ユフレイズ・ケジラハビ

ユフレイズ・ケジラハビスワヒリ語: Euphrase Kezilahabi1944年4月13日 - 2020年1月9日)は、タンザニアの小説家、詩人、学者[1]

現在のウケレウェ県に生まれた。ボツワナ大学准教授を務め[2]「現代スワヒリ語における美的アンビバレンス」や「アフリカンフィクションにおけるヒーローの概念」などについてスワヒリ語で講義や執筆活動を行った。

著作編集

  • Mzingile - 1991年
  • Nagona - 1990年
  • Karibu Ndani - 1988年
  • Rosa Mistika - 1988年
  • The Concept of the Hero in African Fiction - 1983年

脚注編集

  1. ^ http://www.britannica.com/EBchecked/topic/315981/Euphrase-Kezilahabi
  2. ^ http://lang.nalrc.wisc.edu/reports/alta/2003.html