メインメニューを開く

ユニバーシアード柔道競技(ユニバーシアードじゅうどうきょうぎ)は、1967年の東京大会で初採用され、その後1985年の神戸大会、1995年の福岡大会と開催される。1999年のパルマ・デ・マヨルカ大会以降は2005年のイズミル大会を除いて毎回開催されるようになった。この大会は個人戦と団体戦が設けられている[1]

実施階級編集

個人戦
男子
55〜60 kg 60〜66 kg 66〜73 kg 73〜81 kg 81〜90 kg 90〜100 kg 100kg 超  無差別
女子
44〜48 kg 48〜52 kg 52〜57 kg 57〜63 kg 63〜70 kg 70〜78 kg 78kg 超  無差別
団体戦
男子
66 kg 以下 66〜73 kg 73〜81 kg 81〜90 kg 90kg 超
女子
52 kg 以下 52〜57 kg 57〜63 kg 63〜70 kg 70kg 超

歴代優勝者編集

男子の歴代金メダリスト編集

歴代優勝者
63kg以下級 70kg以下級 80kg以下級 93kg以下級 93kg超級 無差別
1 1967年  園田義男  山崎祐次郎  園田勇  二宮和弘  西村昌樹  篠巻政利
60kg以下級 65kg以下級 71kg以下級 78kg以下級 86kg以下級 95kg以下級 95kg超級 無差別
2 1985年  パク・ハギョン  尹容勃  吉鷹幸春  趙亨洙  ビクトル・ポドゥブニー  河亨柱  ファン・ジェキル  正木嘉美
3 1995年  金赫  鄭世勲  中村兼三  窪田和則  田辺勝  ユーリ・ステプキン  真喜志慶治  増地克之
60kg以下級 66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 100kg以下級 100kg超級 無差別
4 1999年  ヤシヌ・ドゥマ  小見川道浩  ハリウム・ボルドバータル  エドウィン・ステリンハ  キース・モーガン  ペドロ・ソアレス  棟田康幸  アレクサンドル・ルング
5 2001年  内柴正人  マゴメド・ジャファロフ  エガムナザル・アクバロフ  クォン・ヨンウ  ヨスバニ・デスパイネ  鈴木桂治  デニス・ファンデルヘースト  蒋盛晧
6 2003年  小川武志  寺居高志  李元熹  クォン・ヨンウ  泉浩  ジョルジェ・コストラーンチ  アブドゥロ・タングリエフ  アブドゥロ・タングリエフ
7 2007年  趙南錫  ラミル・ガジモフ  大束正彦  グリゴール・シンジカシビリ  フルシド・ナビエフ  穴井隆将  金聖氾  石井慧
8 2009年  ジェロエン・モーレン  海老沼匡  王己春  ラミン・グルバノフ  ドミトリー・ゲラシメンコ  シリル・マレ  ルーク・ベルビイ  金成民
9 2011年  金源鎮  ファン・ボベ  デニス・ヤルツェフ  川上智弘  アブドゥル・オマロフ  羽賀龍之介  金洙完  金成民
10 2013年  木戸慎二  高上智史  王己春  永瀬貴規  郭同韓  ルカシュ・クルパレク  チョ・グハム  ルカシュ・クルパレク
11 2015年  金源鎮  アン・バウル  安昌林  ハサン・ハルムルザエフ  郭同韓  チョ・グハム  原沢久喜  上田轄麻
12 2017年  藤阪泰恒  アン・バウル  立川新  イ・スンス  郭同韓  ゼリム・コツォイエフ  影浦心  太田彪雅
66kg以下級 73kg以下級 81kg以下級 90kg以下級 90kg超級 無差別
13 2019年  デニス・ビエル  エフゲニー・プロコプチュク  友清光  ヨハネス・パッヒャー  ルスラン・シャフバゾフ  ガリムジャン・クリクバイ

