ユークリッド・アベニュー駅

ニューヨーク市地下鉄駅

ユークリッド・アベニュー駅(Euclid Avenue)はブルックリン区のユークリッド・アベニューとピトキン・アベニュー交差点に位置するニューヨーク市地下鉄INDフルトン・ストリート線の駅である。A系統が終日、C系統が深夜を除く終日停車する。また、当駅はC系統の南端駅となっている。

ユークリッド・アベニュー駅
Euclid Avenue
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-C.svg
ニューヨーク市地下鉄
IND Fulton Euclid Avenue Southbound Platform.jpg
クイーンズ方面ホーム
駅情報
住所 Euclid Avenue & Pitkin Avenue
Brooklyn, NY 11208
ブルックリン区
地区 イースト・ニューヨーク
座標 北緯40度40分31秒 西経73度52分19秒 / 北緯40.6754度 西経73.8719度 / 40.6754; -73.8719座標: 北緯40度40分31秒 西経73度52分19秒 / 北緯40.6754度 西経73.8719度 / 40.6754; -73.8719
ディビジョン BディビジョンIND
路線 INDフルトン・ストリート線
運行系統    A Stops all times (終日)
   C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
接続 バスによる輸送 NYCTバス: B13
バスによる輸送 MTAバス: Q7, Q8
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 2面
対面乗り換え
線路数 4線
その他の情報
開業日 1948年11月28日 (74年前) (1948-11-28)
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2017)3,415,739[1]減少 1.2%
順位 150位
次の停車駅
北側の隣駅 ブロードウェイ・ジャンクション駅 (急行): A Stops all times except late nights
シェパード・アベニュー駅 (各駅停車): A Stops late nights only C Stops all times except late nights
南側の隣駅 (終点): C Stops all times except late nights
グラント・アベニュー駅: A Stops all times


南側の隣駅 バリアフリー・アクセス (終点): C Stops all times except late nights
オゾン・パーク-レファーツ・ブールバード駅 (オゾン・パーク方面): A Stops all times
ハワード・ビーチ-JFKエアポート駅 (ロッカウェイ方面): A Stops all times
停車案内表
マーク 説明
Stops all times except late nights 深夜を除く終日停車
Stops all times 終日停車
Stops late nights only 深夜のみ停車

歴史編集

配線図
 
 
 
 
 
 
 
     
   
     
     
         
         
         
         
           
           
               
 
 
           
 
 
 
 
         
         
           
               
           
 
 
     
 
 
     
     
車止め
     
76丁目方面への準備
     

駅は1938年に建設が開始された[2][3]第二次世界大戦の影響で開業が大幅に遅れ、最終的にブロードウェイ・ジャンクション駅から延伸された1948年11月28日に終着駅として開業した[2][3][4]:143[5][6][7]。その後、BMTフルトン・ストリート線のチェスナット・ストリート駅とクレセント・ストリート駅は1956年4月26日に廃止となった[3][8]

2000年代半ばにエレベーターが設置された[9][10]

駅構造編集

G 地上階 出入口
M メザニン 改札、詰所
  (エレベーター、ユークリッド・アベニューとピトキン・アベニュー交差点北東)
P
ホーム階
北行緩行線   深夜:インウッド-207丁目駅行き (シェパード・アベニュー駅)
  168丁目駅行き (シェパード・アベニュー駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く  
北行急行線   インウッド-207丁目駅行き (ブロードウェイ・ジャンクション駅)
  当駅止まり(深夜帯シャトル列車)
南行急行線   ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅行き、オゾン・パーク-レファーツ・ブールバード駅行き、ロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅行き (グラント・アベニュー駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く  
南行緩行線   当駅止まり →
  深夜:ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅行き (グラント・アベニュー駅)
 
階段

島式ホーム2面4線の駅で、フルトン・ストリート線4線区間最東端の駅である[2][5][7][11]。タイルは紫色である[7]。柱は特徴的で、タイル張りのものも多い[11]。エレベーターは各ホームに1基ずつ接続する[11]

当駅の南行ホーム東端に信号扱所がある[6][12][13][14]

出入口編集

階段はユークリッド・アベニューとピトキン・アベニューの交差点4つ角に出るが、エレベーターは交差点北東にある[15]

