ユーロビジョン・ソング・コンテスト2019

第64回ユーロビジョン・ソング・コンテスト英語:Eurovision Song Contest 2019、フランス語:Concours Eurovision de la chanson 2019)は、2019年5月にイスラエルテルアビブ開催された。ポルトガルリスボンで開催された前年の大会イスラエル代表のネッタが優勝したことにより、イスラエルが大会の主催を獲得した。イスラエルで大会が開催されたのは1979年および1999年大会に続いて3回目のことであるが、エルサレム以外で開催されたのは初めてのことであった。エキスポ・テルアビブExpo Tel Aviv)を会場とし、準決勝は5月14日と16日に、決勝は5月18日に行われた。今大会には、前回大会に出場したブルガリアウクライナを除く41か国が参加した。ブルガリアは代表団のメンバーが他のプロジェクトに関わることになったため、またウクライナは出場予定であったものの国内予選にまつわる論争が原因で出場を辞退した。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2019
Dare to Dream
日程
準決勝1 2019年5月14日 (2019-05-14)
準決勝2 2019年5月16日 (2019-05-16)
決勝 2019年5月18日 (2019-05-18)
主催者
会場 イスラエルの旗 イスラエルテルアビブExpo Tel Aviv
司会
演出
  • Amir Ukrainitz
  • Sivan Magazanik
  • Yuval Cohen
総監督 ユン・ウラ・サン英語版
製作総指揮 Zivit Davidovich[1]
主催放送局 Israeli Public Broadcasting Corporation (IPBC)
開会演技
幕間演技
参加者
参加国数 41
撤退 ブルガリアの旗 ブルガリア
ウクライナの旗 ウクライナ
投票
投票方式 各国が出場者に対して、1点~8点、10点、12点を2回投票する。1つは審査員票、もう1つは視聴者票である。
優勝曲 オランダの旗 オランダ
ダンカン・ローレンスArcade
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
◄2018 Wiki Eurovision Heart (Infobox).svg 2021►

この大会の優勝者は"Arcade"を歌ったオランダ代表のダンカン・ローレンスで、オランダが優勝したのは1957年、1959年、1969年、1975年に続いて5回目のことである。また、2016年と同じく、優勝国は審査員票では3位(1位は北マケドニア)、視聴者票では2位(1位はノルウェー)と、いずれにおいてもトップにはならなかったものの、合計点により優勝となった。上位5位までにはイタリアロシアスイススウェーデンが入賞した。北マケドニアは7位(1998年の初参加以来10位以内に入賞したのは初めてのことである)、サンマリノは19位と、両国は2019年時点での最高の順位となった。イスラエルは決勝で23位となったが、開催国が下から数えて5位以下となったのは2015年以来のことである。

本大会では投票に誤りがあり、ベラルーシの審査員票が放送の3日後に修正された。審査員票と視聴者票の合計点による上位4か国の順位には影響しなかったものの、放送時にはスウェーデンが審査員票で1位だと発表されたが、実際には北マケドニアが1位であったことが判明した[2]。また、下位の順位にも若干の変化が生じた。

欧州放送連合によると視聴者数は1億8200万人であった。前回大会より400万人減少したものの、15~24歳の世代では2%の増加が見られた[3][4]

開催地編集

今大会はイスラエルのテルアビブで開催された。イスラエルが開催国となったのは3回目のことである[5]

会場編集

 
Pavilion 2 of Expo Tel Aviv

今大会はエキスポ・テルアビブ(Expo Tel Aviv)の"Bitan 2"(パビリオン2)において開催された。この会場は2015年1月に完成し、10,000人の観客を収容することができる[6][7][8]

開催地の決定編集

開催地の候補となった都市。青が開催地、緑は最終候補、赤は落選。

リスボンで開催された2018年大会においてイスラエルが優勝した直後、ネッタとイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、Israeli Public Broadcasting Corporation(IPBC/KAN)にも欧州放送連合にも承認は受けていなかったものの、2019年大会がエルサレムで開催されると発言した[5][9] 。また、エルサレムは観客席が足りないことが理由に、1979年および1999年大会の会場であったInternational Convention Centerでは開催できないことを発表した[10]

2018年6月18日にネタニヤフ首相は、イスラエルは欧州放送連合が定める会員放送局としての要件を満たすことにより、コンテストの開催に影響が生じないと発言した。IPBCの設立に際しては別の事業体に報道部門を委任することとなっていたが、これは欧州放送連合が定める「加盟局は自前の報道部門を持たなければならない」という条件に反するものであった[11][12]

その翌日にイスラエルが大会を主催することが正式に発表され[13]、2018年6月24日に開催地の立候補の受付が開始された。マイケル・オレン大臣はエルサレムが開催に必要なリソースがないためにテルアビブが会場になるであろうと2018年7月28日に発言した[14]。 2018年8月27日の週に、欧州放送連合の責任者であるユン・ウラ・サンとスタッフはエルサレムとテルアビブの会場候補地を訪ね、また同じく立候補している都市のエイラートの説明を受けた。8月30日にサンはIPBCとの面談において、エイラートを開催地候補から外しエルサレムかテルアビブのどちらかとなると表明した。また、欧州放送連合の加盟国の間で本大会をボイコットするような深刻な動きは見られないとも話した[15]

2018年9月13日に、欧州放送連合はテルアビブのExpo Tel Avivを会場とすることを発表した[6]

その他の会場編集

ユーロビジョン・ビレッジは大会開催時期の数週間設けられ、ファンやスポンサーを対象とした大会の出場者や地元のアーティストによるを楽しめる公認のエリアであり、また大会のパブリック・ビューイングの会場でもある。今大会では5月12~18日の期間、テルアビブのCharles Clore Parkに設けられた[16][17]

ユーロクラブは大会出場者が出演する公式なパーティーや私的なイベントの会場である。ユーロビジョン・ビレッジとは異なり、ユーロクラブへの出入りは許可を得たファンや出場国の関係者とマスコミ関係者に限られている。今大会では、テルアビブ港のHanger 11に設けられた[17]

