ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011

第56回ユーロビジョン・ソング・コンテスト英語:Eurovision Song Contest 2011フランス語:Concours Eurovision de la chanson 2011)は、前年のユーロビジョン・ソング・コンテスト2010ドイツ代表レナ・マイヤー=ラントルートが「Satellite」を歌って優勝したにより、ドイツが主催権を獲得し、同国で開催候補地となった4都市の中からデュッセルドルフが選ばれ、2011年5月に同地のエスプリ・アレーナで開催されることとなった。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2011
"Feel Your Heart Beat!"
日程
準決勝1 2011年5月10日
準決勝2 2011年5月12日
決勝 2011年5月14日
主催者
会場 エスプリ・アレーナ
ドイツデュッセルドルフ[1]
司会 アンケ・エンゲルケ
ユディット・ラケアス
シュテファン・ラープ
主催放送局 ドイツの旗 ARD / NDR
参加者
参加国数 43
復帰 オーストリアの旗 オーストリア
ハンガリーの旗 ハンガリー
イタリアの旗 イタリア
サンマリノの旗 サンマリノ
投票
優勝曲 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
Running Scared
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄2010 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 2012►

2つの準決勝はそれぞれ5月10日と12日に、決勝は14日に行われる[2]。申込み締切りまでに43箇国が参加申請を受け付けられており[3]2007年大会以来となるオーストリア; 2009年大会以来となるハンガリー2008年大会以来となるサンマリノ、そして1997年大会を最後に参加していなかったイタリアも大会に復帰する。

優勝したのはアゼルバイジャンで221得点を得ている。優勝曲はエルダル・ガスモフニガル・ジャマルの「Running Scared」であった。以下、イタリアの189得点、スウェーデンの185得点がこれに続く。準決勝を免除される「Big 5」のうち上位10位に入賞したのはイタリアの他に10位のドイツで、イギリスがこれに続く11位、フランスは15位、スペインは23位と低迷した。

会場編集

 
2011年大会の会場となるエスプリ・アレーナ
 
アンケ・エンゲルケ ユディット・ラケアス シュテファン・ラープ

2010年10月12日、北ドイツ放送Norddeutscher Rundfunk、NDR)によって、デュッセルドルフエスプリ・アレーナが会場となることが発表された[4][5]。ドイツがユーロビジョン・ソング・コンテストを主催するのはドイツ再統一以降初めてのことであり、それ以前に西ドイツが大会を主催したのは1957年大会[6]1983年大会の2回であった[7]。また、欧州放送連合への資金の拠出額が大きい国々が準決勝を免除される「Big 4」のちの「Big 5」の制度が始まった2000年大会当初より、ドイツはその一員となっている。2011年大会では、同国の他にイギリスフランススペインイタリアが「Big 5」として、準決勝は免除で決勝に参加できる。

主催地の選定編集

当初、北ドイツ放送は23の都市での開催可能性を検討し[8]、うち8都市が開催への意欲を表明した。これらの8都市、ベルリンハンブルクハノーファーゲルゼンキルヒェン[9]デュッセルドルフケルンフランクフルト・アム・マインミュンヘン[10] の中から、ベルリンハンブルクハノーファーデュッセルドルフの4都市が、北ドイツ放送によって8月21日に公式に開催候補地として発表された[11]。会場の候補は、それぞれ以下の通りであった[12]:

  北ドイツ放送(Norddeutscher Rundfunk、NDR)の放送地域

デュッセルドルフ・エスプリ・アレーナ編集

新聞デア・ヴェステンDer Westen)は、エスプリ・アレーナの大規模な改修工事によって、6週間の間は会場を他用途に使用できるとした[14]。会場はユーロビジョン・ソング・コンテストの観客2万4千人を収用できる[15]デュッセルドルフのホテルには合わせて2万3千、周辺地域やドナウ川に浮かぶ船には2千人が宿泊できる。デュッセルドルフ空港からも近く、会場近くの体育館は1500人の報道関係者を収用する会見場として使用できる。会場からは公告看板が除去され、フォルトゥナ・デュッセルドルフのサッカー観戦のための通年チケット保持者には払い戻しがされる。大会中、フォルトゥナ・デュッセルドルフは代替会場としてパウル・ヤネス・シュタディオンを使用し、同競技場を2. ブンデスリーガレベルとするための改修費用はデュッセルドルフ市が負担する[16]

