ユーグ10世・ド・リュジニャン

ユーグ10世・ド・リュジニャン(Hugues X de Lusignan, 1183/95年 - 1249年6月5日)は、中世フランス王国の貴族でラ・マルシュ伯(ユーグ5世、在位:1219年 - 1249年)、アングレーム伯(ユーグ1世、在位:1220年 - 1246年)。ラ・マルシュ伯ユーグ9世の子。リュジニャン家出身で、エルサレムギー・ド・リュジニャンは同族に当たる。イングランドジョンの2番目の妃イザベラ・オブ・アングレームの再婚相手として知られている。

ユーグ10世・ド・リュジニャン
Hugues X de Lusignan
ラ・マルシュ伯
アングレーム伯
Spiklenci.png
在位 ラ・マルシュ伯:1219年 - 1249年
アングレーム伯:1220年 - 1246年

出生 1183/95年
死去 1249年6月5日
配偶者 アングレーム女伯イザベル
子女 一覧参照
家名 リュジニャン家
父親 ラ・マルシュ伯ユーグ9世
母親 マティルド・ダングレーム
テンプレートを表示

生涯編集

父伯ユーグ9世はアングレーム伯領の相続人のイザベラと婚約を結んでいた。ところが、イングランド王ジョンがイザベラと結婚したことにより、ユーグ9世はフランス王フィリップ2世に訴えた。フィリップ2世はジョンに法廷の出頭を命じたが(ジョンはフランス南部のアキテーヌ公も兼ねていて、フィリップ2世の家臣でもあった)、ジョンが拒絶したことによりフィリップ2世はジョンの大陸領没収を宣言、アンジュー帝国の崩壊に繋がった。

1219年第5回十字軍に参加した父がダミエッタで亡くなったためラ・マルシュ伯領を相続、1216年にジョンが亡くなり未亡人となったイザベラと1220年に結婚した。この結婚でアングレーム伯領も手に入れ、西フランスの有力貴族にのし上がった。1241年に継子のヘンリー3世と共にルイ9世に反乱を起こしたが、鎮圧された。

1246年にイザベラが亡くなった後は長男のユーグ11世にアングレームを譲り、3年後に死去。ラ・マルシュ伯領もユーグ11世が相続した。

子女編集

イザベラとの間に9人の子を儲けた。

  1. ユーグ11世(1221年 - 1250年) - アングレーム伯、ラ・マルシュ伯
  2. アイマー(1222年 - 1260年) - ウィンチェスター大司教
  3. アガーテ(1223年 - 1269年) - シャトーの領主ギヨーム・デ・ショヴィニと結婚
  4. アリス(1224年 - 1256年) - サリージョン・ド・ワーレンと結婚
  5. ギー(? - 1264年)
  6. ジョフロワ(? - 1274年)
  7. ウィリアム(? - 1296年) - ペンブルック伯
  8. マルグリット(1226年/1228年 - 1288年) - トゥールーズ伯レーモン7世と結婚
  9. イザベラ(1234年 - 1299年) - モーリス・ド・クランと結婚、ジョフロワ・ド・ランゴンと再婚

参考文献編集