ユ・アイン

大韓民国の俳優(1986年生)

ユ・アイン(유 아인、1986年10月6日[1] - )は、韓国俳優

ユ・アイン
유 아인
유 아인
本名 엄 홍식(オム・ホンシク)[1]
生年月日 (1986-10-06) 1986年10月6日(35歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国 大邱広域市
身長 179 cm[2]
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2003年 - 現在
主な作品
映画
ワンドゥギ
ベテラン
王の運命 -歴史を変えた八日間-
バーニング 劇場版
国家が破産する日
テレビドラマ
密会
六龍が飛ぶ
シカゴ・タイプライター
テンプレートを表示
ユ・アイン
各種表記
ハングル 유 아인
漢字 劉 亞仁
発音: ユ・アイン
RR式 Yu A-in
MR式 Yu Ain
英語表記: Yu Ain
各種表記(本名)
ハングル 엄 홍식
漢字 嚴 弘植
発音: オム・ホンシク
RR式 Eom Hong-sik
MR式 Om Hongsik
テンプレートを表示

略歴編集

韓国ドラマ『成長ドラマ Sharp』でAraの恋人アインを演じ一躍注目を浴びる。2006年『俺たちに明日はない』で映画デビュー。2008年末に公開の映画『アンティーク』ではチュ・ジフンキム・ジェウクとともに主役に抜擢され、元ボクシング選手でパティシエ見習いという役柄を演じた。

2010年ドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』のムン・ジェシン役は当初原作のイメージと合わないと多く不安視されたが、放送後は”コロ病”現象と呼ばれるほどの人気を博した[3]

その後も映画・ドラマに立て続けに出演し、この時代を生きる多彩な青春の姿を代弁し共感と好評を得ながら、少年から演技派へと成長。

2014年ドラマ『密会』で天使のように純粋な天才ピアニストを演じた[4]翌年、2015年の映画『ベテラン』ではデビュー以来初めて強烈な悪役に挑戦。また、俳優業の他にも多数のファッション誌でモデルを務める[5]など、活動の幅は多彩である。2015年の映画『王の運命 -歴史を変えた八日間-』で青龍映画賞の主演男優賞を受賞[6]

出演編集

映画編集

ドラマ編集

バラエティ編集

  • ユ・アインのLaunch My Life in London(2011年、Mnet
  • ニュー! 日曜日は楽しい ランニングマン(2013年9月22日放送回にゲスト参加、SBS

ミュージックビデオ編集

  • T.O「足跡」(2004年)
  • BoA「Only One」(2012年)
  • Peggy Gould「Heung-Bu」(2016年)
  • SE SO NEON「Jayu」

受賞歴編集

  • 2007年 第3回平沢ピアソン映画祭新人賞 (『俺たちの明日』)
  • 2007年 第8回釜山映画評論家協会 新人男優賞 (『俺たちの明日』)
  • 2008年 第11回ディレクターズ・カットアワード 新人演技者賞 (『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』)
  • 2010年 第5回Aアワード(A-Award) スタイル部門賞
  • 2010年 KBS演技大賞 ベストカップル賞 (『成均館☆スキャンダル』)
  • 2011年 第5回Mnet 20's Choice ホット20s Voice賞
  • 2011年 第4回スタイルアイコン・アワード(SIA) 本賞
  • 2012年 第3回今年の映画賞(韓国映画記者協会主催) 発見賞 (『ワンドゥギ』)
  • 2015年 第3回marie claireアジアスターアワード アジアスター賞
  • 2015年 第15回大韓民国青少年映画祭 人気映画俳優部門賞
  • 2015年 第36回青龍映画賞 主演男優賞 (映画『王の運命 -歴史を変えた八日間-』)
  • 2015年 ファッショニスタ・アワード 映画ファッション部門賞 (『ベテラン』)
  • 2015年 第10回Aアワード(A-Award) スタイル部門賞
  • 2015年 第5回美しい芸術人賞 美しい演劇芸術人賞 (『ベテラン』『王の運命 -歴史を変えた八日間-』)
  • 2015年 第4回CFDKアワード 今年のファッションアイコン賞
  • 2015年 韓国映画俳優協会 韓国トップスタ賞 (『ベテラン』『王の運命 -歴史を変えた八日間-』)
  • 2015年 SBS演技大賞 長編ドラマ部門男女最優秀演技賞 (『六龍が飛ぶ』)、ベストカップル賞 (『六龍が飛ぶ』)、10大スター賞
  • 2016年 第7回今年の映画賞 主演男優賞 (『王の運命 -歴史を変えた八日間-』)
  • 2016年 第11回MAX MOVIE 最高の映画賞 最高の男俳優賞 (『ベテラン』)
  • 2016年 第8回スタイルアイコンアジア(SIA) スタイルアイコン賞
  • 2016年 第10回アジア・フィルム・アワード ネクストジェネレーション賞
  • 2016年 第21回春史映画賞 主演男優賞 (『王の運命 -歴史を変えた八日間-』)
  • 2016年 第36回黄金撮影賞 主演男優賞 (『ベテラン』)
  • 2016年 第52回百想芸術大賞 テレビ部門最 男性優秀演技賞 (『六龍が飛ぶ』)
  • 2016年 第7回大韓民国大衆文化芸術賞 国務総理表彰
  • 2016年 第16回大韓民国青少年映画祭 人気映画俳優部門賞
  • 2017年 第19回韓国ファッション写真作家協会 今年のフォトジェニック賞
  • 2021年 第41回青龍映画賞 主演男優賞・人気スター賞(『音もなく』)
  • 2021年 第6回アジア・アーティスト・アワード 今年の俳優賞・アジアセレブリティ賞(『音もなく』)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年6月28日閲覧。
  2. ^ KBS2の番組『演芸街中継』でのインタビューで本人がプロフィールを訂正。2013年9月24日放送 ユ・アイン、キー公開"実際179cm、素人理由ある" (朝鮮語)”. newsen. 2013年9月29日閲覧。
  3. ^ スターインタビュー 『トキメキ☆成均館スキャンダル』ユ・アイン、彼が語る「コロ」の魅力は?”. innolife.net. 2011年5月3日閲覧。
  4. ^ ユ・アイン“「密会」は僕の人生において最も記憶に残る代表作になるだろう作品”. kstyle. 2014年10月10日閲覧。
  5. ^ ユ・アイン、ファッション誌の表紙を再び飾る!”. 楽天WOMAN. 2015年11月24日閲覧。
  6. ^ 2015年最高の映画作品&男女俳優が決定!「青龍映画賞」栄光を手にしたのは?”. kstyle. 2015年11月27日閲覧。
  7. ^ ソン・ガンホ×ユ・アイン「王の運命」6月公開、親子のすれ違いが招く歴史的悲劇”. 映画ナタリー (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  8. ^ 유아인X박신혜, '#ALONE' 캐스팅 확정...본격 촬영 준비 돌입(공식)” (朝鮮語). The Korea Herald (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  9. ^ “セリフなし”で最優秀男優賞を総なめ。『声もなく』主演、ユ・アインにインタビュー。”. Vogue Japan (2022年1月20日). 2022年9月29日閲覧。
  10. ^ “[단독 유아인, 강형철 감독 신작 '하이파이브' 초능력자 변신”] (朝鮮語). Starnews. (2021年2月3日). https://star.mt.co.kr/stview.php?no=2021020310561083267 
  11. ^ 『ソウル・バイブス』感想(ネタバレ)”. シネマンドレイク (2022年8月30日). 2022年9月29日閲覧。