ユリアーネ・ケーラー

ユリアーネ・ケーラー(Juliane Köhler、1965年8月6日 - )はドイツ女優

ユリアーネ・ケーラー
Juliane Köhler
ユリアーネ・ケーラー Juliane Köhler
2009年
生年月日 (1965-08-06) 1965年8月6日(55歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツゲッティンゲン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
テンプレートを表示

経歴編集

ニーダーザクセン州ゲッティンゲン生まれ。父親は人形劇役者。1985年から1988年までニューヨークでウタ・ハーゲンに師事。同時にH.B.スタジオにも参加。またミュンヘンでダニエラ・グリュックに師事してバレエも学んでいる。1988年ハノーファーのニーダーザクセン州立劇団に所属し、舞台女優としてキャリアを開始。1993年バイエルン州立劇団に転じるが、1997年に映画『Aimée und Jaguar』の撮影スケジュールが遅れて劇団の出し物に出られなくなったために解雇された。1999年からミュンヘン室内劇団に所属している。

映画への出演は1990年代初頭から。1999年の2作、『点子ちゃんとアントン』と『Aimée und Jaguar』で注目を集め、ベルリン映画祭、バイエルン映画賞、連邦映画賞でそれぞれ最優秀女優賞。2001年にはカロリーネ・リンク監督のアカデミー賞受賞作『名もなきアフリカの地で』に主演。さらに2004年、ドイツ映画『ヒトラー 〜最期の12日間〜』では、アドルフ・ヒトラーの愛人(後に妻)であるエファ・ブラウンを演じて話題になった。ドイツ国内のテレビドラマへの出演も多い。2008年にはポール・シュレイダー監督の『Adam Resurrected』に出演した。

娘が2人いる。

主な出演作品編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1999 Aimée und Jaguar リリー
点子ちゃんとアントン
Pünktchen und Anton
ベッティーナ・ポッゲ
2001 名もなきアフリカの地で
Nowhere in Africa
イエッテル・レドリッヒ
2004 ヒトラー 〜最期の12日間〜
Downfall
エヴァ・ブラウン
2008 ベルリン陥落 1945
Anonyma - Eine Frau in Berlin
エルケ 日本劇場未公開
2010 穏やかな暮らし
Una vita tranquilla
レナーテ 日本劇場未公開
2012 誰でもない女
Zwei Leben
カトリーヌ・エーヴェンセン・ミュルダール 日本劇場未公開
2016 ヒトラーに屈しなかった国王
Kongens nei / The King's Choice
ダイアナ・ミュラー

外部リンク編集