大会概要の発表とチケット発売編集

2010年10月13日、ドイツ公共放送連盟(ARD)のトーマス・シュライバー(Thomas Schreiber)は、デュッセルドルフで行われる大会の概要を明らかにした。それによると、エスプリ・アレーナは2つの空間に分けられ、ひとつはステージと観客席、もう一つは更衣室などの舞台裏となる。会場となりの体育館は会見場として使用する。エスプリ・アレーナではステージの近くまで客席が設けられ、サッカー競技場というよりは屋内イベントの様相となる。本番同等のリハーサルも公開が予定されている[17]。決勝と2つの準決勝、それに4回のリハーサルのチケットが発売される[18]

決勝のチケットは2010年12月12日、12時12分(CETから発売が始まった。チケットはwww.dticket.deの専売となっている[19]。3万2千ある決勝のチケットは6時間足らずで完売となった。準決勝のチケットは、2つある準決勝のうちどの国がどちらに参加するかが決まった後の1月中旬から発売となった[20]

主催地に関する報道編集

デュッセルドルフ編集

2010年9月24日、サッカークラブ、フォルトゥナ・デュッセルドルフはドイツサッカー連盟に対し、エスプリ・アレーナが2011年のユーロビジョン・ソング・コンテストで使用される場合、ホーム競技場をパウル・ヤネス・シュタディオンPaul-Janes-Stadion)に移す旨を申請したと発表した。このことから、この時点で既にデュッセルドルフ市はエスプリ・アレーナを会場候補として協議を進めていたことが伺える[21]。2010年10月6日、フォルトゥナ・デュッセルドルフは、必要に応じてパウル・ヤネス・シュタディオンを使用する旨が認められたと発表した[22]WAZメディエングルッペWAZ-Mediengruppe)傘下の新聞・ノイエ・ルーア・ツァイトゥング(Neue Ruhr Zeitung)は2010年12月12日、ユーロビジョンのためにフォルトゥナ・デュッセルドルフがパウル・ヤネス・シュタディオンに移ると報じた。また、エスプリ・アレーナに隣接するフォルトゥナの練習場は、イベント会場設計を専門とするスイスの会社・ニュッスリ(Nüssli)が、ユーロビジョンのために2万人分の座席を増設するための作業を行うための臨時の事業所となった[23]。この移動にかかる費用は、およそ150万ユーロと見積もられている[24]

ハンブルク編集

2010年10月2日、新聞・ハンブルガー・アーベントブラットHamburger Abendblatt)は、ハンブルクでの2011年のユーロビジョン開催は不可能と報じ、資金不足をその理由として挙げた[25]

ベルリン編集

ベルリンでの開催計画は、かつてのベルリン・テンペルホーフ国際空港のハンガー跡地周辺に巨大テントを建てるという物であり、これに関して懸念が上がっていた。北ドイツ放送の責任者らは、この計画では良好な会場環境を作ることができないと考えていると報じられた[26]

公共放送連盟編集

欧州放送連合(EBU)の一員であるドイツ公共放送連盟(ARD)は、ドイツの地域ごとの公共放送の連合体である。ドイツ公共放送連盟には10の報道機関が加盟している。会場候補となった4つの都市は、それぞれ3つの報道機関の地域に分かれていた。ベルリンはベルリン・ブランデンブルク放送Rundfunk Berlin-Brandenburg、RBB)、ハンブルクとハノーファーは北ドイツ放送Norddeutscher Rundfunk、NDR)、デュッセルドルフは西ドイツ放送Westdeutscher Rundfunk、WDR)の放送地域であった。北ドイツ放送は例年、ユーロビジョン・ソング・コンテストの決勝戦のドイツ国内での放送の責務を担ってきたが、3つの報道機関の資金力は2011年の会場決定に際して決定的な要素となった。ターゲスシュピーゲルは10月7日、大会の主催が、他の番組の予算を厳しく削減する決定へと至ったと報じた。また、ベルリン・ブランデンブルク放送の脆弱な財務状況が、ベルリン開催への最大のハードルであるとした[27]

形式編集

従来のルールでは、「Big 4」の4か国と主催国は準決勝を免除され、自動的に決勝に進むこととされていた。2011年大会では、ドイツは「Big 4」の一員であり主催国でもあるため、決勝に参加する国の数がひとつ減る可能性が生じた。ベオグラードで開かれた会合では、従来のルールをそのまま踏襲し、結果として決勝に参加する国は25か国(準決勝からの20か国、「Big 4」、主催国)から24か国となるとされた[28]。2010年12月31日、参加申請を受け付けられた国々の一覧が公表され、1997年以来の参加となるイタリアを、従来の「Big 4」に加えて「Big 5」とすることが明らかにされた。これにより、2011年大会で準決勝参加を免除されるのはドイツ、フランス、スペイン、イタリア、イギリスの5か国であり、決勝は25か国で行われることとなった[29]

