この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロメロ第二姓(母方の)はパラシオです。

ヨエル・ロメロYoel Romero1977年4月30日 - )は、キューバ総合格闘家レスリング選手。ピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ出身。アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ在住。アメリカン・トップチーム所属。2020年3月現在、UFC世界ミドル級ランキング4位[2]2000年シドニーオリンピック男子フリースタイル85kg級銀メダリスト。

ヨエル・ロメロ
Yoel Romero.jpg
基本情報
本名 ヨエル・ロメロ・パラシオ
(Yoel Romero Palacio)
通称 ソルジャー・オブ・ゴッド
(Soldier of God、神の兵士)
国籍  キューバ
生年月日 (1977-04-30) 1977年4月30日(42歳)[1]
出身地 ピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ[1]
所属 Kampfsport Althof
アメリカン・トップチーム
身長 183cm
体重 84kg
リーチ 187cm
階級 ライトヘビー級
ミドル級
バックボーン レスリング
家族 ヨアン・パブロ・エルナンデス(弟)
総合格闘技戦績
総試合数 18
勝ち 13
KO勝ち 11
判定勝ち 2
敗け 5
テンプレートを表示
獲得メダル
 キューバ
男子 レスリング・フリースタイル
オリンピック
2000 シドニー 85kg級
レスリング世界選手権
1998 テヘラン 85kg級
1999 ボーデン 85kg級
2001 ソフィア 85kg級
2002 ハルキス 84kg級
2005 ブダペスト 84kg級
パンアメリカン大会
1999 ウィニペグ 85kg級
2003 サントドミンゴ 84kg級
レスリングパンアメリカン選手権
1998 ウィニペグ 85kg級
2001 サントドミンゴ 85kg級
2002 マラカイボ 84kg級
2004 グアテマラシティ 84kg級
2007 サンサルバドル 84kg級
計量時のロメロ(UFC 205

来歴編集

アマチュアレスリング~オリンピック編集

1999年レスリング世界選手権に出場。決勝戦で1996年アトランタオリンピック金メダリストのハジムラド・マゴメドフに勝利し、男子フリースタイル85kg級で優勝を果たした。

2000年シドニーオリンピックに出場。決勝戦でアダム・サイティエフに敗れ、男子フリースタイル85kg級で銀メダルを獲得した[1]

2002年レスリング世界選手権に出場し、男子フリースタイル84kg級で準優勝を果たした。

2004年アテネオリンピックに出場し、男子フリースタイル84kg級の3位決定戦で敗退した[3]

2005年レスリング世界選手権に出場し、男子フリースタイル84kg級で準優勝を果たした。

2007年に弟のヨアン・パブロ・エルナンデスの住むドイツに亡命し、レスリングを続けていた。

総合格闘技編集

2009年12月、ドイツでプロ総合格闘技デビュー。4戦4勝4KOの記録を残す。

2011年9月10日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Barnett vs. Kharitonovハファエル・カバウカンチと対戦し、パウンドで1RKO負け。キャリア初黒星を喫し、首の怪我で2013年のUFCデビューまでブランクを作る。

UFC編集

2013年4月20日、UFC初参戦となったUFC on FOX 7でクリフォード・スタークスと対戦し、左飛び膝蹴りでダウンを奪いパウンドで1RKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞し、UFCは白星デビューとなった。

2014年1月15日、UFC Fight Night: Rockhold vs. Philippouデレク・ブランソンと対戦。試合を通してテイクダウンを一度も奪うことができず、逆に6度のテイクダウンを許すなど苦戦を強いられたものの、3Rに左フックでダウンを奪いグラウンドでのボディーへの肘打ち連打で逆転のTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年4月19日、UFC on FOX 11でミドル級ランキング13位のブラッド・タヴァレスと対戦し、終始テイクダウンを奪い続けて3-0の判定勝ち。