すべての出場者やその関係者がマスコミやファンに紹介されるイベント、「オレンジ・カーペット」はHabima Squareで2019年5月12日19:00(現地時間)に開催された。それに続き、Charles Bronfman Auditoriumにおいて開会式が実施された[17][18]

形式編集

デザイン編集

コンテストのスローガン"Dare to Dream"は2018年10月28日に発表された[19]。ロゴや視覚デザインは2019年1月8日に発表された。視覚デザインはAwesome Tel Aviv とStudio Adam Feinbergにより制作されたもので、テルアビブに向かう「未来の星」を三角形の重なりにより象ったものであった[20]

ポストカード編集

ポストカードは2019年3月から4月にかけて、Toyのミュージック・ビデオの監督でもあったKeren Hochmaの監督により撮影された[21]。各国の出場者がイスラエルにある自国と似た場所を訪れ、出場者の頭上に現れるCGの再生ボタンを押し、踊った後でカメラに向けてその再生ボタンを投げると国旗が投影された会場の天井へ飛んでゆくという演出であった。

司会者編集

 
4名の司会者。左からAssi Azarバー・ラファエリLucy AyoubErez Tal。テルアビブ、2019年5月16日。

2019年1月25日に、準決勝と決勝の司会者4名が発表された[22]

Talとラファエリが主に進行を務め、AzarとAyoubはグリーンルームを担当した[23]

準決勝の組分け編集

出場国の組分けの抽選は、2019年1月28日にTel Aviv Museum of Artにおいて行われた[24]。出場国のうち準決勝を免除される6か国(主催国イスラエルと"Big5"のフランスドイツイタリアスペインイギリス)を除いた36か国が過去の投票傾向をもとに6組に分けられ抽選が行われた。この方法により特定の国々が互いに投票し合う「ブロック投票」を避け、準決勝の緊張感をより高めることができる。また、直接決勝に進出する6か国がどちらの準決勝を放送し投票するかもこの抽選会で決定された。この抽選会は大会の司会者でもあるAzarとAyoubが司会を務め、またこの場で前回大会の開催都市であるリスボンからテルアビブへ記章が手渡された[25]

1組 2組 3組 4組 5組 6組

投票編集

2019年3月30日に、欧州放送連合は2016年大会以来決勝で実施されている得点の発表方法を変更することを発表した[26]。審査員票は従来どおり各国が12点を与える国名を中継で発表されるが[27]、今大会では視聴者票については審査員票の得票が少ない国のものから発表されることとなった[28]

開幕と幕間の演出編集

2019年4月8日に、決勝の幕間にマドンナが出演することが発表され[29]、後にパフォーマンスされる曲は「フューチャー」と「ライク・ア・プレイヤー」とその時点で未発表であった「ダーク・バレエ」の3曲であることを発表した[30][31]。 準決勝1のオープニングではネッタが優勝曲のToyの新バージョンを、またダナ・インターナショナルブルーノ・マーズの「Just the Way You Are」を披露した[32]。準決勝2ではShalva Bandが「ア・ミリオン・ドリームズ」(映画『グレイテスト・ショーマン』より)を披露し、メンタリストのLior Suchardが出演した。 決勝には6組のユーロビジョン出場者が出演した。幕間の"Switch Song"では、コンチータ・ヴルスト2014年オーストリア代表)、モンス・セルメルロー2015スウェーデン代表)、エレニ・フレイラ英語版2018年キプロス代表)、ヴェールカ・セルヂューチュカ2007年ウクライナ代表)が出演し、最後にその4名がガリ・アタリ(1979年大会優勝・イスラエル代表)と一緒にアタリの優勝曲である"Hallelujah"を歌った。その後、ネッタが新曲の「Nana Banana」を披露した。また、オープニングには過去のイスラエル代表アーティストとしてネッタ、ダナ・インターナショナル1998年および2011年)、Nadav Guedj2015年)、Ilanit(1973年)および1977年の4名と、シンガー・ソングライターのIdan Raichelが出演した。女優のガル・ガドットも短いスキットに出演した[17][33][34][35]

出場国編集

 
  準決勝1に参加
  準決勝1で投票
  準決勝2に参加
  準決勝2で投票

2018年11月7日に、欧州放送連合は42か国が今大会に出場することと、財政的な理由によりブルガリアが出場しないことを発表した[36][37]。後にウクライナが2019年2月27日に出場を辞退することを発表し、最終的に出場国は41か国となった[38]。 1998年以来マケドニア旧ユーゴスラビア共和国として出場していた北マケドニアが新たな国名で初めて出場することが2019年3月6日に発表された[39]

再出場のアーティスト編集

今大会には、5組のアーティストが同じ国の代表として再出場を果たした。 ロシア代表のセルゲイ・ラザレフとサンマリノ代表のセルハトは、2016年にもそれぞれ同国の代表として出場した[40][41] 。 ハンガリー代表のパーパイ・ヨツィは、2017年に同国の代表として出場した[42] 。 北マケドニア代表のタマラ・トデフスカは、2008年に同国の代表として出場し、また2008年および2014年には同国のバックコーラスを務めた[43]。セルビア代表のネヴェナ・ボジョヴィッチ2013年に同国代表のモイェ3の一員として、また、2007年にはジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテストにセルビア代表として出場した。リトアニアのユリー・ヴェクレンコは、2013年と2015年にリトアニアのバックコーラスとを務めた。

他にも、過去の出場者が自国または他国のバックコーラスとして出演した。 2018年ジョージア代表であったイリアオのメンバーMikheil Javakhishviliは、オト・ネムサゼのバックコーラスを務めた[44]2007年スペイン代表であったD'NashのメンバーMikel Hennetは、ミキのバックコーラスを務めた[45]2015年エストニア代表であったスティグ・ラスタは、ヴィクトル・クロネのバックコーラスを務めた[46]2018年セルビア代表のバルカニカのメンバーMladen Lukićは、ネヴェナ・ボジョヴィッチのバックコーラスを務めた[47]2002年エストニア代表のアンナ・サァリーンは、イギリス代表のマイケル・ライスのバックコーラスを務めた。なお、アンナ・サァリーンは1999年のスウェーデン、2000年マルタ、2016年オーストラリアのバックコーラスを務めた経験もある[48]2017年クロアチア代表ジャック・ホウデクは、ロコのバックコーラスを務めた[49]2018年フランス代表マダム・ムッシュのメンバーであるエミリ・サットは、ビラル・ハッサニのバックコーラスを務めた[50]。 2015年ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテストのマルタ代表として優勝したデスティニー・チュクニェレはミケーラのバックコーラスを務めた[51]