女子の歴代金メダリスト編集

歴代優勝者
48kg以下級 52kg以下級 56kg以下級 61kg以下級 66kg以下級 72kg以下級 72kg超級 無差別
1 1995年  田村亮子  何吉  ドリュリス・ゴンサレス  鄭成淑  曹敏仙  吉田早希  ダイマ・ベルトラン  阿武教子
48kg以下級 52kg以下級 57kg以下級 63kg以下級 70kg以下級 78kg以下級 78kg超級 無差別
2 1999年  長井淳子  レグナ・ベルデシア  ドリュリス・ゴンサレス  ダニエレ・フリーゼマ  シベリス・ベラネス  セリーヌ・ルブラン  袁華  袁華
3 2001年  ダニエスカ・カリオン  セン東妹  ユリスレイディス・ルペティ  ヤン・スジュン  秦東亜  ミケル・ロジャース  袁華  薪谷翠
4 2003年  宝真由美  オドレー・ラリッツァ  ホン・オクソン  マリー・パスケ  ジブリズ・エマヌ  趙壽姫  劉霞  シェ・フヤン
5 2007年  福見友子  ムンフバータル・ブンドゥマー  宇高菜絵  エマヌエル・ペイエ  国原頼子  穴井さやか  トウ文  劉歓縁
6 2009年  浅見八瑠奈  ラウラ・ゴメス  マルゴルザタ・ビエラク  王沁芳  国原頼子  ジェラルディーヌ・メントゥープ  秦茜  張潔
7 2011年  近藤香  ズザンナ・パブリコバスカ  石川慈  エステル・スタム  キム・ポリング  ビクトリア・トゥルクス  秦茜  キム・ジヨン
8 2013年  アレシャ・クズネツォワ  ナタリア・クジュティナ  ケトレイン・クアドロス  マエル・ディシンティオ  黄藝瑟  ヨー・アビゲール  ロセレ・ヌネス  イダリス・オルティス
9 2015年  鄭普涇  内尾真子  ドルジスレン・スミヤ  津金恵  金省然  サマ=アワ・カマラ  朝比奈沙羅  キム・ジヨン
10 2017年  梅北眞衣  立川莉奈  ローラ・ベナロシェ  能智亜衣美  バルバラ・ティモ  バレリア・フェラーリ  ハン・ミジン  井上あかり
52kg以下級 57kg以下級 63kg以下級 70kg以下級 70kg超級 無差別
11 2019年  武田亮子  富沢佳奈  幸田奈々  田中志歩  ハン・ミジン  秋場麻優

団体戦優勝国編集

ユニバーシアード及び世界大会双方で優勝した選手編集

階級  優勝選手  国籍 世界大会優勝年
東京大会(1967年) 4名
男子63kg級 園田義男   日本 1969年世界選手権
男子80kg級 園田勇   日本 1969年世界選手権
男子93kg級 二宮和弘   日本 1973年世界選手権
男子無差別 篠巻政利   日本 1969年世界選手権
神戸大会(1985年) 2名
男子95kg級 河亨柱   韓国 1984年オリンピック
男子無差別 正木嘉美   日本 1985年世界選手権
福岡大会(1995年) 8名
男子60kg級 金赫   韓国 1997年世界選手権
男子71kg級 中村兼三   日本 1996年オリンピック
女子48kg級 谷亮子   日本 1993年世界選手権
女子56kg級 ドリュリス・ゴンサレス   キューバ 1995年世界選手権
女子61kg級 鄭成淑   韓国 1995年世界選手権
女子66kg級 曺敏仙   韓国 1993年世界選手権
女子72kg超級 ダイマ・ベルトラン   キューバ 1997年世界選手権
女子無差別 阿武教子   日本 1997年世界選手権
パルマ・デ・マヨルカ大会(1999年) 6名
男子100kg超級 棟田康幸   日本 2003年世界選手権
女子52kg級 レグナ・ベルデシア   キューバ 1993年世界選手権
女子57kg級 ドリュリス・ゴンサレス   キューバ 1995年世界選手権
女子70kg級 シベリス・ベラネス   キューバ 1999年世界選手権
女子78kg級 セリーヌ・ルブラン   フランス 2001年世界選手権
女子72kg超級 袁華   中国 2000年オリンピック
北京大会(2001年) 7名
男子60kg級 内柴正人   日本 2004年オリンピック
男子100kg級 鈴木桂治   日本 2003年世界選手権
男子100kg超級 デニス・ファンデルヘースト   オランダ 2005年世界選手権
女子52kg級 ショウ東妹   中国 2004年オリンピック
女子57kg級 ユリスレイディス・ルペティ   キューバ 2001年世界選手権
女子72kg超級 袁華   中国 2000年オリンピック
女子無差別 薪谷翠   日本 2005年世界選手権
済州島大会(2003年) 4名
男子73kg級 李元熹   韓国 2003年世界選手権
男子90kg級 泉浩   日本 2005年世界選手権
男子100kg超級 アブドゥロ・タングリエフ   ウズベキスタン 2011年世界選手権
男子無差別 アブドゥロ・タングリエフ   ウズベキスタン 2011年世界選手権
女子70kg級 ジブリズ・エマヌ   フランス 2007年世界選手権
バンコク大会(2007年) 5名
男子100kg級 穴井隆将   日本 2010年世界選手権
男子無差別 石井慧   日本 2008年オリンピック
女子48kg級 福見友子   日本 2009年世界選手権
女子57kg級 宇高菜絵   日本 2014年世界選手権
女子78kg超級 佟文   中国 2003年世界選手権
ベオグラード大会(2009年) 3名
男子66kg級 海老沼匡   日本 2011年世界選手権
男子73kg級 王己春   韓国 2007年世界選手権
女子48kg級 浅見八瑠奈   日本 2010年世界選手権
深圳大会(2011年) 1名
男子100kg級 羽賀龍之介   日本 2015年世界選手権
カザニ大会(2013年) 6名
男子73kg級 王己春   韓国 2007年世界選手権
男子81kg級 永瀬貴規   日本 2015年世界選手権
男子90kg級 郭同韓   韓国 2015年世界選手権
男子100kg級 ルカシュ・クルパレク   チェコ 2014年世界選手権
男子100kg超級 チョ・グハム   韓国 2018年世界選手権
男子無差別 ルカシュ・クルパレク   チェコ 2014年世界選手権
女子無差別 イダリス・オルティス   キューバ 2012年オリンピック
光州大会(2015年) 7名
男子66kg級 アン・バウル   韓国 2015年世界選手権
男子73kg級 安昌林   韓国 2018年世界選手権
男子81kg級 ハサン・ハルムルザエフ   ロシア 2016年オリンピック
男子90kg級 郭同韓   韓国 2015年世界選手権
男子100kg級 チョ・グハム   韓国 2018年世界選手権
女子57kg級 ドルジスレン・スミヤ   モンゴル 2017年世界選手権
女子78kg超級 朝比奈沙羅   日本 2017年世界選手権 (無差別)
台北大会(2017年) 2名
男子66kg級 アン・バウル   韓国 2015年世界選手権
男子90kg級 郭同韓   韓国 2015年世界選手権

