ユルゲン・クリンスマン

ドイツのサッカー選手

ユルゲン・クリンスマンJürgen Klinsmann, 1964年7月30日 - )は、西ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ゲッピンゲン出身の元サッカー選手サッカー指導者ポジションセンターフォワード

ユルゲン・クリンスマン Football pictogram.svg
2019-06-11 Fußball, Männer, Länderspiel, Deutschland-Estland StP 2039 LR10 by Stepro-2.jpg
2019年のクリンスマン
名前
愛称 黄金の隼、クリンスィー
ラテン文字 Jürgen Klinsmann
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1964-07-30) 1964年7月30日(56歳)
出身地 ゲッピンゲン
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1984 ドイツの旗 シュトゥットガルター・キッカーズ 61 (22)
1984-1989 ドイツの旗 シュトゥットガルト 156 (79)
1989-1992 イタリアの旗 インテル 123 (40)
1992-1994 モナコの旗 モナコ 65 (29)
1994-1995 イングランドの旗 トッテナム 41 (21)
1995-1997 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 65 (31)
1997-1998 イタリアの旗 サンプドリア 8 (2)
1997-1998 イングランドの旗 トッテナム 15 (9)
2003 アメリカ合衆国の旗 オレンジ・カウンティ 8 (5)
通算 514 (232)
代表歴
1980-1981  西ドイツ U-16 3 (0)
1984-1985  西ドイツ U-21 8 (3)
1987-1988  西ドイツ U-23 14 (8)
1987-1990  西ドイツ 26 (7)
1990-1998  ドイツ 82 (40)
監督歴
2004-2006 ドイツの旗 ドイツ
2008-2009 ドイツの旗 FCバイエルン・ミュンヘン
2011-2016 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2019-2020 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

2011年から2016年までアメリカ合衆国代表監督を務めた。2006年に開催されたFIFAワールドカップドイツ大会ではドイツ代表監督を務めた。ライフキネティックを取り入れたことでも知られる[1]

経歴編集

クラブ編集

 
VfBシュトゥットガルト時代のクリンスマン。写真はUEFAカップ1988-89準決勝、1.FCディナモ・ドレスデン戦。

1978年西ドイツのクラブチーム・SVシュトゥットガルター・キッカーズに入団してキャリアをスタート。1984年VfBシュトゥットガルトへ移籍し、1987-88シーズンには得点王を獲得。

1989年にはセリエAインテル・ミラノへ移籍し、3シーズンプレーした。1989年8月23日、コッパ・イタリアのスペツィア戦で移籍後初ゴール、9月13日ボローニャ戦でセリエA初ゴールを決め、11月5日のエラス・ヴェローナ戦でセリエA移籍後初のハットトリックを達成した。初年度は13ゴール、二年目は14ゴールを記録、UEFAカップの優勝にも貢献したが、1991-92シーズンはミラノダービーではゴールを決めたが、リーグ戦では7得点[2]、チームは8位に終わった。インテルでは通算123試合40ゴールの成績を残した[2]。1992-93シーズンからプレーしたASモナコでは1シーズン目にリーグ戦で20ゴールを記録、1993-94シーズンにはチャンピオンズリーグで準決勝まで進出するなどの活躍を見せた。

1994-95シーズンからトッテナムに移籍、8月20日のシェフィールドW戦で移籍後初ゴール、リーグ戦21ゴールを挙げ、FWA年間最優秀選手賞にも選ばれた[3]が一年で母国へ帰還。

1995年に母国バイエルン・ミュンヘンに移籍して2シーズンを過ごした。1995-96シーズンは、リーグではチームトップの16ゴールを記録し、UEFAカップでは12試合で15ゴールを決めて優勝に大きく貢献。1995年度バロンドールの投票では第2位となった[4]。1996-97シーズンは、2月15日のザンクト・パウリ戦でブンデスリーガ100ゴールを達成。チームトップの15ゴールを記録し、3シーズンぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

1997年からはUCサンプドリアに移籍するも8試合2得点振るわず、シーズン途中トッテナムに復帰、5月2日ウインブルドン戦で4ゴール、シーズン最終戦また自身のプロクラブでのラストゲームとなったサウサンプトン戦でゴールを決めるなど、15試合9得点を記録、同シーズン限りでプロとしての現役を引退[5]。2003年からはアメリカのアマチュアクラブのオレンジカントリー・ブルースターズでプレーし現役を引退した。