駅東の拡張計画編集

東側の次駅はシティラインのグラント・アベニュー駅である。しかし、その4ブロック東にあたる76丁目には未完成の駅が存在するという[4]:145–146

 
急行線
 
地下鉄駅設置予定のあった76丁目とピトキン・アベニューの交差点

ユークリッド・アベニュー駅の近くの配線は複雑で、列車は急行線・緩行線の両方からピトキン検車区に入ることができ(C系統はこの引き込み線で折り返す)、その後2線がグラント・アベニュー駅に向かって分岐する[16][17]。そこから東に伸びる4本の本線はすべて、グラント・アベニューへの接続線の下に続き、列車の留置にのみ使用され、ピトキン・アベニューの下の東、ほぼエルダーツ・レーン(グラント・アベニュー駅のすぐ南)まで続いている。これらの線路は、ピトキン・アベニューの下からクロス・ベイ・ブールバードまで続く予定だった。これは、地下鉄フルトン・ストリート線をナッソー郡との境界付近のカンブリア・ハイツまで延長する、建設されていない路線拡張の一つである[4]:142[18][19][20]。また、駅の制御室の電灯信号板には、76番街の駅を隠すテープで留められた部分がある[4]:145[19][21][22]。ピトキン検車区から、計画されている76丁目の駅の敷地に向かう複線の線路も存在する[19][22]。これらの線路は、76番街駅の直前で本線と合流していただろう[14]。ピトキン検車区が最初に供用開始したとき、76丁目に向かう線路は短い列車を中継するために使用されていたという。線路の一部はまだ存在しているが、転轍機は制御器が取り外され、トンネルはコンクリートブロックの壁で終わっている[19][22]

また、1951年までの計画では、地下鉄路線を76丁目経由で105丁目にてロングアイランド鉄道ロッカウェイ・ビーチ支線英語版に接続し、ロッカウェイ方面へ延伸する構想があった[23]。しかし、この接続ついてはグラント・アベニュー駅とリバティ・アベニュー高架線の経由に改められ、ロッカウェイ・ブールバード駅から分岐している[8][24][25]

76丁目駅については実際に少なくとも部分的に建設されたという噂が広まっている。駅の存在を裏付ける証拠には、信号扱所[4]:145[19][21][22]、駅から壁に面したユークリッドアベニューに向かう列車のいくつかの信号(壁の真正面を含む)、トンネルの端にあるブロックの壁が含まれる[19][21][22]。ウェブサイトSubChatなどのオンライントランジットフォーラムでは、駅を見た人を知っていると主張する人もいる。ニューヨークタイムズ紙は、この噂を「トランジット・アトランティス」と呼んでおり、ロズウェルUFO事件またはケネディ暗殺陰謀説に例えている。引退した交通局員で警察官のスティーブ・クロコウスキーは、タイムズ紙が駅に関して次のように述べていると説明している[19]

  • 76丁目駅のラベルを覆う信号板のテープで留められた部分 (このコントロールボードは実際に存在し、実際にテープで留められている)[19][4]:145[21][22]
  • ピトキン検車区の未使用線は北東に向かい、前述のコンクリートブロックの壁の近くで止まる[19]。クロコウスキーは壁の下を掘ろうとし、枕木を見つけたが、穴が陥没したときに止まった[19]
  • 引退した警察官は、以前はコンクリートブロックの壁にドアがあり、1960年代にそれを通り抜け、回転式改札口と駅員詰所を除くすべてが揃った駅を見たと主張した[19]。他の同僚も全員死んでいると思われるが、他の誰かが実際にそのような主張をしたかどうかは不明であるが、駅を見たと主張した。