結果編集

準決勝1編集

2019年5月14日に開催された[52]準決勝1には17か国が出場し、10か国が決勝に進出した(決勝出場国は太字で表記)。出場国に加えて、フランスイスラエルスペインの3か国が投票した[53]。当初ウクライナは準決勝1の後半に割り当てられていたが、国内予選での論争により出場を辞退した[38]

登場順[54] [54] アーティスト[54] 楽曲[54] 言語 順位 得点
合計 審査員 視聴者
01   キプロス タムタ英語版
Tamta
Replay 英語 9 149 95 54
02   モンテネグロ Dモル英語版
D mol
Heaven 英語 16 46 31 15
03   フィンランド ダルード feat. セバスティアン・レイマン英語版
Darude feat. Sebastian Rejman
Look Away 英語 17 23 9 14
04   ポーランド トゥリア英語版
Tulia
Fire of Love (Pali się) ポーランド語、英語 11 120 60 60
05   スロベニア ザラ・クラリ & ガシュペル・シャントル英語版
Zala Kralj & Gašper Šantl
Sebi スロベニア語 6 167 74 93
06   チェコ レイク・マラウイ英語版
Lake Malawi
Friend of a Friend 英語 2 242 157 85
07   ハンガリー パーパイ・ヨツィ英語版
Joci Pápai
Az én apám ハンガリー語 12 97 65 32
08   ベラルーシ ゼナ英語版
ZENA
Like It 英語 10 122 78 44
09   セルビア ネヴェナ・ボジョヴィッチ
Nevena Božović
Kruna (Круна) セルビア語[注釈 3] 7 156 91 65
10   ベルギー Eliot Wake Up 英語 13 70 50 20
11   ジョージア オト・ネムサゼ英語版
Oto Nemsadze
Keep on Going グルジア語[注釈 4] 14 62 29 33
12   オーストラリア ケイト・ミラー=ハイドキ英語版
Kate Miller-Heidke
Zero Gravity 英語 1 261 121 140
13   アイスランド ハタリ英語版
Hatari
Hatrið mun sigra アイスランド語 3 221 70 151
14   エストニア ヴィクトル・クロネ英語版
Victor Crone
Storm 英語 4 198 65 133
15   ポルトガル コナン・オジリス英語版
Conan Osíris
Telemóveis ポルトガル語 15 51 8 43
16   ギリシャ Katrine Duska Better Love 英語 5 185 131 54
17   サンマリノ セルハト英語版
Serhat
Say Na Na Na 英語[注釈 5] 8 150 26 124

準決勝2編集

2019年5月16日に開催された[52] 準決勝2には18か国が出場し、10か国が決勝に進出した(決勝出場国は太字で表記)。出場国に加えて、ドイツイタリアイギリスの3か国が投票した。スイスはスケジュールの都合上あらかじめ準決勝2に割り当てられた[53]

登場順[55] [55] アーティスト[55] 楽曲[55] 言語 順位 得点
合計 審査員 視聴者
01   アルメニア Srbuk Walking Out 英語 16 49 26 23
02   アイルランド サラ・マクターナン英語版
Sarah McTernan
22 英語 18 16 13 3
03   モルドバ アンナ・オドベスク英語版
Anna Odobescu
Stay 英語 12 85 58 27
04   スイス ルカ・ハンニ英語版
Luca Hänni
She Got Me 英語 4 232 95 137
05   ラトビア カルーセル英語版
Carousel
That Night 英語 15 50 37 13
06   ルーマニア エスター・ピオニー英語版
Ester Peony
On a Sunday 英語 13 71 47 24
07   デンマーク レオノラ英語版
Leonora
Love Is Forever 英語、 フランス語[注釈 6] 10 94 53 41
08   スウェーデン ヨン・ルンドヴィク英語版
John Lundvik
Too Late for Love 英語 3 238 150 88
09   オーストリア PÆNDA Limits 英語 17 21 21 0
10   クロアチア ロコ英語版
Roko Blažević
The Dream 英語、クロアチア語 14 64 26 38
11   マルタ ミケーラ英語版
Michela
Chameleon 英語 8 157 107 50
12   リトアニア ユリー・ヴェクレンコ英語版
Jurij Veklenko
Run with the Lions 英語 11 93 16 77
13   ロシア セルゲイ・ラザレフ
Sergey Lazarev
Scream 英語 6 217 93 124
14   アルバニア ヨニダ・マリツィ英語版
Jonida Maliqi
Ktheju tokës アルバニア語 9 96 38 58
15   ノルウェー ケイーノ英語版
KEiiNO
Spirit in the Sky 英語[注釈 7] 7 210 40 170
16   オランダ ダンカン・ローレンス
Duncan Laurence
Arcade 英語 1 280 140 140
17   北マケドニア タマラ・トデフスカ
Tamara Todevska
Proud 英語 2 239 155 84
18   アゼルバイジャン チンギス英語版
Chingiz
Truth 英語 5 224 103 121

