ユーバー杯

女子バドミントンの国別対抗戦

ユーバー杯ユーバーカップ(Uber Cup)は、女子バドミントンの国別対抗戦である。男子のトマス杯に相当する。

大会名は、1930年代に活躍した伝説の名プレーヤー、ベティー・ユーバー英語版に因んでいる。

各大会の記録編集

決勝開催日 開催都市(国) 参加国数 優勝国 結果 準優勝国 3位[1]
1 1956
-57
1957年
3月18日
ランカシャー
イングランド[2]
11   アメリカ合衆国 6-1   デンマーク   インド
2 1959
-60
1960年
4月9日
フィラデルフィア
アメリカ合衆国
14   アメリカ合衆国 5-2   デンマーク   ニュージーランド
3 1962
-63
1963年
4月6日
ウィルミントン
アメリカ合衆国
11   アメリカ合衆国 4-3   イングランド   インドネシア
4 1965
-66
1966年
5月21日
ウェリントン
ニュージーランド
17   日本 5-2   アメリカ合衆国   イングランド
5 1968
-69
1969年
6月4日
東京
日本
19   日本 6-1   インドネシア   イングランド
6 1971
-72
1972年
6月11日
東京
日本
17   日本 6-1   インドネシア   ニュージーランド
  デンマーク
7 1974
-75
1975年
6月6日
ジャカルタ
インドネシア
14   インドネシア 5-2   日本   カナダ
  イングランド
8 1977
-78
1978年
5月20日
オークランド
ニュージーランド
16   日本 5-2   インドネシア   アメリカ合衆国
  デンマーク
9 1980
-81
1981年
5月22-23日
東京
日本
15   日本 6-3   インドネシア   カナダ
  イングランド
10 1984   クアラルンプール
マレーシア
23   中国 5-0   イングランド   韓国
11 1986   ジャカルタ
インドネシア
34   中国 3-2   インドネシア   韓国[3]
12 1988   クアラルンプール
マレーシア
31   中国 5-0   韓国   インドネシア[4]
13 1990   名古屋東京
日本
42   中国 3-2   韓国   日本
  インドネシア
14 1992   クアラルンプール
マレーシア
44   中国 3-2   韓国   スウェーデン
  インドネシア
15 1994 1994年
5月21日
ジャカルタ
インドネシア
44   インドネシア 3-2   中国   スウェーデン
  韓国
16 1996 1996年
5月25日
香港
イギリス領香港[5]
47   インドネシア 4-1   中国   韓国
  デンマーク
17 1998 1998年
5月23日
香港
(中国香港特別行政区)
40   中国 4-1   インドネシア   デンマーク
  韓国
18 2000 2000年
5月20日
クアラルンプール
マレーシア
43   中国 3-0   デンマーク   インドネシア
  韓国
19 2001
-02
2002年
5月18日
広州
中華人民共和国
44   中国 3-1   韓国   オランダ
  香港
20 2004 2004年
5月15日
ジャカルタ
インドネシア
12[6]   中国 3-1   韓国   日本
  デンマーク
21 2006
詳細
2006年
5月6日
仙台東京[7]
日本
12   中国 3-0   オランダ   ドイツ
  チャイニーズ・タイペイ
22 2008
詳細
2008年
5月17日
ジャカルタ
インドネシア
12   中国 3-0   インドネシア   韓国
  ドイツ
23 2010
詳細
2010年
5月15日
クアラルンプール
マレーシア
12   韓国 3-1   中国   日本
  インドネシア
24 2012
詳細
2012年
5月26日
武漢
中華人民共和国
12   中国 3-0   韓国   日本
  タイ
25 2014
詳細
2014年
5月24日
ニューデリー
インド
16   中国 3-1   日本   韓国
  インド
26 2016
詳細
2016年
5月21日
崑山
中華人民共和国
16   中国 3-1   韓国   日本
  インド
27 2018
詳細
2018年
5月26日
バンコク
タイ王国
16   日本 3-0   タイ   中国
  韓国


脚注編集

  1. ^ 第2-5回はインターゾーンプレーオフ決勝での敗退国。第6-9回はインターゾーンプレーオフ準決勝での敗退国(3位決定戦はなし)。第10-12回は準決勝敗退国同士で3位決定戦を実施したが、第13回以降は廃止。
  2. ^ IBFにはイギリスからイングランド・ウェールズスコットランドの3地域が独立した協会として加盟し、現在のBWFに引き継がれている。
  3. ^ 日本は3位決定戦で韓国に2-3で敗れた。
  4. ^ 日本は3位決定戦でインドネシアに0-5で敗れた。
  5. ^ 香港はイギリス植民地の独立協会としてIBFに加盟し、1997年の中国返還後も独立した協会組織を維持して、現在もBWFに加盟。
  6. ^ IBFが参加国数の計算方法を変更し、以後は本大会出場国のみをカウント。
  7. ^ グループリーグとプレーオフは仙台市体育館で開催。準々決勝以降は東京体育館で開催。

関連項目編集

外部リンク編集