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2023年12月13日閲覧。
  38. ^ ユニバーサル、3/1付役員人事を発表”. Musicman. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2020年3月3日). 2023年4月25日閲覧。
  39. ^ カツラギヒロコ (2021年1月21日). “ボブ・ディラン、全楽曲の音楽著作権をユニバーサルへ売却の衝撃”. ORICON NEWS. オリコン. 2023年4月25日閲覧。
  40. ^ ユニバーサル ミュージック、1/1付の役員人事および組織変更と人事異動を発表”. Musicman. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2022年12月26日). 2023年4月22日閲覧。
  41. ^ “AKB48が約15年在籍したキングレコードからユニバーサルミュージックに移籍 4月26日に新曲”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年2月27日). https://hochi.news/articles/20230227-OHT1T51239.html?page=1 2023年2月28日閲覧。 
  42. ^ shallm、ドラマ『女子高生、僧になる。』OP主題歌でメジャーデビュー”. BARKS. 2023年8月30日閲覧。
  43. ^ GARNiDELiAは、株式会社ポニーキャニオンへ、レーベル移籍しましたことをご報告致します。(@GARNiDELiA)”. Twitter. 2021年5月1日閲覧。

関連項目 編集

以下、かつての姉妹企業

外部リンク 編集