メインメニューを開く

ヨシヅヤは、株式会社義津屋YOSHIZUYA COMPANY LIMITED )が愛知県海部地域を地盤として岐阜県三重県に店舗を展開する、スーパーマーケットである。CGCグループに加盟している。2000年代の最盛期には900億円近い年商を誇ったが、近年は競合の激化から漸減傾向にあり、600億円台にまで低下している。

株式会社 義津屋[1]
YOSHIZUYA COMPANY LIMITED[1]
ヨシヅヤ津島本店と事務センター.jpg
ヨシヅヤ津島本店と事務センター
種類 株式会社
略称 ヨシヅヤ
本社所在地 日本の旗 日本
496-8501
愛知県津島市新開町1丁目6番地[1]
北緯35度10分27.8秒
東経136度44分49.3秒
座標: 北緯35度10分27.8秒 東経136度44分49.3秒
本店所在地 496-0027
愛知県津島市大字津島北新開351番地
設立 1949年8月1日[1]
業種 小売業
事業内容 ショッピングセンターの運営[1]
代表者 伊藤彰浩(代表取締役)[1]
資本金 4億1,800万円
売上高 611億円(2016年7月期実績)
従業員数 約3,500名[1]
外部リンク 公式ウェブサイト(日本語)
テンプレートを表示

目次

概要編集

  • 創業 1932年昭和7年)8月
  • 資本金 4億1,800万円
  • 代表取締役社長 伊藤彰浩
    • 愛知県 - 21店(蟹江専門店館は除く)
    • 岐阜県 - 3店
    • 三重県 - 1店
    • 合計25店舗

(2019年6月現在)

沿革編集

店舗一覧(ヨシヅヤ・Yストア)編集

 
略地図
1
津島本店
2
津島北テラス
3
新稲沢店
4
弥富店
5
Yストア唐臼店
6
甚目寺店
7
師勝店
8
愛西勝幡店
9
大口店
10
佐屋店
11
Yストア佐古木店
12
平和店
13
太平通り店
14
名古屋名西店
15
JR蟹江駅前店
16
蟹江食品館
17
豊山テラス
18
清洲店
19
犬山店
20
Yストア津島駅東店
21
可児店
22
スーパー・センター垂井
23
海津平田店
24
員弁店

詳細は公式サイト「店舗一覧」を参照。

愛知県編集

2000年(平成12年)11月21日に旧(2代目)本店から移転[3]TOHOシネマズ津島が併設[3]。店舗面積28,126m2
初代は天王通り沿いエコパーク北側に在った。
Yストアは、改装を行いグランシア津島本店として2015年(平成27年)9月19日にリニューアルオープン。
  • 津島北テラス(津島市)
2007年10月31日に閉館した津島駅前店(旧(初代)本店、現フィール及びエディオン)の移転店舗で旧片岡毛織の敷地を流用、11月23日に開業。初のワンフロア型の店舗で、精文館書店TSUTAYAなどがテナントとして入店している。(フジタ施工)なお、県道をはさんだ南側に電化製品とおもちゃなどを扱う「電気館」がある。
2006年4月26日に、旧稲沢店のスクラップアンドビルドとして開業。ヤマダ電機テックランド新稲沢店が入居する。
ショッピングセンター「ウイングプラザ・パディー」へのテナント出店で、非食品のみの売場構成(食品部門はヤマナカが出店)。
  • Yストア唐臼店(津島市)
食品専門店。2002年12月28日オープン
1974年12月5日オープン。2011年10月に建て替えられて再オープン。名鉄津島線甚目寺駅のすぐ北方に位置する。(フジタ施工)
1975年9月11日オープン。名鉄犬山線徳重・名古屋芸大駅の東方に位置する。専門店としてセリアが入居。
1984年オープン。2013年11月に建て替え再オープン。名鉄津島線勝幡駅の北方に位置する。専門店としてココカラファインが入居。
1987年6月24日オープン。2005年11月に改装し再オープン。大口南小学校のすぐ北方に位置する。
  • 佐屋店(愛西市)
1991年11月28日オープン。2007年改装し再オープン。名鉄尾西線佐屋駅の北方に位置する。専門店としてザ・ダイソーが入居。
  • Yストア佐古木店(弥富市)
1995年4月23日オープン。2003年12月改装し再オープン。近鉄名古屋線佐古木駅南方に位置する。
  • 平和店(稲沢市)
1996年7月17日オープン。名鉄尾西線六輪駅の北方に位置する。ヨシヅヤグループ最大の食品売り場面積を誇る。(戸田建設施工)
1998年4月20日開業。店舗面積15,200m2(戸田建設)
2006年11月11日に開業。大型専門店としてスポーツデポベビーザらス(名古屋市内では当店が最初の店舗)が入居。名鉄名古屋本線栄生駅から徒歩10分ほど。店舗面積19,540m2竹中工務店
蟹江店の後継店舗として2013年4月20日オープン。専門店としてサイゼリヤ上新電機などが入居。JR関西本線蟹江駅の北側に位置する。(熊谷組
  • Yストア蟹江食品館(蟹江町)
2012年1月21日オープン
国道41号線沿いに2014年10月8日ソフトオープン。専門店としてファンタジーキッズリゾートザ・ダイソーが入居。
国道302号線沿いで、清洲城の近くに立地している大型店舗。専門店として、ニトリセリアなどが入居。
犬山駅前にある犬山キャスタイトーヨーカドー犬山店跡に2017年4月26日開店[4]
  • Yストア津島駅東店(津島市)
2018年12月8日オープン。名鉄津島駅東側に位置し、ゆったりとした空間で地域コミュニティとしての役割を担うフードマーケットを目指している。津島市の出店は津島本店・津島北テラス・Yストア唐臼店に続き4店舗目である。(杉本組)
2019年6月15日オープンの食品単独店舗である。内装などは津島駅東店に準じている。また、食品単独店舗では珍しい屋上駐車場も完備している。