2014年9月27日、UFC 178でミドル級ランキング6位のティム・ケネディと対戦。2R終了間際にパンチのクリーンヒットを受けてピンチに陥るも、3R序盤に右フックでダウンを奪い、ふらついたケネディをパンチ連打で追撃して、最後はパウンドで逆転のTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。この試合でロメロは2R終了後のインターバルにて、インターバル終了の音が鳴ってからも余分にイスに座って休み続けたとして非難を受けたが、実際にはUFCのカットマンがロメロの傷口にワセリンを塗布しすぎたために、レフェリーとコミッショナーがそのワセリンをロメロのセコンドに拭き取るよう指示し、その間ロメロがイスに座って待つことをレフェリーが許したためである(セコンドはワセリンに触れる資格を与えられていないため最終的にレフェリーが拭き取っている)[4][5]

2015年6月27日、UFC Fight Night: Machida vs. Romeroでミドル級ランキング4位の元UFC世界ライトヘビー級王者リョート・マチダと対戦し、グラウンドの肘打ち連打で2RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年12月12日、UFC 194でミドル級ランキング2位のホナウド・ジャカレイと対戦し、1Rにカウンターのバックハンドブローでダウンを奪い、2R以降は接戦を繰り広げて2-1の判定勝ち。

2016年1月13日、全米アンチドーピング機関(USADA)がロメロに競技外ドーピング検査でアンチ・ドーピング規則違反の可能性を示したことを通知する[6]。2月8日、ロメロが、2015年12月12日のホナウド・ジャカレイとの試合後に摂取したサプリメントが、USADAによる分析の結果禁止薬物で汚染されたサプリメントであったこと、またサプリメントの成分表示ラベルにその禁止薬物が記載されていなかったことを公表する[7]。3月23日、USADAが出場停止期間を9ヶ月間に短縮する処分を提示するがロメロはそれを拒否して仲裁に提訴した[8]

2016年4月4日、USADAが、ロメロから陽性反応が検出されていた禁止薬物がイブタモレンであったこと、また成分表示ラベルにイブタモレンが記載されていなかったこと、独自に同じサプリメントを入手して分析したところ汚染サプリメントであったことを発表。USADAとロメロは合意に達しロメロに6ヶ月間の出場停止処分が科せられた。ロメロは試合の夜と試合前の検査はパスしており、陽性反応を示した検査は試合後に行われた競技外検査であったため試合結果は変更されなかった[9][10][11]

2016年11月12日、UFC 205でミドル級ランキング2位の元UFC世界ミドル級王者クリス・ワイドマンと対戦。2Rまではやや劣勢だったが、3Rにワイドマンの仕掛けたタックルにカウンターの跳び膝蹴りを合わせKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年7月8日、UFC 213のUFC世界ミドル級暫定王座決定戦でミドル級ランキング3位のロバート・ウィテカーと対戦。序盤から中盤にかけてはテイクダウンを奪うなど優勢に試合を進めたものの、ややスタミナが切れた中盤以降は打撃を貰う場面が増え、最終的にウィテカーに巻き返される形となり0-3の5R判定負け。王座獲得に失敗し、UFC初黒星となった。敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年2月11日、UFC 221のUFC世界ミドル級暫定王座決定戦でミドル級ランキング2位のルーク・ロックホールドと対戦。ローキックを効かされるものの、時折パンチ連打でプレッシャーを掛け、最後は左フックでダウンを奪ったところに左アッパーで追撃して2R失神KO勝ち。この試合は、ロメロが2.7ポンド体重超過したことにより、ロメロのファイトマネーの30%をロックホールドに譲渡し、ロックホールドが勝利した場合にのみ暫定王座のベルトが与えられることとなった。

2018年6月9日、UFC 225でUFC世界ミドル級王者のロバート・ウィテカーと再戦。3Rに右フックでダウンを奪い、5Rには左フックでダウンを奪って、パウンドでウィテカーを追い詰める場面があったものの、僅差で1-2(47-48、48-47、47-48)の5R判定負け。この試合は、ロメロが計量で185.2ポンドとタイトルマッチのリミットである185.0ポンドから0.2ポンド(90グラム)の体重超過をしたことにより、タイトルマッチからノンタイトルマッチに変更された。また、この試合はファイト・オブ・ザ・ナイトに選ばれたが、計量オーバーをしたロメロはボーナス獲得の権利を剥奪された。しかしロメロは、最初の計量で1ポンドの体重オーバーをしてから再計量まで2時間の猶予が与えられたにもかかわらず、イリノイ州コミッションがこれ以上の減量は危険と判断して、1時間ほどで減量を中止させられたために、残りの0.2ポンドを減量できなかったと不満を訴えた[12][13][14]

