メインメニューを開く

ユリア・ニコラエヴナ・オベルタスロシア語: Юлия Николаевна Обертас, ラテン文字転写: Julia Nikolaevna Obertas, 1984年6月19日 - )は、ウクライナ出身の女性フィギュアスケート選手。2006年トリノオリンピックペアロシア代表。2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権2位。パートナーはセルゲイ・スラフノフアレクセイ・ソコロフドミトリー・パラマルチュク

Pix.gif ユリア・オベルタス
Julia Obertas
Figure skating pictogram.svg
Rus-nat-jo-ss.jpg
2005年ロシア選手権でのオベルタスとスラフノフ
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: (1984-06-19) 1984年6月19日(35歳)
出生地: ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ドニエプロペトロフスク
身長: 154 cm
パートナー: セルゲイ・スラフノフ
元パートナー: アレクセイ・ソコロフドミトリー・パラマルチュク
コーチ: Ludmila Velikova
元コーチ: タマラ・モスクビナ
振付師: Alexander Stiopin
所属クラブ: Yubileini Sport Club
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 177.10 2005欧州選手権
ショートプログラム: 63.59 2005欧州選手権
フリースケーティング: 117.98 2005ロシア杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
欧州選手権
2005 トリノ ペア
世界ジュニア選手権
1998 セントジョン ペア
1999 ザグレブ ペア
2000 オーベルストドルフ ペア
ジュニアグランプリファイナル
1997 ローザンヌ ペア
1998 デトロイト ペア

経歴編集

ウクライナのドニプロペトロウシクに生まれ、5歳のころにスケートを始めた。のちにドミトリー・パラマルチュクとペアを結成し、1997-1998年シーズンより創設されたばかりのISUジュニアシリーズに参戦。JGPファイナルでは初代優勝ペアとなり、世界ジュニア選手権をも制した。翌1998-1999年シーズンもJGPファイナルと世界ジュニア選手権を制し、2シーズン連続のジュニアタイトル2冠を達成する。

1999-2000年シーズンからはシニアクラスのISUグランプリシリーズにも参戦。ISUグランプリシリーズではメダルこそ無かったものの、ネーベルホルン杯では3位と健闘した。3連覇の懸かった世界ジュニアでは、同じウクライナのアリオナ・サフチェンコ&スタニスラフ・モロゾフ組に敗れ2位となる。2度目の出場となった2000年世界選手権ではフリースケーティングのリフトで転倒し棄権。その後ドミトリー・パラマルチュクとのペアを解消した。

2000-2001年シーズンよりアレクセイ・ソコロフと新たにペアを結成し、ロシア所属選手として活動を始めた。2002-2003年シーズンにはグランプリファイナル進出を果たすまでになったが、同シーズン終了後にアレクセイ・ソコロフとのペアを解消、新たにセルゲイ・スラフノフとペアを結成した。

2005年欧州選手権で2位、トリノオリンピックでは8位となる。

2007-2008年シーズンは、NHK杯に出場を予定していたが欠場。

主な戦績編集

大会/年 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07
オリンピック 8
世界選手権 8 7 5 8
欧州選手権 5 4 2 4 4
ロシア選手権 4 4 3 3 3 2 2
GPファイナル 4 4 5
GPNHK杯 4 6
GPエリック杯 3
GPスケートアメリカ 4 2 3
GPロシア杯 5 3 5 2 2
GPスケートカナダ 6
GPボフロスト杯 2 2
ネーベルホルン杯 2
大会/年 1996-97 1997-98 1998-99 1999-00
世界選手権 11 棄権
欧州選手権 7 6 6
世界Jr.選手権 1 1 2
ウクライナ選手権 3 3
GPエリック杯 7
GPスケートカナダ 5
スケートイスラエル 1
ネーベルホルン杯 3
JGPファイナル 1 1
JGPサン・ジェルヴェ 1
JGPウクライナ記念 1 1
JGPブラオエン・シュベルター杯 2

詳細編集

2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 4
57.04
5
99.92
4
156.96
2007年1月4日-7日 ロシアフィギュアスケート選手権モスクワ 3
53.47
2
106.17
2
159.64
2006年11月30日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 5
48.62
6
83.57
6
132.19
2006年11月16日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 3
55.30
3
98.25
3
153.55


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 8
55.60
8
108.56
8
164.16
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 8
60.25
9
106.29
8
166.54
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン 4
62.21
4
111.69
4
173.90
2005年12月16日-18日 2005/2006 ISUグランプリファイナル東京 5
59.28
6
109.92
5
169.20
2005年11月24日-27日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯サンクトペテルブルク 2
57.62
2
117.98
2
175.60
2005年10月20日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカアトランティックシティ 4
54.04
4
106.36
3
160.40


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 6
61.14
5
113.29
5
174.43
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ 2
63.59
2
113.51
2
177.10
2004年12月16日-19日 2004/2005 ISUグランプリファイナル北京 3
60.64
5
112.64
4
173.28
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 2
56.46
2
102.46
2
158.92
2004年10月21日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカピッツバーグ 2
57.58
2
108.68
2
166.26


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 7 7 7
2004年2月2日-8日 2004年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 4 4 4
2003年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 4
55.58
5
103.04
5
158.62
2003年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 5
58.34
7
97.50
6
155.84


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 4 8 8
2003年1月20日-26日 2003年ヨーロッパフィギュアスケート選手権マルメ 4 5 5
2002年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 3 3 3
2002年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ ボフロスト杯ゲルゼンキルヒェン 3 2 2
2002年9月4日-7日 2002年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 2 2 2

外部リンク編集