メダル獲得数の国別一覧編集

順位 国・地域
1   日本 76 25 51 152
2   韓国 44 43 43 130
3   中国 13 7 15 35
4   フランス 12 26 33 71
5   ロシア 12 22 50 84
6   キューバ 9 9 15 33
7   オランダ 7 5 6 18
8   ウズベキスタン 4 5 8 17
9   ブラジル 3 8 25 36
10   モンゴル 3 5 4 12
11   朝鮮民主主義人民共和国 3 3 5 11
12   アゼルバイジャン 3 3 3 9
13   ポーランド 2 6 9 17
14   ルーマニア 2 3 6 10
15   ハンガリー 2 2 9 13
16   チェコ 2 1 6 9
17   ウクライナ 1 4 17 22
18   スペイン 1 4 5 10
19   イギリス 1 3 6 10
20   ジョージア 1 3 4 8
21   イタリア 1 1 11 13
22   カザフスタン 1 1 7 9
23   チャイニーズ・タイペイ 1 1 3 5
24   ポルトガル 1 0 4 5
25   モルドバ 1 0 3 4
26   ソビエト連邦 1 0 3 4
27   カナダ 0 2 2 4
28   エストニア 0 2 0 2
29   ドイツ 0 1 14 15
30   リトアニア 0 1 5 6
31   アルメニア 0 1 4 5
31   トルコ 0 1 4 6
31   アメリカ 0 1 4 5
34   スロバキア 0 1 3 4
35   アルジェリア 0 1 2 3
35   オーストリア 1 0 2 3
35   ベルギー 0 1 2 3
38   ユーゴスラビア 0 1 1 2
39   アルゼンチン 0 1 0 1
39   カメルーン 0 1 0 1
39   クロアチア 0 1 0 1
39   セルビア 0 1 0 1
39   南アフリカ 0 1 0 1
44   ベラルーシ 0 0 5 5
45   ブルガリア 0 0 2 2
45   イラン 0 0 2 2
45   西ドイツ 0 0 2 2
48   ボスニア・ヘルツェゴビナ 0 0 1 1
48   フィンランド 0 0 1 1
48   インドネシア 0 0 1 1
48   セルビア・モンテネグロ 0 0 1 1
48   スイス 0 0 1 1

開催地編集

脚注編集

外部リンク編集