2010年8月30日、それまでユーロビジョン・ソング・コンテストのスーパーバイザーを務めたSvante Stockseliusが2010年12月31日をもって退任すると報じられた[30]。2010年11月26日、前任に代わってJon Ola Sandがスーパーバイザーとなることが発表された[31]

司会編集

北ドイツ放送は、2010年12月16日、大会の司会がアンケ・エンゲルケAnke Engelke)、ユディット・ラケアスJudith Rakers)、シュテファン・ラープStefan Raab)であることを発表した。司会が3人となるのは1999年大会2010年大会について3回目である[32]

組分け編集

2011年1月17日、参加国が2つある準決勝のどちらに参加するかが決められた。参加国は2010年までの視聴者投票の傾向に基づいて6つの組に分けられた。各組から半分が準決勝1、半分が準決勝2へと振り分けられる。また、これによって各国のリハーサルの日程も決まる。また、準決勝に参加しない「Big 5」の国々(フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、イギリス)の視聴者がどちらの準決勝で投票権を持つかも決められる[33]

イスラエルの放送局IBAは、準決勝1の日程が戦没将兵記念日であるとして、準決勝2への参加を求めた。ドイツの北ドイツ放送も、番組編成上の理由により準決勝2での投票を求めた[33]

1組 2組 3組 4組 5組 6組

参加国編集

 
  準決勝1に参加
  準決勝1で投票
  準決勝2に参加
  準決勝2で投票

2010年12月31日、欧州放送連合は43か国が大会に参加することを発表した[3][29]

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011では、2007年大会以来となるオーストリア; 2009年大会以来となるハンガリー2008年大会以来となるサンマリノ、そして1997年大会を最後に参加していなかったイタリアが大会に復帰する[29]。資金難により2010年大会に参加しなかったモンテネグロも一度は参加を申請したものの、最終的な締切りである12月25日の2日前、23日に一転して不参加を決定した[34]

スロバキアは当初、資金難により2011年大会への不参加を表明していた。しかし、スロバキアテレビのウェブサイトでは、同国のユーロビジョン参加の是非を問う投票が行われ、投票総数の87.5%が参加を支持していた。スロバキアテレビは後に、2012年大会への復帰を目指す計画を表明した[35][36]。しかし、スロバキアの参加申請は取り下げられないままの状態が続き、スロバキアは2011年大会の参加国として欧州放送連合の一覧に掲載された。スロバキアテレビは2011年1月に資金難と組織再編のために大会に参加できないと表明した[37]。しかしスロバキアはその後も参加国として扱われ、1月17日には準決勝2への割り当ても行われた。スロバキアテレビはその後、申請締め切り後の参加撤回による罰金を支払うよりは参加予定を維持すると発表した[33][38]

2010年8月28日にベオグラードで行われた欧州放送連合の会合では、参加国は2011年3月14日までに参加するアーティストと楽曲を決め、3月15日に大会での登場順を決めることとされた[39]。参加国の準決勝への振り分けはデュッセルドルフにて1月17日に行われるものとされた[29]

準決勝編集

準決勝1編集

準決勝1は2011年5月10日に、デュッセルドルフ、エスプリ・アレーナにて開催される。準決勝1の参加国から、視聴者投票および審査員投票の組み合わせにより10か国が選出され、決勝に進むことができる[40]。スペインとイギリスは準決勝1を国内中継し、投票に加わる。 ○=決勝進出国

