ヨカスタ・バジェ

ヨカスタ・バジェ(Yokasta Valle、1992年8月28日 - )は、コスタリカの女子プロボクサーである。初代IBF女子世界アトム級王者、第8代IBF女子世界ミニマム級王者。

ヨカスタ・バジェ
基本情報
階級 ミニフライ級
身長 163cm
国籍 コスタリカの旗 コスタリカ
誕生日 (1992-08-28) 1992年8月28日(28歳)
出身地 ニカラグアの旗 ニカラグア
マタガルパ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 21
KO勝ち 9
敗け 2
テンプレートを表示
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ヨカスタ・バレ

来歴編集

ニカラグアマタガルパで生まれ、7歳でコスタリカに移住。幼少期はバレーボールをしていたが、後にボクシングに転向し13歳でアマチュアの試合に出場[1]

2014年7月26日、アラフエラにてプロデビューし勝利。

2016年12月16日、サンホセにてAna Victoria Poloと新設されたIBF女子世界アトム級王座決定戦に挑み、2-1判定を制して初代王座獲得。

2017年12月1日、後楽園ホールにて藤岡奈穂子が持つWBO女子世界ライトフライ級王座に挑むが、0-3判定で敗れプロ初黒星[2][3]

2018年7月16日、ドイツ・ウンターシュライスハイムにて前王者小関桃の引退により空位となったWBC女子世界ミニマム級王座決定戦をティナ・ルプレヒト英語版と争うが、判定で敗れ2連敗[4]

その後パナマでKO勝利して再起を果たすと、4連勝をマーク。

2019年8月4日、スペインマルベーリャにてジョアナ・パストラーナが持つIBF女子世界ミニマム級王座に挑戦し、2-1判定で勝利し王座奪取とともに2階級制覇達成[5]

2020年2月8日、カレアン・リバス相手に初防衛戦を行い、6回TKOで初防衛成功。

2021年1月30日、葉月さなを迎えて2度目の防衛戦を行い、3-0判定で2度目の防衛成功[6]

戦績編集

  • 23戦 21勝 9KO 2敗

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Yokasta Valle, la gran campeona de Costa Rica y Nicaragua” (スペイン語). everardoherrera.com (2019年8月5日). 2019年10月6日閲覧。
  2. ^ “Naoko Fujioka captures fifth world title with unanimous decision over Yokasta Valle” (英語). The Japan Times. (2017年12月1日). https://www.japantimes.co.jp/sports/2017/12/01/more-sports/boxing-2/naoko-fujioka-captures-fifth-world-title-unanimous-decision-yokasta-valle 2019年10月6日閲覧。 
  3. ^ Yokasta Valle pierde su invicto en Japón luego de protagonizar gran pelea ante Naoko Fujioka” (スペイン語). Teletica.com (2017年11月30日). 2019年10月6日閲覧。
  4. ^ Tina Rupprecht holt sich auf Petkos Fightnight WBC WM Titel” (ドイツ語). Sport in Augsburg (2018年6月17日). 2019年10月6日閲覧。
  5. ^ La boxeadora española Joana Pastrana pierde el título mundial de peso mínimo ante la costarricense Yokasta Valle” (スペイン語). RTVE.es (2019年8月4日). 2019年10月6日閲覧。
  6. ^ “葉月さな コスタリカで世界王座獲得ならず”. Boxing News. (2021年1月31日). https://boxingnews.jp/news/81185/ 

関連項目編集

外部リンク編集