メインメニューを開く

ユルヨ・ヨハンソン賞(Yrjö Jahnsson Award)は、1993年以降ヨーロッパ経済学会が隔年で授与している経済学に関する学術賞である。賞の名前は、ユルヨ・ヨハンソンにちなむ。対象となるのは45歳以下の経済学者でヨーロッパ学会に貢献したものとされる。選考委員会にはヨーロッパ経済学会から4人、フィンランドのユルヨ・ヨハンソン財団から1人が加わる。 フランスの巨星、ジャン=ジャック・ラフォンを称えるために創設された賞という噂もある。[要出典]

目次

受賞者一覧編集

以下の表はヨーロッパ経済学会と[1] とユルヨ・ヨハンソン財団[2]を参考にした。

受賞者
1993年 ジャン=ジャック・ラフォンジャン・ティロール
1995年 リチャード・ブルンデル
1997年 トーステン・ピアソン[3]
1999年 清滝信宏ジョン・ムーア
2001年 フィリッペ・アギヨングイド・タベリーニ
2003年 マティアス・ドュワトリポン
2005年 ティモシー・ベズレージョルディ・ガリ
2007年 ジレ・サンポール
2009年 ジョン・リーネン 、 Fabrizio Zilibotti
2011年 アーミン・フォーク
2013年 トマ・ピケティ、 エレーヌ・レイ
2015年 Kőszegi Botond
2017年 Ran Spiegler、Michèle Tertilt
2019年 ダロン・アシモグル

外部リンク編集

参考編集

  1. ^ European Economics Association: Awards”. European Economic Association. 2007年11月27日閲覧。
  2. ^ Seminars and International Contacts: Yrjö Jahnsson Award in Economics”. Yrjö Jahnsson Foundation. 2007年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月27日閲覧。
  3. ^ Sandmo, Agnar (1997), “The 1997 Yrjo Jahnsson award in economics”, European Economic Review 41 (9): i-ii 

関連項目編集