代表編集

1987年12月12日ブラジル戦で代表デビュー、ロイターのゴールをアシストした[6]。1988年4月27日のスイス戦で代表初ゴールを決めた[6]

1988年ソウルオリンピックでは銅メダル獲得に貢献した。 1990年ワールドカップ・イタリア大会ではグループリーグで2ゴール、ラウンド16のオランダ戦で1ゴール[6]、準々決勝のチェコスロバキア戦ではPKを奪取するなど、優勝に貢献した。

1994年のワールドカップ・アメリカ大会ではグループリーグの3試合でいずれもゴールを挙げ、ラウンド16のベルギー戦でも1ゴールと4ゴールを挙げた[6]UEFA欧州選手権1996では3ゴールを挙げて優勝に貢献した。1998年のワールドカップ・フランス大会でも合計3ゴールを決めている[6]、ラウンド16でのメキシコ戦でのゴールが代表での最後のゴールとなった。通算成績は108試合47得点。

引退後編集

2016年11月4日、ドイツ代表の名誉キャプテンに選出された。選出は男性で5人目、男女合わせて7人目となった[7]

指導者として編集

代表引退後はコーチライセンスを取得して、2004年ルディ・フェラー辞任を受けてドイツ代表監督に就任した。監督就任後若手選手を積極的に起用したが、なかなか結果を出せず、親善試合でも苦戦が続いた。このため、後述するように母国を留守にしていることも相まってドイツ国民から批判を受けることが多かったが、地元開催のFIFAワールドカップ・ドイツ大会で下馬評を覆す試合内容、成績を収めたため評価は好転。3位決定戦ではポルトガルを3-1で破って3位に導いた。大会終了後監督を辞任すると発表、退任後はドイツの有料テレビで解説者を務めていた。

2008年1月、2007-08シーズン終了後にオットマー・ヒッツフェルトの後任としてバイエルン・ミュンヘンの監督に就任することを発表[8]。 チームの大胆な改革を進めてきたが、2009年4月27日、リーグ戦の成績不振やチャンピオンズリーグの惨敗を理由にバイエルン・ミュンヘンの監督を解任された[9]

2011年7月29日アメリカ代表監督に就任した[10][11]。ドイツ代表、バイエルン同様、アメリカ代表でも大胆な改革を進め、ボブ・ブラッドリー政権で主将を務めたカルロス・ボカネグラや同政権のエースだったランドン・ドノバン(2013年7月に復帰)といった重鎮に見切りをつけ、クリント・デンプシージョジー・アルティドールティム・ハワードといった同政権の主力をベースにしつつも、ファビアン・ジョンソンアロン・ヨーハンソンなど、欧州のクラブシーンで活躍する二重国籍者を勧誘して、次々とアメリカ代表デビューさせた。ジャーメイン・ジョーンズクリス・ウォンドロウスキなどクリンスマン就任前の二重国籍者も加え、陣容も戦術も大きく変化させた。2013年のCONCACAFゴールドカップでは優勝に導き、2014 FIFAワールドカップの出場にも導いた。

2014 FIFAワールドカップでは、これまで3大会連続出場したランドン・ドノバンを最終メンバーから外した[12]。1次リーグで母国ドイツ代表と対戦し0-1で敗れたものの、グループ2位を確保し決勝トーナメント進出を果たした(1回戦でベルギー代表に延長負け)。

2016年11月、2018 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海5次予選メキシコ代表戦、コスタリカ代表戦で連敗した事がきっかけとなり[13]、2016年11月21日、アメリカ代表監督を解任された[14]

2019年11月27日、ヘルタ・ベルリンの監督に就任したことが発表された[15]。しかし、就任後もチームの流れを変えることが出来ず、首脳陣との方向性の違いなども発覚し、2020年2月11日に辞任に追い込まれた[16]

