メインメニューを開く

ユリス・ライザンスJuris Laizāns1979年1月6日)は、ラトビアリガ出身での元サッカー選手。元同国代表。現役時代のポジションはMF

ユリス・ライザンス Football pictogram.svg
Juris Laizans 2011.jpg
名前
ラテン文字 Juris Laizāns
基本情報
国籍  ラトビア
生年月日 (1979-01-06) 1979年1月6日(40歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦リガ
身長 184cm
体重 85kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1998-2013[1] ラトビアの旗 ラトビア 113 (15)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

クラブ編集

1997年、ラトビアの強豪スコントFCでプロキャリアをスタートさせた。初期はサイドバックを務めていたが、途中でミッドフィールダーにコンバートされた。2001年、PFC CSKAモスクワへ移籍。1年目からレギュラーとして出場し、2002年にはラトビア年間最優秀選手賞に選出されたが、その後は徐々に出場機会が減っていき、2005年にはFCトルペド・モスクワへレンタル移籍をした。以後ロシアとラトビアのクラブに属して、2014年4月、スコントFCを退団して引退した[2]

代表編集

所属クラブ編集

脚注編集