メインメニューを開く

ユリアJulia)は、古代ローマユリウス氏族の女性形。ローマ女性は基本的には氏族名の女性形を名前としたためユリウス氏族に属する女性のでもあった。ユリウス氏族からはユリウス・カエサルおよびアウグストゥスが出て、帝政以降は皇帝の一族がユリウスを名乗ったため、皇族の女性の名前ともなった。現代ではドイツ人やロシア、ウクライナ系の女性に多く見られる。英語ではジュリアとなる。

ユリウス氏族のことをgens Juliaと表記するが、日本語でこれをユリア氏族と読むことは少ない。

歴史上の人物編集

歴史上では以下の女性がいる。

ユリア (ガイウス・マリウスの妻)英語版
ガイウス・マリウスの妻で独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルの叔母。父は孫と同名のガイウス・ユリウス・カエサルで兄は独裁官カエサルの父ガイウス・ユリウス・カエサル。
ユリア (ガイウス・ユリウス・カエサルの姉妹)英語版
独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルには2人の姉妹がおり、区別のために姉を大ユリア、妹を小ユリアとも呼ぶ。このうち妹の小ユリアはマルクス・アティウス・バルブスと結婚し娘アティアをもうけた。この娘アティアはガイウス・オクタウィウスと結婚し、のちに初代ローマ皇帝アウグストゥスとして知られる息子ガイウス・オクタウィウス・トゥリヌス(のち独裁官カエサルの養子となりガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス)の母となった。それゆえ小ユリアはアウグストゥスの祖母にあたる。
ユリア (ガイウス・ユリウス・カエサルの娘)
独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルと最初の妻、ルキウス・コルネリウス・キンナの娘コルネリアとの娘でポンペイウスの妻。
ユリア (アウグストゥスの娘)
初代ローマ皇帝アウグストゥスと2番目の妻スクリボニア英語版の娘。娘のユリアと区別するための大ユリアとも。
ユリア (アグリッパの娘)
マルクス・ウィプサニウス・アグリッパとアウグストゥスの娘ユリアとの娘。母のユリアと区別するために小ユリアとも。
ユリア・アウグスタ
アウグストゥスの妻リウィア・ドルシラがアウグストゥスの死後贈られた名前。
リウィア・ユリア
大ドルスス小アントニアの娘でゲルマニクスクラウディウスの姉妹。
ユリア・ドルシッラ
カリグラの妹。
ユリア・ドムナ
セウェルス朝の人物。
ユリア・フラウィア
フラウィウス朝の人物。