メインメニューを開く

ユーロビジョン・ソング・コンテスト1959

第4回ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Grand Prix Eurovision de la Chanson Européenne)は1959年3月11日(水曜日)にフランスカンヌパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレで行われた。
製作はフランス国営放送(RTF)、プレゼンターは同局アナウンサーのジャクリーン·ジュベールが担当。そして、音楽監督にはフランク・プゥルセル が就任し、フランス、モナコ西ドイツスウェーデンスイスオーストリアの6か国の伴奏指揮者を務めた。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト 1959
日程
決勝 1959年3月11日
主催者
会場 フランスの旗 フランス カンヌ
パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ
主催放送局 フランス国営放送(RTF)
参加者
参加国数 11
新規参加 モナコの旗 モナコ
復帰 イギリスの旗 イギリス
撤退 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
投票
優勝曲 オランダの旗 オランダ
"Een beetje"
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄1958 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 1960►

参加国及び放送ネットワーク編集

11ヶ国 14社ネットワーク。
モナコが新規参入し、テレ・モンテ・カルロが放送開始。イギリスは復帰と共に、英国放送協会(BBC)での放送を再開。一方で、ルクセンブルクは代表を送り込まなかったが、CLTテレ・ルクセンブルグは放送を実施した。

( )内数字は参加回数


 
パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ

オープニング映像編集

各国の演目が開始される前に、開催地であるカンヌを紹介するビデオを放送。カンヌの街並みや夜景、ラ・クロワゼット通り等の後、カメラは会場であるパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレの内部に入って行き、視聴者の臨場感を高める演出をした。

投票方式編集

前年と同様。各国審査員は各10名。1人1票。国際電話で伝えられた投票数はスコアボード・パネルに表示された。
但し、重要な改正項目として「プロの作曲家やレコード会社等の関係者は審査員として認めない」という規則が加えられた。

結果編集

優勝はオランダのテディ・ショルテン。7ヶ国が得点を21点を投じ、その1/3はイタリアの票だった。

登場順 国名 言語 アーティスト名 曲目 順位 得点
01   フランス Jean Philippe
ジャック=フィリップ
Oui, oui, oui, oui 3 15
02   デンマーク Birthe Wilke
ビルテ・ヴィルケ
Uh, jeg ville ønske jeg var dig 5 12
03   イタリア Domenico Modugno
ドメニコ・モドゥーニョ
Piove (Ciao, ciao bambina) 6 9
04   モナコ Jacques Pills
ジャック・フィルス
Mon ami Pierrot 11 1
05   オランダ Teddy Scholten
テディ・ショルテン
'n Beetje 1 21
06   西ドイツ Kessler-Zwillinge
ケスラー・ツインズ(アリス&エレン)
Heute Abend wollen wir tanzen geh'n 8 5
07   スウェーデン Brita Borg
ブリタ·ボルグ
Augustin 9 4
08   スイス Christa Williams
クリスタ·ウィリアムズ
Irgendwoher 4 14
09   オーストリア Ferry Graf
フェリーグラーフ
Der K und K Kalypso aus Wien 9 4
10   イギリス Pearl Carr & Teddy Johnson
パール・カー&テディ・ジョンソン
Sing, Little Birdie 2 16
11   ベルギー Bob Benny
ボブ・ベニー
Hou toch van mij 6 9

言語 伊=イタリア語 英=英語 蘭=オランダ語 典=スウェーデン語 丁=デンマーク語 独=ドイツ語 仏=フランス語

得点表編集

審査員
















西






















フランス 15 4 1 2 4 1 1 2
デンマーク 12 1 1 1 4 1 2 2
イタリア 9 3 1 1 3 1
モナコ 1 1
オランダ 21 4 7 1 2 3 1 3
西ドイツ 5 2 1 1 1
スウェーデン 4 1 3
スイス 14 2 1 1 3 1 5 1
オーストリア 4 1 2 1
イギリス 16 1 1 2 5 3 2 2
ベルギー 9 2 1 1 3 2

歌詞編集

各曲の歌詞については以下を参照のこと
Diggiloo Thrush