決勝編集

決勝は2019年5月18日に開催された[52]。決勝には26か国が出場し、41か国が投票した。

登場順[56] [56] アーティスト[56] 楽曲[56] 言語 順位[57] 得点
合計 審査員 視聴者
01   マルタ ミケーラ英語版
Michela
Chameleon 英語 14 107 87 20
02   アルバニア ヨニダ・マリツィ英語版
Jonida Maliqi
Ktheju tokës アルバニア語 17 90 43 47
03   チェコ レイク・マラウイ英語版
Lake Malawi
Friend of a Friend 英語 11 157 150 7
04   ドイツ シズターズ英語版
S!sters
Sister 英語 25 24 24 0
05   ロシア セルゲイ・ラザレフ
Sergey Lazarev
Scream 英語 3 370 126 244
06   デンマーク レオノラ英語版
Leonora
Love Is Forever 英語、フランス語[注釈 6] 12 120 69 51
07   サンマリノ セルハト英語版
Serhat
Say Na Na Na 英語[注釈 5] 19 77 12 65
08   北マケドニア タマラ・トデフスカ
Tamara Todevska
Proud 英語 7 305 247 58
09   スウェーデン ヨン・ルンドヴィク英語版
John Lundvik
Too Late for Love 英語 5 334 241 93
10   スロベニア ザラ・クラリ & ガシュペル・シャントル英語版
Zala Kralj & Gašper Šantl
Sebi スロベニア語 15 105 46 59
11   キプロス タムタ英語版
Tamta
Replay 英語 13 109 77 32
12   オランダ ダンカン・ローレンス
Duncan Laurence
Arcade 英語 1 498 237 261
13   ギリシャ Katrine Duska Better Love 英語 21 74 50 24
14   イスラエル コビ・マリミ英語版
Kobi Marimi
Home 英語 23 35 0 35
15   ノルウェー ケイーノ英語版
KEiiNO
Spirit in the Sky 英語[注釈 7] 6 331 40 291
16   イギリス マイケル・ライス英語版
Michael Rice
Bigger than Us 英語 26 11 8 3
17   アイスランド ハタリ英語版
Hatari
Hatrið mun sigra アイスランド語 10 232 46 186
18   エストニア ヴィクトル・クロネ英語版
Victor Crone
Storm 英語 20 76 28 48
19   ベラルーシ ゼナ英語版
ZENA
Like It 英語 24 31 18 13
20   アゼルバイジャン チンギス英語版
Chingiz
Truth 英語 8 302 202 100
21   フランス ビラル・ハッサニ
Bilal Hassani
Roi フランス語・英語 16 105 67 38
22   イタリア マムード英語版
Mahmood
Soldi イタリア語[注釈 8] 2 472 219 253
23   セルビア ネヴェナ・ボジョヴィッチ
Nevena Božović
Kruna (Круна) セルビア語[注釈 3] 18 89 35 54
24   スイス ルカ・ハンニ英語版
Luca Hänni
She Got Me 英語 4 364 152 212
25   オーストラリア ケイト・ミラー=ハイドキ英語版
Kate Miller-Heidke
Zero Gravity 英語 9 284 153 131
26   スペイン ミキ英語版
Miki
La venda スペイン語 22 54 1 53

事件編集

宗教行事に伴う要望編集

宗教政党による政党連合である超正統派のユダヤ・トーラ連合の代表でありMinister of Healthの元大臣であるYaakov Litzmanは、2018年5月14日に、イスラエルの観光、通信、文化及びスポーツに関係する省に対してコンテストの開催がユダヤ教の法律に反することがないようにとの要望の手紙を起草した[58]。この法律では、金曜日の日没から土曜日の日没が安息日と定められており、土曜日の22:00から行われる決勝の開催はそれに違反しないものの、金曜日の審査員向け公演と土曜日のリハーサルは法律に違反するとされた。欧州放送連合でコンテストを担当する委員会の委員長はこのことを認識していて、IPBC/KANと連絡するとした[59]。準決勝2の幕間に出演したShalva Bandはイスラエルの国内予選に出場していたが、もし優勝した場合には同様の理由で土曜日のリハーサルが行えないとして国内予選への出場を途中で辞退した[60]

ボイコットの呼びかけ編集

イスラエルでの開催が決定したことによりエルサレムが会場となる可能性が生じ、ボイコット、投資撤収、制裁(BDS)運動の活動家がヨルダン川西岸地区およびガザ地区に在住するパレスチナ人に対するイスラエルによる扱いに抗議して、大会をボイコットするように呼びかけた[61]。 複数の国内予選はコンテストのボイコットを呼びかけるBDS運動の支援者により妨害された。例えばフランスの国内予選の準決勝2ではボイコットを呼びかける看板を持った者がステージに侵入し[62]、スペイン[63]、ドイツ[64]、デンマークの国内予選でも会場の外でボイコットの呼びかけがなされた[64]。欧州放送連合は後にすべての国の放送局に対して、このような妨害活動の可能性がありそれを防止するように特別ま文書で通知した[65]。 2019年3月には、LGBTの活動グループがイスラエルのピンクウォッシング英語版への抵抗として大会のボイコットを呼びかけた[66]。また、2019年4月にはスティーヴン・フライシャロン・オズボーンなどの有名人100人はボイコット運動に反対する声明に署名した[67]

ウクライナの遅い時期の出場辞退編集

2019年2月23日に行われたウクライナの国内予選の決勝の際に、ウクライナ国営放送英語版が審査員と視聴者による投票結果を変更する権利を有するということが発表された。マルーヴ英語版の優勝が決定した後、ウクライナ国営放送は彼女のマネージャーに契約書を送り、ウクライナ代表として出場するためには今後のロシアでの公演をすべてキャンセルするように要求し、その回答期限を48時間以内とした[68]。 2019年2月24日に、マルーヴはウクライナ国営放送から同局の許可なくステージ上でのアドリブを行ったりやジャーナリストと接触したりすることを禁じられていることと、また同局からの全ての指示に従うことも契約に含まれていることを公表した。その後、ウクライナ国営放送は契約書のすべての内容を公開した[69]。もしこの契約書にある項目にひとつでも違反することがあれば、マルーヴは200万フリヴニャ(約65,500ユーロ)の罰金が科せられることとなった。マルーヴはまた、ウクライナ国営放送が旅費も含め大会参加にかかる費用を一切負担しないことも公表した[70]。 2019年2月25日にマルーヴとウクライナ国営放送は契約の合意に至らなかったためマルーヴがウクライナ代表として大会に出場しないことと、代わりに別のアーティストが大会に出場することを発表した[71]。国内予選で2位となったFreedom Jazzと3位のカズカ英語版も出場を拒否した[72][73]。このことは国外の主要なメディアでも報じられ[74]、ウクライナ国営放送は正式に本大会への出場を辞退することを2019年2月27日に発表した[38]

