ユーゴスラビアの国旗

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国国旗は、汎スラブ色の横縞3色を配色した国旗で[1]、中心に社会主義の象徴である赤い五角星を配置する。

ユーゴスラビアの国旗
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗
用途及び属性 現在使われていない歴史的な旗?市民・政府・軍隊陸上?
縦横比 1 : 2
制定日 1946年1月31日
使用色

1992年4月27日ユーゴスラビア連邦共和国発足に伴い、中心の赤い五角星がはずされた。その新しいユーゴスラビアの国旗は、セルビア・モンテネグロの国旗と同じである。

ユーゴスラビアから独立した共和国では、公式旗の縦横比が1 : 2で統一されている。ただし、2006年6月5日セルビア・モンテネグロを継承したセルビアでは、公式旗の縦横比は2 : 3である。

王政時代の旗編集

社会主義時代の旗編集

連邦共和国時代編集

脚注編集

  1. ^ 柴、ベケシュ、山崎、p.21

参考文献編集

  • 柴宜弘、アンドレイ・ベケシュ、山崎信一編著 『スロヴェニアを知るための60章』明石書店、2017年9月10日。ISBN 978-4-7503-4560-4 

関連項目編集