登場順 言語 アーティスト 曲目 順位 得点
01   ポーランド ポーランド語 Magdalena Tul
マグダレナ・トゥル
Jestem
(en:First class ticket to heaven)
19 18
02   ノルウェー 英語,スワヒリ語 Stella Mwangi
ステラ・ムワンギ
Haba Haba 17 30
03   アルバニア 英,アルバニア語 Aurela Gaçe
アウレラ・ガチェ
Feel the Passion
(sq:Kënga ime)
14 47
04   アルメニア Emmy
エミー
Boom Boom 12 54
05   トルコ Yüksek Sadakat
ユクセキ・サダカト
Live It Up 13 47
06   セルビア セルビア語 ニーナ Чаробан 8 67
07   ロシア 英,ロシア語 アレクセイ・ヴァラビヨフ Get You 9 64
08   スイス アンナ・ロッシネーリ In Love for a While 10 55
09   ジョージア エルドライン One More Day 6 74
10   フィンランド Paradise Oskar
パラダイス・オスカー
Da Da Dam 3 103
11   マルタ Glen Vella
グレン・ヴェラ
One Life 11 54
12   サンマリノ Senit
セニート
Stand By 16 34
13   クロアチア Daria
ダリア・キンツェル
Celebrate
(クロアチア語:Lahor)
15 41
14   アイスランド シーグリョンズ・フレンズ Coming Home 4 100
15   ハンガリー 英,ハンガリー語 ウォルフ・カティ What About My Dreams? 7 72
16   ポルトガル ポルトガル語 Homens da Luta
オメンス・ダ・ルタ
A luta é alegria 18 22
17   リトアニア 1 Evelina Sašenko
エヴェリーナ・サシェンコ
C'est ma vie 5 81
18   アゼルバイジャン エルダル&ニガル Running Scared 2 122
19   ギリシャ 英,ギリシア語 ルーカス・イオルカス ft. ステレオ・マイク Watch My Dance 1 133
1.[1]2つのフランス語のフレーズを含む

準決勝2編集

準決勝2は2011年5月12日、デュッセルドルフのエスプリ・アレーナにて開催される。準決勝2の参加国から、視聴者投票および審査員投票の組み合わせにより10か国が選出され、決勝に進むことができる。フランス、ドイツとイタリアは準決勝2を国内中継し、投票に加わる。

登場順 言語 アーティスト 曲目 順位 得点
01   ボスニア・ヘルツェゴビナ 英語,ボスニア語 ディノ・メルリン Love in Rewind 5 109
02   オーストリア ナディーネ・バイラー The Secret Is Love 7 69
03   オランダ 3JS Never alone
(nl:Je vecht nooit alleen)
19 13
04   ベルギー Witloof Bay
ウィットロフ・ベイ
With Love Baby 11 53
05   スロバキア TWiiNS
トゥウィーンズ
I'm Still Alive 13 48
06   ウクライナ ミカ・ニュートン Angel 6 81
07   モルドバ ズドブ・シ・ズドゥブ So Lucky 10 54
08   スウェーデン エリック・サーデ Popular 1 155
09   キプロス ギリシア語 Χρίστος Μυλόρδος
フリストス・ミロルドス
Σαν άγγελος σ'αγάπησα 18 16
10   ブルガリア ブルガリア Поли Генова
ポリ・ゲノヴァ
На инат 12 48
11   北マケドニア マケドニア語,英2 Влатко Илиевски
ヴラトコ・イリエフスキ
Русинкa
(en:Russian girl)
16 36
12   イスラエル ヘブライ語,英 דנה אינטרנשיונל
ダナ・インターナショナル
Ding Dong 15 38
13   スロベニア マーヤ・ケウツ No One 3 112
14   ルーマニア ホテルFM Change 4 111
15   エストニア ゲッテル・ヤーニ Rockefeller Street 9 60
16   ベラルーシ Анастасія Віннікава
アナスタシヤ・ヴィニーコワ
I Love Belarus 14 45
17   ラトビア Musiqq
ムジック
Angel in Disguise 17 25
18   デンマーク ア・フレンド・イン・ロンドン New Tomorrow 2 135
19   アイルランド ジェドワード Lipstick 8 68
2.[2]1つのロシア語のフレーズを含む

決勝編集

決勝は2011年5月14日に開催される。「Big 5」の国々は準決勝を免除され、自動的に決勝から参加できる。各準決勝から選出された20か国とこの「Big 5」、合わせて25か国が決勝に参加する[39]。投票方式は2010年大会と同様、視聴者投票と審査員投票の組み合わせにより行われる。視聴者はアーティストのパフォーマンス中から投票でき、投票は全アーティストのパフォーマンスが終わった後15分で締め切られる[40]。 ◎=Big5(永久シード権保有国) ○=主催国