チケットに関する議論編集

チケットの価格についてはイスラエルの国内外で批判が起きた[75]。イスラエルのオンライン新聞であるThe Times of Israelは今大会のチケットが「おそらくこれまでで最も高額」だと報じた[76] 。高額となった理由は。イスラエルの物価の高さとイスラエル政府がユーロビジョンに財政的な支援を行わなかったこととされた[77][78]。会場は10,000人を収容することができるが、ステージのサイズと機材や保安上の都合で実際には7,300席しか設けられず、そのうち3,000席は欧州放送連合により確保されたために、その残りの4,300席しか販売されなかった[79]。 2019年3月3日にはKANの監督委員会によりチケット販売の不正が見つかり、チケットの販売が中断された。イスラエルのメディアによると、本来の価格の2倍でチケット転売されていることが確認された[80]。 2019年3月14日にチケットの販売が再開された。不正に購入された220枚のチケットは無効化され、2次発売の際に販売された[81]

技術的な問題編集

準決勝1でのサイバー攻撃編集

準決勝1でハッカーによるサイバー攻撃があり[82]、反イスラエル的な文言を放送した[83]。この事件についてはIPBC/KANおよび欧州放送連合により調査が行われ、IPBC/KANは「この問題はすぐに解消された。数分に渡って攻撃を受けたものの、それほど多くの人の目に触れなかったはずだ」との声明を発表した[84]

準決勝1の技術的な問題編集

準決勝1の中継では複数の放送局でトラブルが生じたと報じられた[85]。オランダと北マケドニアの視聴者は、会場のコメンテーターの音声がが聞こえなかった[85]ポーランド国営放送はテルアビブにいるコメンテーターからの音声が届かなかったことからワルシャワにいる別のコメンテーターによる放送を行うこととなった[85]。その他、ドイツとイギリスでは一部が放映されず[86]、フランスはポルトガルとベルギーのパフォーマンス中に音声の問題が生じた[85]。同様のトラブルは2011年大会でも生じていた。

ノルウェーの審査員向け公演編集

映像外部リンク
  Camera issues during Keiino's jury show performance, YouTube video

審査員向け公演でのノルウェーの出番で、2つの技術的な問題が立て続けに起きた。まず画面が黒くなり、その画面がもとに戻った後でカメラマンが画面に映りこんだ。ノルウェー放送協会は欧州放送連合に対してやり直しを求めたが却下された[87][88][89]

審査員票の問題編集

審査員票の詳細が公表された後で、3名の審査員が準決勝において逆の順位に投票したことが発覚した。そのうちの1名は準決勝1でのチェコの審査員で、もし正しく投票していればベラルーシではなくポーランドが決勝に進出しているはずだった[90]。このトラブルが起きたのは2016年以来二度目である[91]

決勝での政治的な行動編集

本大会の開催は進行中のパレスチナ問題の影響を会場の内外で受けた。 マドンナによる幕間パフォーマンスでは、イスラエルとパレスチナの衝突を意図していると解釈される演出がなされたり、それぞれイスラエルとパレスチナの国旗を着用した2名のダンサーが出演したりした。マドンナは両国の国旗を使用した目的を、パレスチナへの支持ではなく団結と平和への呼びかけだと話した[92]。視聴者票の発表の時に、アイスランド代表のハタリのメンバーはパレスチナの国旗を掲げた[93][94]反資本主義を自称するハタリがイスラエルによるパレスチナ侵略に対する抗議を目的としたパフォーマンスを行うのではないかという懸念があり[95]、彼らは欧州放送連合から事前に警告を受けていた[96] 。欧州放送連合は、コンテストの後で役員会において本件について協議すると述べた[97]。その後ハタリは、パレスチナのアーティストであるBashar Muradと共に次のシングル曲を制作することを発表した[98]

注釈編集

  1. ^ ウクライナは抽選の約1ヶ月後に大会への参加を辞退した
  2. ^ スイスはスイス放送協会からの要望により準決勝2に参加することがあらかじめ承認された
  3. ^ a b 英語の歌詞が含まれる
  4. ^ アブハズ語の歌詞が含まれる
  5. ^ a b トルコ語での「1、2、3」のかけ声が含まれる
  6. ^ a b その他、デンマーク語ドイツ語の歌詞が含まれる
  7. ^ a b 北部サーミ語の歌詞が含まれる
  8. ^ アラビア語の歌詞が含まれる

