ユージン・クーマン

ユージン・クーマン(Henri Eugène Lucien Gaëtan Coemans、1825年10月30日 - 1871年1月8日)は、ベルギーカトリック神父植物学者、学者である。

ブリュッセルで生まれた。ヘントの神学校などで学び1848年に叙階された。その後ヘント大学の植物学教授、Jean Kickxから植物学を学んだ。1853年からヘントで聖職についた。1864年にブリュッセル科学文芸アカデミーのメンバーになり、1866年からルーヴェンカトリック大学の教授を務めた[1]。1868年から没するまでヘントのフランシスコ修道院の院長を務めた。

植物学の分野では、主に菌類古生物学の分野で研究し、菌類の分野ではカビの属であるキックセラの記載を行い、Kickxに献名した。その他にキツネノマゴ科の属、Fittoniaの記載も行った[2]

菌類のブラシカビ属 (Coemansia)の学名に献名されている。

著作編集

  • Monographie du genre Pilobolus, Tode, spècialement ètudiè au point de vue anatomique et physiologique, 1861
  • Spicilège mycologique, 1862
  • Notices biographiques sur quelques lichenographes celebres, 1864
  • Monographie des Spenophyllum d'Europe (Jean Jacques Kickxと共著), 1864 [3]
  • Description de la flore fossile du premier ètage du terrain crètacè du Hainaut, 1867 [4]

参考文献編集

  1. ^ http://wiki.arts.kuleuven.be/wiki/index.php/Coemans,_Eug%C3%A8ne-Henri-Lucien-Ga%C3%ABtan_(1825-1871) BESTORの記事
  2. ^ IPNI List of plants described by Coemans
  3. ^ Google Books Monographie des Spenophyllum d'Europe
  4. ^ WorldCat Identities (published works)