メインメニューを開く

ヨッヘン・ダウアードイツ語: Jochen Dauer1952年[1]1月10日 - )は、ドイツのカーレーサー、自動車エンジニアである。ドイツのニュルンベルク[1]に産まれた。

カーレーサー時代編集

1975年から1981年までフォーミュラ3の30戦に参戦したが1978年に2回優勝しただけで、才能が豊かとは言えなかった[1]。やがてフォーミュラ2スポーツカーレースにも参戦した[1]

ダウアー・レーシング編集

1987年にはダウアー・レーシングを設立、ドイツやヨーロッパのレースに参戦したが目立った戦績はない[1]。最終戦は1991年デイトナ24時間レースで、ポルシェ・962を2台参戦させ、ドライバーがアンドレッティファミリーアンサーファミリーと豪華メンバーであったにも関わらずそれぞれ5位、リタイアという結果であった[1]

ダウアー・シュポルトワーゲン編集

その後レースを休止しダウアー・シュポルトワーゲンを設立、ポルシェ・962をロードカーに仕立て直す事業を始めた[1]。開発にポルシェの支援を受けダウアー・962LMは第一号車が1993年9月のフランクフルトモーターショーに出展され、さらに生産された2台がポルシェヨースト・レーシングに託されて再びレーサーに仕立て直され、1994年のル・マン24時間レースのGT1クラスに出場して総合優勝した[1]1994年以降もダウアー・962LMの生産に取り組み、少なくとも10台を製造販売した[1]。後にブガッティのロマーノ・アルティオーリからブガッティ・EB110を買い取りダウアー・EB110として発売するなどしているが、2008年に倒産した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『Racing On』466号 pp.63-67。

参考文献編集