参考文献編集

  1. ^ Zwart, Josianne (2018年7月2日). “KAN appoints two core team members for Eurovision 2019”. eurovision.tv. 2018年8月18日閲覧。
  2. ^ Last-place UK does even worse in Eurovision” (英語). BBC.com (2019年5月23日). 2019年5月23日閲覧。
  3. ^ 186 million viewers for the 2018 Eurovision Song Contest”. eurovision.tv. European Broadcasting Union (EBU) (2018年5月23日). 2018年5月26日閲覧。
  4. ^ 182 million tune in to 64th Eurovision Song Contest as young audience numbers surge”. European Broadcasting Union (2019年5月28日). 2019年5月28日閲覧。
  5. ^ a b Stern, Itay; Tucker, Nati; Lerner, Davide (2018年5月13日). “Israel's Netta Wins 2018 Eurovision Song Contest With 'Toy'”. Haaretz. https://www.haaretz.com/israel-news/israel-s-netta-wins-201eurovision-song-contest-with-toy-1.6077083 2018年5月16日閲覧。 
  6. ^ a b Tel Aviv to host Eurovision 2019! – Eurovision Song Contest Israel 2019”. eurovision.tv (2018年9月13日). 2018年9月13日閲覧。
  7. ^ FEW SEATS, SKY-HIGH PRICES: EUROVISION TICKET DETAILS RELEASED”. jpost.com. 2019年2月20日閲覧。
  8. ^ Pavilion 2 opens at Tel Aviv Convention Center”. 2018年6月25日閲覧。
  9. ^ “Eurovision 2019 à Jérusalem? Netanyahu s'attire les foudres de Twitter” (フランス語). Sputnik France. (2018年5月13日). https://fr.sputniknews.com/international/201805131036357022-Eurovision-jerusalem-netanyahu-twitter/ 2018年5月16日閲覧。 
  10. ^ Israel mulls venue for hosting Eurovision 2019 Finals”. Globes English (2018年5月13日). 2018年5月13日閲覧。
  11. ^ “Appearing to back off Kan split, PM says government will follow Eurovision rules”. Times of Israel. https://www.timesofisrael.com/appearing-to-back-off-kan-split-pm-says-government-will-follow-eurovision-rules/ 2018年6月18日閲覧。 
  12. ^ “Eurovision organizers warn Israel could lose hosting rights”. Times of Israel. https://www.timesofisrael.com/eurovision-organizers-warn-israel-could-lose-hosting-rights/ 2018年6月18日閲覧。 
  13. ^ “Eurovision 2019: Israeli team meets EBU in Geneva; host city and dates to be decided by September”. ESCToday. (2018年6月19日). http://esctoday.com/167495/eurovision-2019-israeli-team-meets-at-ebu-headquarters-in-geneva/ 2018年6月22日閲覧。 
  14. ^ Eurovision'19: Israeli Minister States Jerusalem Does Not Have the Resources to Host Eurovision”. Eurovoix (2018年7月28日). 2018年7月30日閲覧。
  15. ^ 'No Serious Talk' About Boycott of Eurovision 2019 – Jon Ola Sand”. Eurovoix (2018年8月30日). 2018年8月30日閲覧。
  16. ^ (ヘブライ語)כאן-תאגיד השידור הישראלי. https://www.kan.org.il/Item/?itemId=41791+2018年11月20日閲覧。 
  17. ^ a b c d Groot, Evert (2019年4月15日). “Lots of Eurovision 2019 news during Host Broadcaster press conference”. eurovision.tv. EBU. 2019年4月15日閲覧。
  18. ^ “Eurovision 2019: KAN unveils the Red Carpet and Opening Ceremony location”. ESCToday. http://esctoday.com/171260/eurovision-2019-kan-unveils-the-red-carpet-and-opening-ceremony-location/ 2019年3月13日閲覧。 
  19. ^ Groot, Evert (2018年10月28日). “Tel Aviv 2019: Dare to Dream”. eurovision.tv. 2019年1月8日閲覧。
  20. ^ Israel unveils logo for 2019 Eurovision Song Contest in Tel Aviv”. Jpost.com (2019年1月8日). 2019年4月11日閲覧。
  21. ^ http://esctoday.com/171741/eurovision-2019-kan-unveils-the-postcards-concept/
  22. ^ Bar Refaeli, Erez Tal, Assi Azar & Lucy Ayoub to host Eurovision 2019!”. eurovision.tv (2019年1月25日). 2019年1月25日閲覧。
  23. ^ Meet the Eurovision 2019 hosts: Bar Refaeli, Erez Tal, Assi Azar and Lucy Ayoub”. wiwibloggs (2019年1月25日). 2019年1月26日閲覧。
  24. ^ Granger, Anthony (2019年1月2日). “Eurovision'19: Semi-Final Allocation Draw to Take Place at Tel Aviv Museum of Art”. Eurovoix. 2019年1月2日閲覧。
  25. ^ Groot, Evert (2019年1月26日). “Semi-Final Allocation Draw pots revealed!”. eurovision.tv. Eurovision Song Contest. 2019年1月26日閲覧。
  26. ^ Eurovision'19: Changes To Results Presentation in Tel Aviv”. Eurovoix (2019年3月30日). 2019年4月5日閲覧。
  27. ^ Agadellis, Stratos (2019年3月30日). “Eurovision 2019: Final voting presentation to change slightly”. ESCToday.com. 2019年4月5日閲覧。
  28. ^ Muldoon, Padraig (2019年3月30日). “Eurovision 2019 changes: New voting rules for the Grand Final”. wiwibloggs. 2019年4月5日閲覧。
  29. ^ Spiro, Ami (2019年4月8日). “Madonna to Perform at Eurovision in Tel Aviv”. The Jerusalem Post. 2019年4月8日閲覧。
  30. ^ Madonna to perform new single 'Future' with Quavo at Eurovision 2019”. eurovision.tv (2019年5月16日). 2019年5月16日閲覧。
  31. ^ Beaumont-Thomas, Ben (2019年6月4日). “Madonna: Madame X review – her most bizarre album ever”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/music/2019/jun/04/madonna-madame-x-review-her-most-bizarre-album-ever 2019年6月20日閲覧。 
  32. ^ Live From Tel Aviv: Semi-Final One - Jury Show” (英語). Eurovoix (2019年5月13日). 2019年5月13日閲覧。
  33. ^ Quinn, Angus (2019年4月23日). “Viva la Diva! Dana International will open Eurovision 2019 Grand Final with two song medley including "Diva"”. wiwibloggs. 2019年4月24日閲覧。
  34. ^ Granger, Anthony (2019年5月6日). “Eurovision'19: Netta to Perform "Nana Banana" at Grand Final”. Eurovoix. 2019年5月6日閲覧。