登場順 言語[41] アーティスト 曲目 順位 得点
01   フィンランド 英語 Paradise Oskar
パラダイス・オスカー
Da Da Dam 21 57
02   ボスニア・ヘルツェゴビナ 英,ボスニア語 Dino Merlin
ディノ・メルリン
Love in Rewind 6 125
03   デンマーク A Friend in London
ア・フレンド・イン・ロンドン
New Tomorrow 5 134
04   リトアニア Evelina Sašenko
エヴェリーナ・サシェンコ
C'est ma vie 19 63
05   ハンガリー 英,ハンガリー語 Wolf Kati
ウォルフ・カティ
What About My Dreams?
(hu:Szerelem miért múlsz?)
22 53
06   アイルランド Jedward
ジェドワード
Lipstick 8 119
07   スウェーデン Eric Saade
エリック・サーデ
Popular 3 185
08   エストニア Getter Jaani
ゲッテル・ヤーニ
Rockefeller Street 24 44
09   ギリシャ 英,ギリシア語 Λούκας Γιώρκας ft. Stereo Mike
ルーカス・イオルカス ft. ステレオ・マイク
Watch My Dance 7 120
10   ロシア 英,ロシア語 Алексе́й Воробьёвv
アレクセイ・ヴァラビヨフ
Get You 16 77
11   フランス コルシカ語 Amaury Vassili
アモリ・ヴァッシーリ
Sognu
(en:I would dream about her)
15 82
12   イタリア イタリア語,英 Raphael Gualazzi
ラファエル・グアラッツィ
Madness of love
(it:Follia d'amore)
2 189
13   スイス Anna Rossinelli
アンナ・ロッシネーリ
In Love for a While 25 19
14   イギリス Blue
ブルー
I Can 11 100
15   モルドバ Zdob și Zdub
ズドブ・シ・ズドゥブ
So Lucky 12 97
16   ドイツ◎○ Lena meyer Landrut
レナ・マイヤー=ラントルート
Taken by a Stranger 10 107
17   ルーマニア Hotel FM
ホテルFM
Change 17 77
18   オーストリア Nadine Beiler
ナディーネ・バイラー
The Secret Is Love 18 64
19   アゼルバイジャン Ell & Nikki
エルダル&ニガル
Running Scared 1 221
20   スロベニア Maja Keuc
マーヤ・ケウツ
No One
(スロベニア語:Vanilija)
13 96
21   アイスランド Sigurjón's Friends
シーグリョンズ・フレンズ
Coming Home
(アイスランド語:Afturshock)
20 61
22   スペイン スペイン語 Lucía Pérez
ルシーア・ペレス
Que me quiten lo bailao 23 50
23   ウクライナ Міка Ньютон
ミカ・ニュートン
Angel 4 159
24   セルビア セルビア語 Нина
ニーナ
Чаробан
(en:Magical)
14 85
25   ジョージア ƎLDRINE
エルドライン
One More Day 9 110

得点表編集

準決勝1編集

得点を与えた国

















































































ポーランド 18 3 4 4 2 5
ノルウェー 30 1 1 1 2 8 4 10 2 1
アルバニア 47 8 6 8 7 4 2 12
アルメニア 54 2 7 8 8 7 7 4 8 3
トルコ 47 12 2 5 3 2 10 12 1
セルビア 67 6 7 2 4 12 7 3 3 12 5 1 3 2
ロシア 64 4 3 12 3 6 5 3 1 5 3 3 3 5 5 3
スイス 55 3 6 3 2 6 2 6 8 5 6 6 2
グルジア 74 5 8 10 4 5 1 8 2 1 12 8 10
フィンランド 103 10 12 6 1 3 12 10 3 12 6 8 7 3 4 6
マルタ 54 2 6 7 2 5 6 12 4 2 1 7
サンマリノ 34 8 5 5 1 6 1 6 2
クロアチア 41 7 12 1 12 4 1 4
アイスランド 100 4 10 2 8 3 8 10 12 10 8 6 12 7
ハンガリー 72 5 6 10 12 1 6 7 5 10 10
ポルトガル 22 4 4 2 1 8 3
リトアニア 81 12 8 4 1 7 3 10 2 2 5 6 4 5 12
アゼルバイジャン 122 8 5 12 10 1 12 5 10 5 10 8 7 7 10 7 1 4
ギリシャ 133 7 1 10 10 4 7 6 7 7 4 5 6 8 10 12 4 10 7 8

