メインメニューを開く

ヨナス・ビョーラーJonas Björler1973年2月26日 - )は、スウェーデンイェーテボリ出身のミュージシャンベーシスト)。アット・ザ・ゲイツザ・ホーンテッドベーシストとして有名。アット・ザ・ゲイツ及びザ・ホーンテッド等で、共に活動しているアンダース・ビョーラー (Anders Björler)は、双子である。

ヨナス・ビョーラー
Jonas Björler
Jonas Björler, The Haunted, Metaltown 2009.jpg
基本情報
出生名 Jonas Fredrik Björler[1]
生誕 (1973-02-26) 1973年2月26日(46歳)
出身地  スウェーデン
イェーテボリ・ブーヒュース県
イェーテボリ
ジャンル デスラッシュ
メロディックデスメタル
デスメタル
スラッシュメタル
ヘヴィメタル
職業 ベーシスト
ドラマー
作曲家
担当楽器 ベース
ドラム
活動期間 1987年 -
共同作業者 アット・ザ・ゲイツ
ザ・ホーンテッド
Demolition
Infestation
著名使用楽器
Warwick Corvette Standard
Warwick Streamer
Yamaha 5 stringed
B.C. Rich
Rickenbacker

略歴編集

1980年代後半に、Demolitionのメンバーとして、ミュージシャンとしてのキャリアをスタートする。Demolitionは、1987年にデモをリリースし、その後解散している。1990年に、ドラマーとして、Infestationに参加する。Infestation解散後、アット・ザ・ゲイツを、トーマス・リンドバーグアンダース・ビョーラー、アルフ・スヴェンソン、エイドリアン・アーランドソンと共に結成する。ちなみに、トーマス・リンドバーグ、アンダース・ビョーラーとは、Infestationでも共に活動していた。1stアルバム『The Red In The Sky Is Ours』のレコーディング後、アット・ザ・ゲイツを離脱するが、その後、間もなく復帰している。アット・ザ・ゲイツの活動前期は、作曲活動をほとんど行っていなかったが、3rdアルバム『Terminal Spirit Disease』から作曲にも参加するようになった。アット・ザ・ゲイツは、4枚のフルアルバムを発表して、1996年に解散した。

1994年には、ディセクションジョン・ノトヴェイト、アンダース・ビョーラー、エイドリアン・アーランドソンと共に、テラーを結成するが、デモをリリースしたのみに終わっている。

アット・ザ・ゲイツ解散後、アンダース・ビョーラー、エイドリアン・アーランドソン、及びSeanceサタニック・スローターパトリック・ヤンセンと共に、ザ・ホーンテッドを結成する。ザ・ホーンテッドでは、多くの曲の作曲を行っている。

2007年には、アット・ザ・ゲイツをライブ活動限定、期間限定で再結成し、2008年に、再び解散した。更に2011年に再々結成し、ライブ活動を行う。

ディスコグラフィー編集

Demolition編集

  • 1987年 Hordes of Evil (Demo)

Infestation編集

  • 1990年 When Sanity Ends (Demo)

アット・ザ・ゲイツ (At The Gates)編集

  • 1992年 ザ・レッド・イン・ザ・スカイ・イズ・アワーズ The Red In The Sky Is Ours
  • 1993年 ウィズ・フィアー・アイ・キッス・ザ・バーニング・ダークネス With Fear I Kiss The Burning Darkness
  • 1994年 ターミナル・スピリット・ディズィーズ Terminal Spirit Disease
  • 1995年 スローター・オブ・ザ・ソウルス Slaughter of the Soul

テラー (Terror)編集

  • 1994年 Demo '94 (Demo)

ザ・ホーンテッド (The Haunted)編集

  • 1998年 ザ・ホーンテッド The Haunted
  • 2000年 ザ・ホーンテッド・メイド・ミー・ドゥ・イット The Haunted Made Me Do It
  • 2003年 ワン・キル・ワンダー One Kill Wonder
  • 2004年 リヴォルヴァー rEVOLVEr
  • 2006年 ザ・デッド・アイ The Dead Eye
  • 2008年 ヴァーサス Versus
  • 2011年 アンシーン Unseen

脚注編集

外部リンク編集