ヨハネス・ルーズベルト

アメリカ合衆国 businessman and alderman

ヨハネス・ルーズベルト(Johannes Roosevelt、1689年2月27日受洗 – 1750年)は、ニューヨークの実業家、市会議員。ルーズベルト家当主。ジョン・ルーズベルト(John Roosevelt)とも。アマニ油製造者であった。

 (Esopusで1689年2月27日に洗礼を受けた。父はニコラス・ルーズベルト。1690年までにニューヨークに引っ越し、ニューヨークのオランダ改革派教会で1708年9月25日にHeyltje Sjoerts (Shourd)と結婚した。11人の子供がいた。

  • Margreta (bap. 1709)
  • ヨハネス(bap. 1710、西インド諸島で死亡)
  • Johannes (bap. 1712)
  • Heyltje (bap. 1714)
  • Olphert (bap. 1716)
  • Jacobus (bap. 1718、夭逝)
  • マリア(bap. 1720)
  • Jannetje. 1723、1724年死亡)
  • ヤコブス(bap. 1724)
  • Aeltje (bap. 1726, died 1727)
  • コーネリアス(bap. 1731)。

1730年に自由市民となった。1717年から1727年までの補助、1730年から1733年には市会議員を務めた。

奴隷のクワックは1741年のニューヨーク陰謀英語版では被告人の共謀者の一人とされ、フォート・アムステルダムに放火の廉で、有罪判決を受け、火あぶりの刑に処せされた。(See LePore, pp. 59–60, 96–99, & 102–03.)

ルーズベルト家のオイスター・ベイ分家の初代で、この家系から大統領セオドア・ルーズベルトなどが出た。

参考文献編集

  • Cobb, William T. (1946). The Strenuous Life: The Oyster Bay Roosevelts in Business and Finance. William E. Rudge's Sons 
  • LePore, Jill (2005). New York Burning: Liberty, Slavery, and Conspiracy in Eighteenth-Century Manhattan. Vintage Books/Random House 
  • Whittelsey, Charles B. (1902). The Roosevelt Genealogy, 1649–1902