準決勝2編集

得点を与えた国






















































































ボスニア・ヘルツェゴビナ 109 12 10 4 12 4 8 12 12 5 2 7 10 7 4
オーストリア 69 7 3 5 1 4 4 10 1 7 2 5 2 1 12 5
オランダ 13 8 5
ベルギー 53 8 1 6 6 2 6 2 2 8 1 3 6 2
スロバキア 48 6 3 3 12 7 3 3 3 3 5
ウクライナ 81 4 10 8 3 5 3 6 8 6 2 7 12 1 6
モルドバ 54 4 2 5 4 12 10 1 4 5 7
スウェーデン 155 5 10 12 12 7 5 3 12 2 12 5 7 12 8 7 12 8 12 1 3
キプロス 16 6 2 8
ブルガリア 48 2 2 1 5 1 10 1 4 4 1 3 4 10
マケドニア 36 10 7 1 3 8 7
イスラエル 38 5 2 5 1 7 4 6 7 1
スロベニア 112 12 8 8 4 7 8 10 6 10 5 4 8 6 5 3
ルーマニア 111 6 4 10 6 12 7 8 1 4 7 6 5 6 3 8 6 12
エストニア 60 5 6 8 6 4 5 1 8 3 10 4
ベラルーシ 45 2 1 10 10 3 8 1 4 6
ラトビア 25 4 2 8 2 2 7
デンマーク 135 1 7 7 7 3 3 2 12 6 12 10 10 5 10 4 12 12 2 10
アイルランド 68 7 1 5 2 2 10 7 1 6 3 10 10 8

決勝編集

得点を与えた国[42]


































































































































































フィンランド 57 5 1 3 7 7 5 2 10 5 12
ボスニア・ヘルツェゴビナ 125 8 3 5 4 12 7 12 12 12 4 7 10 7 8 2 12
デンマーク 134 12 10 10 7 5 6 8 12 3 5 4 12 6 3 7 10 1 6
リトアニア 63 10 2 6 1 1 7 12 12 3 2 7
ハンガリー 53 12 5 2 7 2 2 5 6 4 8
アイルランド 119 10 2 12 12 12 8 4 4 7 1 8 6 5 7 8 3 10
スウェーデン 185 6 5 10 10 4 12 6 1 10 3 3 3 3 4 7 5 1 1 1 10 4 4 6 6 4 10 4 10 10 6 12 4
エストニア 44 7 2 7 7 6 2 2 2 5 4
ギリシャ 120 8 8 2 2 1 10 8 8 6 3 6 10 7 8 8 12 10 3
ロシア 77 6 3 5 1 5 5 4 1 8 4 4 4 8 2 4 8 5
フランス 82 4 4 12 3 1 2 10 5 2 2 5 1 3 6 2 12 7 1
イタリア 189 3 6 10 4 5 6 10 8 4 7 3 6 6 1 3 3 12 2 7 10 12 6 10 12 10 6 1 1 3 12
スイス 19 10 5 4
イギリス 100 3 3 6 2 4 1 10 4 5 1 2 3 1 6 2 6 7 2 3 4 12 5 1 2 5
モルドバ 97 4 8 7 4 8 8 4 12 5 7 7 5 5 1 5 7
ドイツ 107 3 8 2 6 4 3 6 8 10 7 6 3 4 5 3 1 7 5 8 8
ルーマニア 77 4 1 1 1 12 12 1 6 8 5 4 10 6 6
オーストリア 64 1 7 1 2 4 7 2 12 5 3 3 1 2 3 1 3 5 2
アゼルバイジャン 221 5 8 8 7 3 8 5 12 6 1 10 10 8 8 10 8 8 8 12 12 10 10 8 6 3 7 8 4 6 2
スロベニア 96 12 7 6 2 2 5 1 4 3 10 2 3 1 12 1 2 1 6 10 3 3
アイスランド 61 8 1 6 12 1 5 10 4 2 8 4
スペイン 50 4 12 3 1 5 2 5 12 2 4
ウクライナ 159 2 7 10 7 8 2 12 6 6 10 2 3 12 7 4 5 7 12 5 8 7 7 10
セルビア 85 2 10 5 3 6 7 10 4 6 6 1 1 5 8 3 8
グルジア 110 12 5 3 8 6 7 10 12 7 10 8 7 1 2 12
表は決勝戦での登場順、次いで準決勝での登場順に並べられている

12点編集

以下の表は決勝戦において、最高得点である12点がそれぞれどの国からどの国に与えられたかを示す:

