メインメニューを開く

ヨシュア (曖昧さ回避)

ウィキペディアの曖昧さ回避ページ

ヨシュア (Joshua) は、ユダヤ系の男性名である。この系統の名をヨシュアと発音する主要な現代語はないが、日本語では、聖書に登場する名を表すのに使われている。

英語ではジョシュア (Joshua)、スペイン語ではホスエ (Josué)、ポルトガル語ではジョズエ (Josué)、ドイツ語オランダ語ではヨ(ー)ズア (: Josua: Jozua)、フランス語ではジョジュエ (Josué)、アラビア語ではイーサー (عيسى‎、日本語ではイッサ とも)など。

ヘブライ語ではイェホ(ー)シュア (יְהוֹשֻׁעַ, Yehoshuʿa) で、「ヤハウェは救い」を意味する。聖書には複数人登場するが、当時のヘブライ人の間ではありふれた一般的な名前だった。

目次

旧約聖書編集

新約聖書編集

新約聖書はギリシャ語で記述されたので、ヨシュアという名前の人物はギリシャ語形で Ίησοῦς(イエースース)と表記されているが、混乱を避けるため各言語への翻訳では旧約聖書のヨシュアを指す場合は「ヨシュア(Joshua)」、新約にのみ登場する人物は殆どの場合イエースースに由来する形で表記される(日本語:イエス、英語:Jesus等)。

  • ナザレのイエス - キリスト教において神の子キリストとされるユダヤ人。新約聖書でイエスという名の者が登場する場合、以下の例外2名を除いて殆どは彼を指す。イエス・キリストも参照。
  • バラバ・イエス - 福音書にバラバと呼ばれたイエスとして登場するユダヤ人の囚人。写本によっては単にバラバとも表記される。犯罪者として捕えられているナザレのイエスとバラバ・イエスのどちらを恩赦で解放するか、ポンティウス・ピラトゥスがユダヤの民衆に選ばせたところ、民衆はバラバ・イエスを開放させたため、ナザレのイエスは十字架につけられた(キリストの磔刑)。
  • イエス(キリスト教徒) - 1世紀初期キリスト教徒のユダヤ人。コロサイの信徒への手紙中でパウロの同伴者「ユストとも呼ばれるイエス」として記述されている。ナザレのイエスとは師と信徒の関係にあたるが、彼が聖書中で登場するのはナザレのイエスの復活昇天よりずっと後であり、公活動中(生前)のナザレのイエスを知っているかどうかの記述はない。

架空のキャラクター編集

人名以外編集