ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルト

ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルト(Julius Schnorr von Carolsfeld、1794年3月26日 - 1872年5月24日)はドイツの画家である。19世紀初頭にキリスト教美術の再興を試みた「ナザレ派」の画家の一人である。

ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルト
Julius Schnorr von Carolsfeld
Schnorr Buerkner.jpg
Hugo Bürknerによる肖像画
生誕1794年3月26日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領
ライプツィヒ
死没1872年5月24日
ドイツの旗 ドイツ国
ザクセン王国の旗 ザクセン王国
ドレスデン
運動・動向ナザレ派

略歴編集

ライプツィヒで生まれた。曽祖父のファイト・シュノル(Veit Hans Schnorr von Carolsfeld:1644–1715)が金属加工の分野で功績をあげて爵位を得た家系で, 父親のファイト・シュノル(Veit Hanns Schnorr von Carolsfeld:1764-1841)は画家で、2人の兄、ルートヴィヒ・フェルディナンド・シュノル(Ludwig Ferdinand Schnorr von Carolsfeld:1788-1853)とエドゥアルト・シュノル(Eduard Schnorr von Carolsfeld:1790-1819)も画家であった。父親から、美術教育を受けた後、1811年にウィーン美術アカデミーに入学した。後にシュノルが加わる「ナザレ派」の初期メンバーのヨハン・フリードリヒ・オーファーベックフランツ・プフォルは、1810年に美術アカデミーの教育に反抗して、アカデミーを去ってローマに移っていた。ウィーンでは、後にナザレ派に加わるフェルディナント・オリヴィエ(1785–1841) と親しくなった。1817年に「ナザレ派」(聖ルカ兄弟団)のメンバーとなり、オリヴィエとオリヴィエの弟、フリードリヒ・オリヴィエザルツブルクの近くで風景画を描く旅をして、ナザレ派が活動していたローマに至り、ローマには数年滞在した。

1825年にはドイツに帰国した。1827年にバイエルン王ルートヴィヒ1世によってミュンヘン美術院の教授に任じられた。同じ年、フェルディナント・オリヴィエの義理の娘、Marie Hellerと結婚した。子供にオペラ歌手のルートヴヒ(Ludwig Schnorr von Carolsfeld)や王立バイエルン邦有鉄道のディレクターとなったカール・シュノル(Karl Schnorr von Carolsfeld:1830-1895)がいる。

1842年にプール・ル・メリット勲章を受勲した。1846年にドレスデンの美術学校の教授となった。

作品編集

参考文献編集

  • Franz Schnorr von Carolsfeld: Schnorr von Carolsfeld, Julius. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 32, Duncker & Humblot, Leipzig 1891, S. 182–189.
  • Eva Hoffmann-Aleith: Leuchtende Stunde – Die Jugend des Malers Julius Schnorr von Carolsfeld, Evangelische Verlagsanstalt, Berlin 1984
  • Herwig Guratzsch: Julius Schnorr von Carolsfeld 1794–1872. [Ausstellungen im Museum der Bildenden Künste Leipzig vom 26. März bis 23. Mai 1994 und in der Kunsthalle Bremen vom 5. Juni bis 31. Juli 1994]. Leipzig: Ed. Leipzig, 1994, ISBN 3-3610-0421-7
  • Klaus-Gunther Wesseling: SCHNORR von CAROLSFELD, Julius Veit Hans. In: Biographisch-Bibliographisches Kirchenlexikon (BBKL). Band 9, Bautz, Herzberg 1995, ISBN 3-88309-058-1, Sp. 588–593.
  • Michael Teichmann: Julius Schnorr von Carolsfeld (1794–1872) und seine Ölgemälde. Monographie und Werkverzeichnis. Frankfurt am Main: Lang, 2001 (Europäische Hochschulschriften: Kunstgeschichte; 387), ISBN 3-6313-7800-9
  • Sabine Fastert: Schnorr v. Carolsfeld, Julius. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 23, Duncker & Humblot, Berlin 2007, ISBN 978-3-428-11204-3, S. 341–343 (Digitalisat).
  • Jochen Birkenmeier (Hrsg.): Die Bibel in Bildern. Zeichnungen von Julius Schnorr von Carolsfeld [Ausstellung im Lutherhaus Eisenach vom 30. April bis 31. Juli 2016]. Eisenach 2016 (Veröffentlichungen der Stiftung Lutherhaus Eisenach 2), ISBN 978-3-9818078-0-6