エピソード編集

 
クリンスマン・ベーカリー(実家のパン屋)
  • パン職人の息子であり、クリンスマンもパン職人の資格を取得している(現在、父は他界し母と兄が後を継いで経営している)。
  • VfBシュトゥットガルト時代のチームメイトであり、後に浦和レッズの監督を務めたギド・ブッフバルトとは親友であり、ブッフバルトに日本代表監督就任の報道が出た際にはアシスタントコーチに就任するのではないかと言われた[17]。一方で、ローター・マテウスとは犬猿の仲であることで知られている[18]
  • 前述の2014 FIFAワールドカップでドノバンを最終メンバーから外した際に、息子でU-18アメリカ代表GKのジョナサン・クリンスマンがドノバンを嘲笑するような発言を自身のTwitterでツイートし非難を浴びた[19]。しかし、ジョナサンはドノバンには一切謝罪せず、Twitterのアカウントを削除しただけにとどまり、その後は一連の件については言及しなかった為に、ユルゲンがドノバンに直接謝罪する羽目になった。
  • 「どの監督にも好みの選手とそうでない選手がいる」とクリンスマンは語っており、選手の好みがはっきりしている監督だと評される[20]

監督成績編集

クラブ 就任 退任 記録
勝率
ドイツ代表 2004年7月26日 2006年7月11日 34 20 8 6 81 41 +40 058.82
バイエルン・ミュンヘン 2008年7月1日 2009年4月27日 44 25 9 10 96 50 +46 056.82
アメリカ代表 2011年7月29日 2016年11月21日 98 55 16 27 178 109 +69 056.12
ヘルタ・ベルリン 2019年11月27日 2020年2月11日 10 3 3 4 10 15 −5 030.00
合計 186 103 36 47 365 215 +150 055.38

獲得タイトル編集

クラブ編集

代表編集

個人タイトル編集

監督編集

ドイツ代表編集

アメリカ代表編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大塚一樹『世界の戦術・理論がわかる!最新サッカー用語大事典』株式会社マイナビ、2014年、134ページ、ISBN 978-4-8399-5374-4
  2. ^ a b Jurgen Klinsmann”. www.inter. 2020年9月11日閲覧。
  3. ^ “Klinsmann: The rise...and the falls”. Observer (London). (2004年3月7日). http://observer.guardian.co.uk/osm/story/0,,1161004,00.html 2008年3月19日閲覧。 
  4. ^ Ballon d’Or Winners-liveabout.com
  5. ^ “Klinsmann The Player – Official website”. Official website. (2011年2月10日). http://www.klinsmann.com/the-player/ 
  6. ^ a b c d e “Jurgen Klinsmann National teamite”. www.transfermarket. https://www.transfermarkt.com/jurgen-klinsmann/nationalmannschaft/spieler/16980 2020年2月10日閲覧。 
  7. ^ “皇帝”らに並ぶ史上7人目の栄誉! クリンスマン氏、独名誉キャプテンに”. ワールドサッカーキング (2016年11月4日). 2018年3月21日閲覧。
  8. ^ クリンスマン氏がバイエルンの次季監督に - UEFA.com 2009年6月6日閲覧
  9. ^ バイエルンがクリンスマン監督を解任 - UEFA.com 2009年6月6日閲覧
  10. ^ 米代表監督にクリンスマン氏=サッカー - スポーツナビ 2011年7月30日閲覧
  11. ^ 米代表監督にクリンスマン氏=サッカー - わくサカ 2011年7月31日閲覧
  12. ^ アメリカ代表、ドノバンが23人に残れず Goal 2014年5月27日閲覧
  13. ^ クリンスマン監督が電撃解任…W杯行き黄信号のアメリカが苦渋の決断 Goal.com 2016年11月22日
  14. ^ “米国代表 クリンスマン監督を解任”. スポニチアネックス. (2016年11月22日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/22/kiji/K20161122013770410.html 2016年11月22日閲覧。 
  15. ^ クリンスマン氏がヘルタ新監督に。昨年夏には日本代表監督就任の噂も”. FOOTBALL CHANNEL (2019年11月27日). 2019年11月27日閲覧。
  16. ^ ユルゲン・クリンスマン監督が突如、ヘルタの監督辞任を表明!”. キッカー日本語版 (2020年2月11日). 2020年2月12日閲覧。
  17. ^ 日本、元浦和監督ブッフバルト入閣も クリンスマン氏のサポート役に”. sponichi.co.jp (2018年7月15日). 2020年9月8日閲覧。
  18. ^ サッカー選手間に存在する「犬猿の仲」”. spaia.jp (2016年11月29日). 2020年9月8日閲覧。
  19. ^ アメリカ代表監督の息子、ドノヴァン落選でツイッターに不適切発言 サッカーキング 2014年5月27日閲覧
  20. ^ 【予想】クリンスマン監督の解任によってアメリカ代表はどう変わる?/コラム Goal.com 2016年11月25日

外部リンク編集