2019年5月、2016年に薬物検査で失格した際に使用していた汚染サプリメントの製造会社を訴えていた民事裁判で、裁判所が製造会社に賠償金2,745万ドル(約30億円)をロメロへ支払うよう命じた。ただし製造会社側が出頭・陳述を一切拒否した中で行われた欠席裁判であり、ロメロ側の言い分が全面的に通る形で出された判決となったため、製造会社が賠償金の支払いに応じるかは定かでない。ロメロは「お金の問題じゃないんだ。全ての事がクリーンに明確になってとても嬉しいよ」とコメントした[15]

2019年8月17日、UFC 241でミドル級ランキング7位のパウロ・コスタと対戦。パンチでダウンを奪い合うなどスタンドの攻防で互角の展開を繰り広げ、テイクダウンを奪うなど奮闘したものの、0-3の判定負け。敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。接戦であったが、3Rに攻勢をみせたロメロ勝利を支持する声も挙がった。

2020年3月7日、パウロ・コスタが左腕の上腕二頭筋を負傷したためアデサンヤからの対戦指名もあり代役として[16]UFC 248のUFC世界ミドル級タイトルマッチで王者イスラエル・アデサンヤに挑戦するも、両者ともに手数の少ない展開となり、0-3の5R判定負け。王座獲得に失敗し、3連敗となった。試合後には消極的な試合だったことを、ロメロは「彼は走ってばかりだった。あれはチャンピオンではない」と、アデサンヤは「俺はジムで人形をスパーリグパートナーにして戦っていたのだろう」と互いに非難し合った[17]

ファイトスタイル編集

オリンピックで銀メダルを獲得したレスラーであるが、スタンドの打撃を主体とする試合スタイルで、テイクダウンの成功率も35%前後とあまり高くない[18]。レスリング出身でありながらストライカーにも引けを取らない天性の打撃センスを持ち、やや大ぶりながらパワフルで爆発力のあるパンチに加え、飛び膝蹴り、サイドキック、ミドルキック、ローキックなどの多彩な蹴り技を得意としている。また屈強な肉体を持つ反面、試合中にスタミナが切れたような素振りをすることがあるが、ロバート・ウィテカーやパウロ・コスタとの対戦では試合終盤のラウンドで挽回して攻勢に転じており、逆転勝利も少なくない。

人物・エピソード編集

  • 敬虔で厳格なクリスチャンで、ニックネームの「ソルジャー・オブ・ゴッド(神の兵士)」はこれに由来する。また、自身のヒーローはイエス・キリストだと語り「俺は神に仕える身であり、神の従者であり、兵士だ。神のことを世界に広めるのが俺の役目なんだよ」とも語っている[19]
  • プロボクサーのIBF世界クルーザー級王者ヨアン・パブロ・エルナンデスは実弟[20]
  • 既婚者であり、3人の子供がいる。

