メインメニューを開く

ユークリッド・アベニュー駅(Euclid Avenue)はブルックリン区のユークリッド・アベニューとピトキン・アベニュー交差点に位置するニューヨーク市地下鉄INDフルトン・ストリート線の駅である。A系統が終日、C系統が深夜を除く終日停車する。また、当駅はC系統の南端駅となっている。

ユークリッド・アベニュー駅
Euclid Avenue
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-C.svg
ニューヨーク市地下鉄
Manhattan bound platform at Euclid Av.jpg
マンハッタン方面ホーム
駅情報
住所 Euclid Avenue & Pitkin Avenue
Brooklyn, NY 11208
ブルックリン区
地区 イースト・ニューヨーク
座標 北緯40度40分31秒 西経73度52分19秒 / 北緯40.6754度 西経73.8719度 / 40.6754; -73.8719座標: 北緯40度40分31秒 西経73度52分19秒 / 北緯40.6754度 西経73.8719度 / 40.6754; -73.8719
ディビジョン BディビジョンIND
路線 INDフルトン・ストリート線
運行系統       A Stops all times (終日)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
接続 バスによる輸送 NYCTバス: B13
バスによる輸送 MTAバス: Q7, Q8
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 2面
対面乗り換え
線路数 4線
その他の情報
開業日 1948年11月28日(70年前) (1948-11-28
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2017)3,415,739[1]減少 1.2%
順位 150位
次の停車駅
北側の隣駅 ブロードウェイ・ジャンクション駅 (急行): A Stops all times except late nights
シェパード・アベニュー駅 (各駅停車): A Stops late nights only C Stops all times except late nights
南側の隣駅 (終点): C Stops all times except late nights
グラント・アベニュー駅: A Stops all times


南側の隣駅 バリアフリー・アクセス (終点): C Stops all times except late nights
オゾン・パーク-レファーツ・ブールバード駅 (オゾン・パーク方面): A Stops all times
ハワード・ビーチ-JFKエアポート駅 (ロッカウェイ方面): A Stops all times

目次

歴史編集

配線図
 
 
 
 
 
 
 
     
   
     
     
         
         
         
         
           
           
               
 
 
           
 
 
 
 
         
         
           
               
           
 
 
     
 
 
     
     
車止め
     
76丁目方面への準備
     

駅は1938年に建設が開始された[2][3]第二次世界大戦の影響で開業が大幅に遅れ、最終的にブロードウェイ・ジャンクション駅から延伸された1948年11月28日に終着駅として開業した[2][4]:143[3][5][6][7]。その後、BMTフルトン・ストリート線のチェスナット・ストリート駅とクレセント・ストリート駅は1956年4月26日に廃止となった[3][8]

2000年代半ばにエレベーターが設置された[9][10]

駅構造編集

G 地上階 出入口
M メザニン 改札、詰所
  (エレベーター、ユークリッド・アベニューとピトキン・アベニュー交差点北東)
P
ホーム階
北行緩行線   深夜:インウッド-207丁目駅行き (シェパード・アベニュー駅)
  168丁目駅行き (シェパード・アベニュー駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く  
北行急行線   インウッド-207丁目駅行き (ブロードウェイ・ジャンクション駅)
  当駅止まり(深夜帯シャトル列車)
南行急行線   ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅行き、オゾン・パーク-レファーツ・ブールバード駅行き、ロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅行き (グラント・アベニュー駅)
島式ホーム、到着番線に応じた側のドアが開く  
南行緩行線   当駅止まり →
  深夜:ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅行き (グラント・アベニュー駅)
 
階段

島式ホーム2面4線の駅で、フルトン・ストリート線4線区間最東端の駅である[2][5][7][11]。タイルは紫色である[7]。柱は特徴的で、タイル張りのものも多い[11]。エレベーターは各ホームに1基ずつ接続する[11]

当駅の南行ホーム東端に信号扱所がある[6][12][13][14]

出入口編集

階段はユークリッド・アベニューとピトキン・アベニュー交差点の4つ角に出るが、エレベーターは交差点北東にある[15]

出典編集

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2012–2017”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2018年7月12日). 2018年7月12日閲覧。
  2. ^ a b c Trains Roll on $47,000,000 Fulton St. Subway Extension”. p. 2 (1948年11月29日). 2016年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月9日閲覧。
  3. ^ a b c Linder, Bernard (February 2006). “Fulton Street Subway”. New York Division Bulletin (Electric Railroader's Association) 49 (2): 2. オリジナルのSeptember 20, 2016時点によるアーカイブ。. https://issuu.com/erausa/docs/2006-02-bulletin/2 2016年8月27日閲覧。. 
  4. ^ Raskin, Joseph B. (November 1, 2013), The Routes Not Taken: A Trip Through New York City's Unbuilt Subway System, Fordham University Press, ISBN 978-0-8232-5369-2
  5. ^ a b Fulton Subway Stations Open After All-Night 'Dry Runs'” (1948年11月28日). 2016年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月9日閲覧。
  6. ^ a b Report for the three and one-half years ending June 30, 1949.. New York City Board of Transportation. (1949). http://hdl.handle.net/2027/mdp.39015023094926. 
  7. ^ a b c “4 Stations Opened By IND in Brooklyn: Mayor and Officials Inspect Fulton St. Line Extension to New Euclid Ave. Stop”. The New York Times. (1948年11月29日). オリジナルの2018年2月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180212104229/https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1948/11/29/118517850.pdf 2016年12月27日閲覧。 
  8. ^ First Leg of Rockaways Transit Opened at Cost of $10,154,702”. nytimes.com. The New York Times (1956年4月30日). 2018年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  9. ^ New Elevators in Subways Are Delayed”. The New York Times (2005年10月29日). 2018年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月13日閲覧。
  10. ^ NYC Official Accessibility Guide”. nyc.gov. City of New York (2008年). 2015年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  11. ^ a b c Euclid Avenue subway station”. Brooklyn Public Library, Brooklyn Collection (1948年). 2015年10月9日閲覧。
  12. ^ “Signaling and Interlocking On New Line of New York Subways”. Railway Signaling and Communications (Simmons-Boardman Publishing Corporation.): 578–583. (September 1949). オリジナルのFebruary 12, 2018時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=EZHmAAAAMAAJ&pg=PA578#v=onepage&q&f=false 2016年12月27日閲覧。. 
  13. ^ “Buttons to Speed Travel in Subway: $2,000,000 System of Signals Soon to Be in Operation on Brooklyn IND Division”. The New York Times. (1948年11月12日). オリジナルの2018年2月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180212104229/https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1948/11/12/98429489.pdf 2016年12月27日閲覧。 
  14. ^ Interlocking Machine, Euclid Ave Station, "A" Line”. nycsubway.org (1948年11月23日). 2016年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月27日閲覧。
  15. ^ https://new.mta.info/sites/default/files/2018-04/Euclid%20Av%20%28A%29%28C%29%20web.pdf

外部リンク編集