ユリック・ド・バーグ (初代クランリカード侯爵)

初代クランリカード侯爵ユリック・ジョン・ド・バーグ英語: Ulick de Burgh, 1st Marquess of Clanricarde KP PC1802年12月20日1874年4月10日)は、イギリスの貴族、政治家、外交官。

アルフレ・ドルセ英語版による肖像画、1847年。

生涯編集

第13代クランリカード伯爵ジョン・トマス・ド・バーグ英語版とエリザベス・バーク(Elizabeth Burke、1764年頃 – 1854年3月26日、初代準男爵サー・トマス・バークの息子として、1802年12月20日にハンプシャーのベルモント(Belmont)で生まれた[1]。1808年7月27日に父が死去すると、クランリカード伯爵位を継承した[1]。1820年10月16日にオックスフォード大学クライスト・チャーチに入学した[2]

1825年4月に首相ジョージ・カニングの娘と結婚[1]、その影響力により同年11月26日にアイルランド貴族であるクランリカード侯爵[3]、1826年12月13日に連合王国貴族であるケントにおけるサマーヒルのサマーヒル男爵に叙された[1][4](ただし、ド・バーグ家はこの叙爵から2世紀前にサマーヒルの地所を手放している[1])。同1826年から1827年にカニングが死去するまで外務省政務次官英語版を務めた[1][5]

カニングの死後、カニング派トーリー党からホイッグ党に転じ[1]グレイ伯爵内閣期の1830年から1834年まで国王親衛隊隊長を務め[1]、1830年12月1日に枢密顧問官に任命され[1][6]、1831年10月19日に聖パトリック勲章を授与された[1][7]。1831年10月7日にゴールウェイ統監英語版に任命され、以降1874年に死去するまで務めた[8]。1834年、第2代カニンガム侯爵フランシス・カニンガム郵政長官英語版に任命されたため、クランリカード侯爵は内閣に軽んじられたと感じて国王親衛隊隊長を辞任した[5]

1838年から1841年まで在ロシアイギリス特命全権大使英語版を務めた後、第1次ラッセル内閣英語版期の1846年から1852年まで郵政長官を務めた[1]。第1次ラッセル内閣期におけるジャガイモ飢饉の対処では救済措置を実施を強く主張した[5]

続くアバディーン伯爵内閣英語版に入閣せず、1854年のクリミア戦争をめぐる弁論では反ロシア論者として参戦を主張した[5]第1次パーマストン子爵内閣英語版にも最初は入閣しなかったが、1857年末に首相の第3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプルから入閣を打診され[5]、翌年2月に3週間ほど王璽尚書を務めた[1]

1826年から1874年まで貴族院に議席を有し、自由主義者(ホイッグ党員)として頻繁に演説した[5]

1874年4月10日、メイフェアストラットン・ストリート英語版17号で死去、次男ヒューバート・ジョージ英語版が爵位を継承した[1]

家族編集

1825年4月4日、ハリエット・カニング(Harriet Canning、1804年4月13日 – 1876年1月8日、首相ジョージ・カニング初代カニング女子爵ジョーン・カニングの娘)と結婚[1]、2男5女をもうけた[9]

多くの愛人を抱え、爵位を継承した息子ヒューバートは1876年に「庶子の数はどうも無限のようだった」(an apparently unlimited number of illegitimate children)とこぼした[5]。1855年にはウィリアム・ヘンリー・ハンドコック(William Henry Handcock)の妻キャサリン・ジョセフィン(Catherine Josephine)との間で不倫関係を持ち、庶子ジョン・ドラクール(John Delacour、1841年 – ?)をもうけたとしてハンドコック家の遺産継承裁判に巻き込まれたが、オックスフォード英国人名事典はドラクールが生まれた時期、クランリカード侯爵が(在ロシア大使として)サンクトペテルブルクに滞在していたため、ドラクールがクランリカード侯爵の実子である可能性は低いとしている[5]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 237–238.
  2. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Alumni Oxonienses 1715-1886 (A to D) (英語). 1. Oxford: University of Oxford. p. 193.
  3. ^ "No. 18182". The London Gazette (英語). 8 October 1825. pp. 1816–1817.
  4. ^ "No. 18259". The London Gazette (英語). 17 June 1826. p. 1478.
  5. ^ a b c d e f g h McDowell, R. B.; Matthew, H. C. G. (8 October 2009) [2004]. "Burgh, Ulick John de, first marquess of Clanricarde". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/37245 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  6. ^ "No. 18753". The London Gazette (英語). 3 December 1830. p. 2537.
  7. ^ "No. 18863". The London Gazette (英語). 21 October 1831. p. 2167.
  8. ^ Sainty, John Christopher (September 2005). "Lieutenants and Lords-Lieutenants (Ireland) 1831-". Institute of Historical Research (英語). 2018年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月21日閲覧
  9. ^ "Clanricarde, Marquess of (I, 1825 - 1916)". Cracroft's Peerage (英語). 2020年10月21日閲覧

外部リンク編集

公職
先代
フランシス・カニンガム卿
ハワード・ド・ウォルデン男爵英語版
外務省政務次官英語版
1826年 – 1827年
同職:ハワード・ド・ウォルデン男爵英語版
次代
ハワード・ド・ウォルデン男爵英語版
先代
マクルズフィールド伯爵英語版
国王親衛隊隊長
1830年 – 1834年
次代
ゴスフォード伯爵英語版
先代
セント・ジャーマンズ伯爵英語版
郵政長官英語版
1846年 – 1852年
次代
ハードウィック伯爵英語版
先代
ハロービー伯爵英語版
王璽尚書
1858年
外交職
先代
ダラム伯爵(正式)
ジョン・ラルフ・ミルバンク(暫定)
在ロシアイギリス特命全権大使英語版
1838年 – 1841年
次代
ステュアート・ド・ロスシー男爵英語版
名誉職
新設官職 ゴールウェイ統監英語版
1831年 – 1874年
次代
クロンブロック男爵英語版
アイルランドの爵位
爵位創設 クランリカード侯爵
1825年 – 1874年
次代
ヒューバート・ド・バーグ=カニング英語版
先代
ジョン・トマス・ド・バーグ英語版
クランリカード伯爵
1808年 – 1874年
イギリスの爵位
爵位創設 サマーヒル男爵
1826年 – 1874年
次代
ヒューバート・ド・バーグ=カニング英語版