出典編集

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2013–2018”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2019年7月18日). 2019年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c Trains Roll on $47,000,000 Fulton St. Subway Extension”. p. 2 (1948年11月29日). 2016年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月9日閲覧。
  3. ^ a b c Linder, Bernard (February 2006). “Fulton Street Subway”. New York Division Bulletin (Electric Railroader's Association) 49 (2): 2. オリジナルのSeptember 20, 2016時点におけるアーカイブ。. https://issuu.com/erausa/docs/2006-02-bulletin/2 2016年8月27日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e f Raskin, Joseph B. (1 November 2013), The Routes Not Taken: A Trip Through New York City's Unbuilt Subway System, Fordham University Press, ISBN 978-0-8232-5369-2
  5. ^ a b Fulton Subway Stations Open After All-Night 'Dry Runs'” (1948年11月28日). 2016年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月9日閲覧。
  6. ^ a b Report for the three and one-half years ending June 30, 1949.. New York City Board of Transportation. (1949). https://hdl.handle.net/2027/mdp.39015023094926 
  7. ^ a b c “4 Stations Opened By IND in Brooklyn: Mayor and Officials Inspect Fulton St. Line Extension to New Euclid Ave. Stop”. The New York Times. (1948年11月29日). オリジナルの2018年2月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180212104229/https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1948/11/29/118517850.pdf 2016年12月27日閲覧。 
  8. ^ a b First Leg of Rockaways Transit Opened at Cost of $10,154,702”. nytimes.com. The New York Times (1956年4月30日). 2018年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  9. ^ New Elevators in Subways Are Delayed”. The New York Times (2005年10月29日). 2018年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月13日閲覧。
  10. ^ NYC Official Accessibility Guide”. nyc.gov. City of New York (2008年). 2015年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  11. ^ a b c Euclid Avenue subway station”. Brooklyn Public Library, Brooklyn Collection (1948年). 2015年10月9日閲覧。
  12. ^ “Signaling and Interlocking On New Line of New York Subways”. Railway Signaling and Communications (Simmons-Boardman Publishing Corporation.): 578–583. (September 1949). オリジナルのFebruary 12, 2018時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=EZHmAAAAMAAJ&pg=PA578#v=onepage&q&f=false 2016年12月27日閲覧。. 
  13. ^ “Buttons to Speed Travel in Subway: $2,000,000 System of Signals Soon to Be in Operation on Brooklyn IND Division”. The New York Times. (1948年11月12日). オリジナルの2018年2月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180212104229/https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1948/11/12/98429489.pdf 2016年12月27日閲覧。 
  14. ^ a b Interlocking Machine, Euclid Ave Station, "A" Line”. nycsubway.org (1948年11月23日). 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月27日閲覧。
  15. ^ https://new.mta.info/sites/default/files/2018-04/Euclid%20Av%20%28A%29%28C%29%20web.pdf
  16. ^ Review of the A and C Lines”. Metropolitan Transportation Authority (2015年12月11日). 2016年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月19日閲覧。
  17. ^ Marrero, Robert (2015年9月13日). “469 Stations, 846 Miles”. B24 Blog, via Dropbox. 2015年10月9日閲覧。
  18. ^ Borough Subway Relief Still 2 or 3 Years Off”. pp. 1, 5 (1946年12月6日). 2016年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月9日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k TUNNEL VISION; Next Stop, 'Twilight Zone' (a k a 76th St. Station)”. The New York Times. The New York Times (2003年1月21日). 2014年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月17日閲覧。
  20. ^ “Complete Text of TA's Queens Subway Plan”. Long Island Star-Journal. Fultonhistory.com: p. 8. (1963年4月1日). http://fultonhistory.com/highlighter/viewer/?file=http%3A%2F%2Ffultonhistory.com%2FNewspaper%252014%2FLong%2520Island%2520City%2520NY%2520Star%2520Journal%2FLong%2520Island%2520City%2520NY%2520Star%2520Journal%25201963%2FLong%2520Island%2520City%2520NY%2520Star%2520Journal%25201963%2520-%25200070.pdf&highlightsFile=http%3A%2F%2Ffultonhistory.com%2Fhighlighter%2Fhits%2Fedd38666b9bbaa9374ded81bbdabbc5d#page=1 2016年4月27日閲覧。 
  21. ^ a b c d LTV Exploration // Abandoned subway stations, industrial buildings, and general decay in NYC”. ltvsquad.com. 2013年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月1日閲覧。
  22. ^ a b c d e f 76th street – the puzzling evidence”. ltvsquad.com (2015年11月9日). 2016年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月1日閲覧。
  23. ^ “Tech Talk”. New York Division Bulletin (Electric Railroader's Association) 47 (5): 6. (May 2004). オリジナルのMarch 4, 2016時点におけるアーカイブ。. http://1.bp.blogspot.com/-HDTTMT-jAHs/T5_WEPEViiI/AAAAAAAAAMw/F9yGC2LHtD8/s1600/76st_b.jpg 2019年1月1日閲覧。. 
  24. ^ Rockaway Trains to Operate Today”. nytimes.com. The New York Times (1956年6月28日). 2015年6月29日閲覧。
  25. ^ New Subway Unit Ready: Far Rockaway IND Terminal Will Be Opened Today”. nytimes.com. The New York Times (1958年1月16日). 2018年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。

外部リンク編集