  35. ^ Interval Acts for Eurovision Song Contest 2019 revealed”. eurovisionworld.com. 2018年5月10日閲覧。
  36. ^ “42 countries to compete in Eurovision 2019”. eurovision.tv. https://eurovision.tv/story/42-countries-take-part-in-eurovision-2019 2018年11月7日閲覧。 
  37. ^ “Official: Bulgaria withdraws from the Eurovision Song Contest”. esc-plus. (2018年10月15日). https://www.esc-plus.com/official-bulgaria-withdraws-from-the-eurovision-song-contest/ 2018年10月15日閲覧。 
  38. ^ a b c Eurovision Ukraine: UA:PBC withdraws from Eurovision 2019 - ESCToday.com”. ESCToday (2019年2月27日). 2019年2月27日閲覧。
  39. ^ Herbert, Emily (2019年3月6日). “North Macedonia: EBU Confirms Name Change”. 2019年4月9日閲覧。
  40. ^ Russia: Sergey Lazarev Returns To Eurovision With "Scream"”. Eurovoix (2019年3月9日). 2019年5月13日閲覧。
  41. ^ Galagher, Robyn (2019年1月21日). “Serhat is back! SMRTV confirms the Turkish crooner will again represent San Marino at Eurovision”. wiwibloggs. 2019年5月13日閲覧。
  42. ^ Herbert, Emily (2019年5月13日). “Hungary: Joci Pápai Selected For Eurovision 2019”. Eurovoix. https://eurovoix.com/2019/02/23/hungary-joci-papai-eurovision-2019/ 2019年2月23日閲覧。 
  43. ^ Tamara Todevska is announced as North Macedonia's Eurovision 2019 representative”. escxtra.com. ESCXtra (2019年1月25日). 2019年5月13日閲覧。
  44. ^ Herbert, Emily (2019年3月30日). “Georgia: Oto Nemsadze Films Music Video for "Sul Tsin Iare"”. Eurovoix. https://eurovoix.com/2019/03/26/georgia-oto-nemsadze-films-music-video/ 2019年3月30日閲覧。 
  45. ^ Primeros ensayos de Miki para Eurovisión con Fokas Evagelinos y Mamen Márquez” (Spanish). rtve.es. RTVE (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  46. ^ Herbert, Emily (2019年4月5日). “Estonia: Backing Singers for Victor Crone Revealed”. Eurovoix. https://eurovoix.com/2019/04/04/estonia-backing-singers-for-victor-crone-revealed/ 2019年4月5日閲覧。 
  47. ^ Herbert, Emily (2019年4月10日). “Serbia: RTS Reveals Eurovision 2019 Backing Singers & Acoustic Version of "Kruna"”. Eurovoix. https://eurovoix.com/2019/04/10/serbia-eurovision-2019-backing-singers/ 2019年4月10日閲覧。 
  48. ^ Herbert, Emily (2019年2月25日). “Estonia: Sahlene Returns to Eurovision as Backing Singer for the United Kingdom”. Eurovoix. https://eurovoix.com/2019/02/25/estonia-sahlene-eurovision-backing-singer/ 2019年2月26日閲覧。 
  49. ^ “Roko's rehearses for Croatia with Jacques Houdek behind the stage”. eurovision.tv. (2019年5月7日). https://eurovision.tv/gallery/croatia-roko-rehearses-with-jacques-houdek-behind-the-stage 2019年5月7日閲覧。 
  50. ^ Herbert, Emily (2019年5月10日). “France: Madame Monsieur's Émilie Satt Revealed as Eurovision 2019 Backing Singer”. Eurovoix. https://eurovoix.com/2019/05/10/france-madame-monsieurs-emilie-satt-eurovision/ 2019年5月10日閲覧。 
  51. ^ Herbert, Emily (2019年5月7日). “Malta: Destiny Chukunyere Revealed as Eurovision 2019 Backing Singer”. Eurovoix. https://eurovoix.com/2019/05/07/malta-destiny-chukunyere-eurovision-2019/ 2019年5月7日閲覧。 
  52. ^ a b c Eurovision Song Contest 2019: Tel Aviv”. eurovisionworld.com. 2019年2月9日閲覧。
  53. ^ a b Eurovision 2019: Which country takes part in which Semi-Final?”. Eurovision.tv. European Broadcasting Union (2019年1月28日). 2019年1月28日閲覧。
  54. ^ a b c d Eurovision Song Contest 2019 First Semi-Final”. eurovision.tv. European Broadcasting Union. 2019年1月28日閲覧。
  55. ^ a b c d Eurovision Song Contest 2019 Second Semi-Final”. eurovision.tv. European Broadcasting Union. 2019年1月28日閲覧。
  56. ^ a b c d Eurovision Song Contest 2019 Grand Final”. eurovision.tv. European Broadcasting Union. 2019年1月28日閲覧。
  57. ^ EBU issues statement on Eurovision 2019 Grand Final jury result”. eurovision.tv (2019年5月22日). 2019年5月22日閲覧。
  58. ^ “Litzman demands Shabbat not be violated for Eurovision 2019”. The Jerusalem Post. https://www.jpost.com/Israel-News/Litzman-demands-Shabbat-not-be-violated-for-Eurovision-2019-556381 2018年5月19日閲覧。 
  59. ^ “Israel: Orthodox MP requests Eurovision schedule changes to avoid "Sabbath desecration" | wiwibloggs”. wiwibloggs. (2018年5月15日). http://wiwibloggs.com/2018/05/15/israel-orthodox-mp-demands-eurovision-schedule-changes-to-avoid-sabbath-desecration/223301/ 2018年5月19日閲覧。 
  60. ^ Israel: Shalva Band Withdraws From HaKokhav HaBa L'Eurovizion”. eurovoix.com (2019年2月5日). 2019年6月19日閲覧。
  61. ^ “Israel counters Eurovision boycott campaign with Google ads”. Reuters. (2019年5月10日). https://www.reuters.com/article/us-music-eurovision-israel-preparations/israel-counters-eurovision-boycott-campaign-with-google-ads-idUSKCN1SG11L 2019年5月12日閲覧。 
  62. ^ Granger, Anthony (2019年1月20日). “France: France Télévisions Responds To BDS Stage Invasion During Destination Eurovision”. Eurovoix. 2019年1月21日閲覧。
  63. ^ wiwibloggs (2019年1月20日). “Just in: Eurovision 2019 boycott supporters gather at the OT Eurovision Gala studios ahead of the show”. @wiwibloggs. 2019年1月21日閲覧。