12点を受けた国 12点を与えた国
5   ボスニア・ヘルツェゴビナ   オーストリア,   北マケドニア,   セルビア,   スロベニア,   スイス
4   イタリア   アルバニア,   ラトビア,   サンマリノ,   スペイン
3   アゼルバイジャン   マルタ,   ロシア,   トルコ
  デンマーク   アイスランド,   アイルランド,   オランダ
  ジョージア   ベラルーシ,   リトアニア,   ウクライナ
  アイルランド   デンマーク,   スウェーデン,   イギリス
  ウクライナ   アルメニア,   アゼルバイジャン,   スロバキア
2   フランス   ベルギー,   ギリシャ
  リトアニア   ジョージア,   ポーランド
  ルーマニア   イタリア,   モルドバ
  スロベニア   ボスニア・ヘルツェゴビナ,   クロアチア
  スペイン   フランス,   ポルトガル
  スウェーデン   エストニア,   イスラエル
1   オーストリア   ドイツ
  フィンランド   ノルウェー
  ギリシャ   キプロス
  ハンガリー   フィンランド
  アイスランド   ハンガリー
  モルドバ   ルーマニア
  イギリス   ブルガリア

放送編集

再出場のアーティスト編集

アーティスト 前回の出場年
ディノ・メルリン[48]   ボスニア・ヘルツェゴビナ 1999年
レナ・マイヤー=ラントルート[2]   ドイツ 2010年(優勝者)
Gunnar Ólafsson(Sigurjón's Friendsの一員)[49]   アイスランド 2001年Two Trickyの一員)[50]
ダナ・インターナショナル   イスラエル 1998年(優勝者)
ズドブ・シ・ズドゥブ[51]   モルドバ 2005年