戦績編集

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
13 11 0 2 0 0 0
5 1 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× イスラエル・アデサンヤ 5分5R終了 判定0-3 UFC 248: Adesanya vs. Romero
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2020年3月7日
× パウロ・コスタ 5分3R終了 判定0-3 UFC 241: Cormier vs. Miocic 2 2019年8月17日
× ロバート・ウィテカー 5分5R終了 判定1-2 UFC 225: Romero vs. Whittaker 2 2018年6月9日
ルーク・ロックホールド 3R 1:48 KO(左フック→パウンド) UFC 221: Romero vs. Rockhold
【UFC世界ミドル級暫定王座決定戦】
2018年2月11日
× ロバート・ウィテカー 5分5R終了 判定0-3 UFC 213: Romero vs. Whittaker
【UFC世界ミドル級暫定王座決定戦】
2017年7月8日
クリス・ワイドマン 3R 0:24 KO(左跳び膝蹴り) UFC 205: Alvarez vs. McGregor 2016年11月12日
ホナウド・ジャカレイ 5分3R終了 判定2-1 UFC 194: Aldo vs. McGregor 2015年12月12日
リョート・マチダ 3R 1:38 KO(グラウンドの肘打ち) UFC Fight Night: Machida vs. Romero 2015年6月27日
ティム・ケネディ 3R 0:38 TKO(パウンド) UFC 178: Johnson vs. Cariaso 2014年9月27日
ブラッド・タヴァレス 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 11: Werdum vs. Browne 2014年4月19日
デレク・ブランソン 3R 3:23 TKO(グラウンドの肘打ち) UFC Fight Night: Rockhold vs. Philippou 2014年1月15日
ホニー・マルケス 3R 1:39 KO(左ストレート→パウンド) UFC: Fight for the Troops 3 2013年11月6日
クリフォード・スタークス 1R 1:32 KO(跳び膝蹴り→パウンド) UFC on FOX 7: Henderson vs. Melendez 2013年4月20日
× ハファエル・カバウカンチ 2R 4:51 KO(膝蹴り→パウンド) Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov 2011年9月10日
ラズロ・エック 1R 0:33 KO(パンチ) Fight of the Night 2011 2011年5月27日
ニキータ・ペトロフ 1R 2:58 TKO(棄権) SFC 4: MMA Fight Night 2011年3月5日
ミハウ・フィヤウカ 3R 4:05 TKO(棄権) IFF: The Eternal Struggle 2010年10月8日
サシャ・ウェインポルター 1R 0:48 TKO(パンチ連打) Fight of the Night 2009 2009年12月20日

獲得タイトル編集

表彰編集

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(5回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(2回)

脚注編集

  1. ^ a b c ヨエル・ロメロ UFC公式サイト
  2. ^ [1] UFC公式サイト
  3. ^ 【特集】世界選手権へかける(6)…男子フリー84kg級・山本悟 日本レスリング協会公式サイト
  4. ^ Yoel Romero: Tim Kennedy cheated before 'Stoolgate' incident at UFC 178MMA Fighting 2014年12月20日
  5. ^ Rep says Tim Kennedy plans to protest outcome of Yoel Romero bout at UFC 178 MMAjunkie 2014年9月28日
  6. ^ UFC STATEMENT ON YOEL ROMEROUFC公式サイト 2019年1月13日
  7. ^ Manager: Contaminated supplement led to Yoel Romero's failed drug testMMA Fighting 2016年2月8日
  8. ^ Yoel Romero to appeal USADA suspension for anti-doping policy violationMMA Fighting 2016年3月23日
  9. ^ ヨエル・ロメロに関するUSADA声明 UFC公式サイト 2016年4月5日
  10. ^ Yoel Romero suspended 6 months after USADA confirmation of tainted supplementMMA JUNKIE 2016年4月4日
  11. ^ Yoel Romero gets six-month suspension from USADA for failing drug test due to contaminated supplementMMA FIGHTING 2016年4月4日
  12. ^ Report | Manager says Yoel Romero’s weight cut was ended prematurely by commissionBJPenn.com 2018年6月8日
  13. ^ UFC 225 weigh-in results: Yoel Romero barely misses, leaving main event in limboMMA Junkie 2018年6月8日
  14. ^ Yoel Romero Reveals Real Reason He Didn’t Make Weight For UFC 225LowKickMMA.com 2018年6月8日
  15. ^ Romero wins judgment in tainted supplement suitESPN 2019年5月29日
  16. ^ Paulo Costa's biceps surgery puts Israel Adesanya fight in jeopardyESPN 2019年10月30日
  17. ^ Yoel Romero blames Israel Adesanya: He was ‘running’ like ‘Usain Bolt’ at UFC 248 SBNATION 2020年3月8日
  18. ^ "SOLDIER OF GOD"YOEL ROMEROUFC公式 2019年6月7日
  19. ^ UFC公式サイト
  20. ^ Former Olympian Yoel Romero Signs with Strikeforce, Will Face Feijao In Debut MMA Fighting 2011年7月27日

関連項目編集

外部リンク編集