  64. ^ a b wiwibloggs (2019年3月15日). “DR boss rejects protestors' call for Denmark to withdraw from Eurovision…as group gathers outside DMGP final”. @wiwibloggs. 2019年3月15日閲覧。
  65. ^ Safety first: The EBU sends special letter to all 2019 participating countries following threats to French singers”. wiwibloggs (2019年1月29日). 2019年1月30日閲覧。
  66. ^ L'Eurovision comme occasion de pinkwashing pour Israël – la communauté LGBT+ devrait le boycotter” (フランス語). Agence Media Palestine (2019年4月3日). 2019年8月24日閲覧。
  67. ^ Sherwin, Adam (2019年4月30日). “Eurovision 2019: Stephen Fry & Sharon Osbourne lead celebrities rejecting boycott of Israel Song Contest”. inews.co.uk. 2019年4月30日閲覧。
  68. ^ UA:PBC: MARUV not yet confirmed as Eurovision entrant”. ESCXTRA.com (2019年2月23日). 2019年3月2日閲覧。
  69. ^ Не такий страшний договір, як його малюють, або Вимоги Суспільного до представника на Євробачення” [The contract, not as scary as it is perceived, or the requirements of UA:PBC to its representative on Eurovision] (Ukrainian). UA:PBC (2019年2月27日). 2019年2月28日閲覧。
  70. ^ Granger, Anthony (2019年2月25日). “Ukraine: MARUV Reveals Details Of UA:PBC Eurovision Contract”. Eurovoix. 2019年2月25日閲覧。
  71. ^ Granger, Anthony. “Ukraine: MARUV Will Not Go To Eurovision”. Eurovoix. 2019年2月25日閲覧。
  72. ^ Herbert, Emily (2019年2月26日). “Ukraine: Freedom Jazz Reject Proposal to Go to Eurovision 2019”. Eurovoix. 2019年2月26日閲覧。
  73. ^ Herbert, Emily. “Ukraine: KAZKA Reject Proposal to Go to Eurovision 2019”. Eurovoix. 2019年2月27日閲覧。
  74. ^ BANG! MARUV makes global headlines after rejecting Ukraine's Eurovision 2019 contract”. wiwibloggs (2019年2月26日). 2019年2月27日閲覧。
  75. ^ Fans furious as Israel plans steep hike to Eurovision ticket prices”. timesofisrael.com. 2019年3月11日閲覧。
  76. ^ First batch of Eurovision tickets sells out in 10 minutes”. timesofisrael.com. 2019年3月11日閲覧。
  77. ^ Eurovision tickets go on sale, from $117”. news.com.au. 2019年3月11日閲覧。
  78. ^ How to get tickets for the 2019 Eurovision Song Contest”. jpost.com. 2019年3月11日閲覧。
  79. ^ KAN reveals ticket prices for Eurovision 2019”. escxtra.com (2019年2月19日). 2019年3月11日閲覧。
  80. ^ Eurovision ticket sales frozen amid scalping concerns”. timesofisrael.com. 2019年3月11日閲覧。
  81. ^ Spiro, Amy (2019年3月14日). “Eurovision ticket sales reopening to public”. jpost.com. 2019年3月17日閲覧。
  82. ^ Quinn, Angus (2019年5月14日). “Eurovision 2019: KAN suffers cyber attack during live broadcast of Semi-Final 1” (英語). Wiwibloggs. 2019年5月17日閲覧。
  83. ^ בוקר, רן (2019年5月15日). “האקרים ניסו לפגוע בשידורי האירוויזיון” (ヘブライ語). ynet.co. 2019年5月17日閲覧。
  84. ^ Granger, Anthony (2019年5月15日). “Eurovision'19: KAN's Online Semi-Final One Broadcast Disrupted By Hackers” (英語). Eurovoix. 2019年5月17日閲覧。
  85. ^ a b c d Granger, Anthony (2019年5月15日). “Eurovision'19: Multiple Broadcasters Report Issues With Semi-Final One Coverage” (英語). Eurovoix. 2017年5月17日閲覧。
  86. ^ Milward, Charlie (2019年5月14日). “Eurovision 2019: Show CUTS OUT as BBC forced to apologise for huge technical fault” (英語). Express.co.uk. 2019年5月17日閲覧。
  87. ^ Hyttebakk, Jon Marius (2019年5月17日). “Teknisk trøbbel for Norge: EBU avslår NRKs klager”. NRK. 2019年5月21日閲覧。
  88. ^ Norway: Technical issues faced during Jury Rehearsal; second performance denied - ESCToday.com”. esctoday.com (2019年5月17日). 2019年5月21日閲覧。
  89. ^ NRK's request for Norway to perform again rejected”. esctoday.com (2019年5月17日). 2019年5月21日閲覧。
  90. ^ Brown, Alistair (2019年5月20日). “Czech Republic: Jitka Zelenková Voted Backward in Semi-Final One?”. Eurovoix. 2019年6月19日閲覧。
  91. ^ Granger, Anthony (2019年5月19日). “Sweden: Lina Hedlund Voted Backward in Semi-Final Two?”. Eurovoix. 2019年6月19日閲覧。
  92. ^ Beaumont-Thomas, Ben (2019年5月18日). “Madonna makes call for Israel-Palestine unity at Eurovision” (英語). The Observer. ISSN 0029-7712. https://www.theguardian.com/music/2019/may/18/madonna-makes-call-for-israel-palestine-unity-at-eurovision 2019年5月18日閲覧。 
  93. ^ Picheta, Rob. “Iceland's Eurovision entry Hatari holds up Palestinian flag during contest”. CNN. 2019年5月18日閲覧。
  94. ^ Iceland use Eurovision to protest against the Israeli occupation of Palestine” (英語). Metro (2019年5月18日). 2019年5月18日閲覧。
  95. ^ “Icelandic bondage band shock Eurovision” (英語). The Times. (2019年5月18日). ISSN 0140-0460. https://www.thetimes.co.uk/article/icelandic-bondage-band-shock-eurovision-2st02mfv6 2019年5月18日閲覧。 
  96. ^ Fontaine, Andie (2019年5月16日). “Hatari Have "Reached The Limits" Of EBU's Patience Over Repeated Political Statements”. The Reykjavík Grapevine. 2019年5月17日閲覧。
  97. ^ Madonna controversy as flags feature during Eurovision performance”. rte.ie (2019年5月19日). 2019年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月19日閲覧。
  98. ^ Kelly, Emma (2019年5月20日). “Iceland's Hatari confirm collaboration with queer Palestinian artist after Eurovision protest”. metro.co.uk. 2019年5月20日閲覧。

外部リンク編集