参考文献編集

  1. ^ Siim, Jarmo (2010年10月12日). “And the winner is... Düsseldorf!”. EBU (Eurovision.tv). 2010年10月12日閲覧。
  2. ^ a b Bakker, Sietse (2010年6月30日). “Final of Eurovision 2011 set for 14 May, Lena returns!”. EBU. 2010年6月30日閲覧。
  3. ^ a b Hondal, Victor (2011年1月7日). “Slovakia: STV confirms withdrawal decision”. ESCToday. 2011年1月7日閲覧。
  4. ^ Der ESC 2011 in Düsseldorf , Das Erste: Eurovision Song Contest – Event – Finale”. Eurovision.ndr.de. 2010年12月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月17日閲覧。
  5. ^ And the winner is... Düsseldorf! , News , Eurovision Song Contest – Düsseldorf 2011”. Eurovision.tv (2010年10月12日). 2011年5月17日閲覧。
  6. ^ Eurovision History by Year (1957)”. EBU. 2010年5月29日閲覧。
  7. ^ Eurovision History by Year (1983)”. EBU. 2010年5月29日閲覧。
  8. ^ アーカイブされたコピー”. 2010年11月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月16日閲覧。
  9. ^ Jetzt will auch Schalke den Grand Prix” (ドイツ語). Bild.de (2010年6月1日). 2010年6月1日閲覧。
  10. ^ a b GERMANY - Seven cities already declared interest”. Oikotimes (2010年5月31日). 2010年6月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年5月31日閲覧。
  11. ^ Bakker, Sietse (2010年8月21日). “Four cities in the running to host Eurovision 2011”. EBU. 2010年8月20日閲覧。
  12. ^ Eurovision Song Contest - Lenas großer Triumph” (German). Stern.de (2010年8月23日). 2010年9月10日閲覧。
  13. ^ Jetzt will auch Schalke den Grand Prix”. Bild.de. 2010年6月1日閲覧。
  14. ^ Eurovision Song Contest kommt nach Düsseldorf” (German) (2010年10月7日). 2010年10月11日閲覧。
  15. ^ http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5h1QDV7Qal4GNHaCdXRTkupYspFXA?docId=CNG.102b5d2d00dfeacb1243f7cc91081584.151
  16. ^ Eurovision Song Contest kommt nach Düsseldorf” (German) (2010年10月7日). 2010年10月7日閲覧。
  17. ^ Wir wollen die beste Show machen” (German) (2010年10月13日). 2010年11月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月13日閲覧。
  18. ^ Für sieben Grand-Prix-Shows wird es Tickets geben” (German). Die Welt (2010年10月25日). 2010年10月26日閲覧。
  19. ^ Tickets Eurovision 2011 Final on sale this Sunday!”. 'EBU' (2010年12月10日). 2011年4月9日閲覧。
  20. ^ Bakker, Sietse (2010年12月12日). “Tickets Eurovision final sold out”. Eurovision.tv. 2010年12月12日閲覧。
  21. ^ Hoff, Rüdiger (2010年9月23日). “Wenn Lena in Düsseldorf singt, weicht Fortuna” (German). 2010年9月24日閲覧。
  22. ^ "DFL genehmigt Umzug in den Flinger Broich", Fortuna Düsseldorf, 6 October 2010 (ドイツ語)
  23. ^ NUSSLI builds interim stadium for Fortuna Düsseldorf”. 2011年4月9日閲覧。
  24. ^ http://www.derwesten.de/staedte/duesseldorf/Mobiles- Stadion-fuer-Fortuna-wegen-Song-Contest-id4043995.html
  25. ^ Renner, Kai-Hinrich (2010年10月2日). “Hamburg kann den Eurovision Song Contest abhaken” (German). Hamburger Abendblatt. 2010年10月2日閲覧。
  26. ^ http://www.tagesspiegel.de/berlin/stadtleben/song-contest-berlin-bewirbt-sich-mit-aufblasbarer-halle/1949124.html
  27. ^ Lena 11” (German) (2010年10月7日). 2010年10月7日閲覧。 [リンク切れ]
  28. ^ Bakker, Sietse (2010年8月28日). “Reference Group gathered in Belgrade”. EBU. 2010年8月28日閲覧。
  29. ^ a b c d Bakker, Sietse (2010年12月31日). “43 nations on 2011 participants list!”. Eurovision.tv. 2010年12月31日閲覧。
  30. ^ Bakker, Sietse (2010年8月30日). “Svante Stockselius says Eurovision farewell”. EBU. 2010年8月30日閲覧。
  31. ^ Siim, Jarmo (2010年11月26日). “Jon Ola Sand new Executive Supervisor”. EBU. 2010年11月26日閲覧。
  32. ^ http://www.eurovision.tv/page/news?id=22603&_t=Presenters+for+2011+Eurovision+Song+Contest+announced%21
  33. ^ a b c Bakker, Sietse (2011年1月16日). “Düsseldorf gets ready for exchange and draw”. European Broadcasting Union. 2011年1月16日閲覧。
  34. ^ Victor, Hondal (2010年12月23日). “Montenegro officially out of Eurovision 2011”. ESC Today. 2010年12月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月23日閲覧。
  35. ^ Floras, Stella (2010年10月17日). “Slovakia: The public says Yes! to Eurovision”. ESCToday. 2010年10月17日閲覧。
  36. ^ Hondal, Victor (2010年12月1日). “Slovakia withdraws from Eurovision 2011”. ESCToday. 2010年12月1日閲覧。
  37. ^ Hondal, Victor (2011年1月7日). “Slovakia: STV confirms withdrawal decision”. ESCToday. 2011年1月7日閲覧。
  38. ^ Busa, Alexandru (2011年1月17日). “Slovakia : Better in than paying fine”. ESCToday. 2011年1月17日閲覧。
  39. ^ a b Bakker, Sietse (2010年8月28日). “Reference Group gathered in Belgrade”. EBU. 2010年8月28日閲覧。
  40. ^ a b Voting | Eurovision Song Contest - Düsseldorf 2011”. European Broadcasting Union. 2011年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月18日閲覧。
  41. ^ Eurovision Song Contest 2011”. The Diggiloo Thrush. 2012年3月5日閲覧。
  42. ^ Scoreboard: Eurovision Song Contest 2011 Final
  43. ^ http://www.oikotimes.com/eurovision/?p=4178
  44. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年5月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月13日閲覧。
  45. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年4月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月13日閲覧。
  46. ^ http://www.tvr.ro/eurovisionromania/index.php?id=100361&pagina=stiri
  47. ^ https://twitter.com/naglerhd/status/50191688840392704
  48. ^ Al Kaziri, Ghassan (2010年12月1日). “Dino Merlin returns as 2011 representative”. Oikotimes. 2011年12月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月6日閲覧。
  49. ^ Escudero, Victor M. “Sigurjón's Friends will pay him homage in Düsseldorf”. European Broadcasting Union. 2011年2月12日閲覧。
  50. ^ Aftur heim - info”. Digiloo Thrush. 2011年2月19日閲覧。
  51. ^ Brey, Marco (2011年2月26日). “Zdob şi Zdub to represent Moldova!”. European Broadcasting Union. 2011年2月26日閲覧。

外部リンク編集