岐阜県編集

可児ショッピングプラザパティオも参照。
岐阜県初の店舗。2014年11月29日、旧垂井店がスケールアップしてスーパー・センター垂井としてリニューアルオープン。
1994年7月12日開業。専門店としてセリアが入居。店舗面積4,000m2

三重県編集

2002年オープン。(スケルトン物件。いなべパルとして新築。いなべパル閉店後、バローになり、バローも閉店した。)

過去に存在した店舗編集

  • 津島駅前店(津島市)
旧(初代)本店。(2代目)津島本店開店に伴い改称。2007年10月31日閉館し、津島北テラス店に移転。現在は建物は建て替えられ跡地にフィール津島店とエディオン津島店となっている。
  • YY津島店(津島市)
唯一の衣料専門店。2007年閉店。
  • 祖父江店(愛知県稲沢市祖父江町祖父江居中95)
2011年12月4日閉店。
ヤマナカ(現フィール)堀田店の2F-4Fに存在した衣料専門店。1983年開店、1998年閉店(会社沿革では太平通り店に吸収となっている)。閉店後は2Fを100円ショップに改装して1Fのフィールと共に営業していたが、2008年に平屋建てのフィールに建て替えられた。
  • 蟹江店(海部郡蟹江町)
2013年閉店。現在はJR蟹江駅前店に移転している。尚建物は蟹江専門店館として引き続き営業している。

その他の業態店舗(呉服屋義津屋など)編集

  • 義津屋 一宮・きそがわ店(一宮市)
2019年3月21日オープン。アピタ木曽川店の2階にある。呉服専門店
  • 蟹江専門店館(海部郡蟹江町)
2014年11月28日オープン。旧蟹江店の店舗を大規模改装した上でニトリやスポーツデポ、ダイソーなどの大型店が入居する大型専門店ビルである。

関連会社編集

  • 株式会社ヨシヅヤストアー
  • 株式会社レイク・リビン
  • 株式会社ワイストア
  • 有限会社西馬通商
  • 株式会社大昌
  • 株式会社ワイサポート

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 会社概要” (日本語). 義津屋. 2016年10月25日閲覧。
  2. ^ a b 会社沿革” (日本語). 義津屋. 2019年5月10日閲覧。
  3. ^ a b 津島本店” (日本語). 義津屋. 2019年5月10日閲覧。
  4. ^ ヨシヅヤ26日開店 ヨーカドー撤退後の犬山駅前商業ビル”. 中日新聞 (2017年4月21日). 2017年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。

外部リンク編集