ユーコ・トルマネン

ユーコ・トルマネン(よりフィンランド語に近い表記ではヨウコ・シヒヴェリ・トルマネン、Jouko Sihveri Törmänen、1954年4月10日- )は、フィンランドロヴァニエミ出身の元スキージャンプ選手で現在スキー指導者。

獲得メダル
 フィンランド
男子 スキージャンプ
オリンピック
1980 レークプラシッド 個人ラージヒル

プロフィール編集

1968年のスキージャンプ週間に13歳で出場、インスブルック大会で6位に入って周囲を驚かせた。その後 スキージャンプ週間には1972年から1982年まで出場したが、1977/78年シーズンに総合9位となったのが最高成績でこのときのインスブルック大会で3位に入っている。

1974年ノルディックスキー世界選手権の90m級で5位、1978年ノルディックスキー世界選手権の90m級では6位になった。

初めてのオリンピックである1976年インスブルックオリンピックで70m級14位、90m級10位の成績を残す。 1980年のレークプラシッドオリンピックの90m級で金メダルを獲得、70m級では8位となっている。

フィンランド選手権では70m級で4回タイトルを獲得している(1976年、1977年、1979年、1980年)。 1979/80年シーズンから始まったワールドカップでは通算1勝(2位1回3位1回)を記録。 1981/82年シーズン終了と共に現役生活にピリオドを打った。

引退後は1988年からフィンランドスキー連盟のコーチなどを務め2004年からは国際スキー連盟(FIS)のスキージャンプ委員長に就いている。

関連項目編集

アンティ・トルマネン - 日本の囲碁棋士。ユーコの甥にあたる。

外部リンク編集