メインメニューを開く

ヨハネス4世 (トレビゾンド皇帝)

ヨハネス4世Ιωάννης Δ', Iōannēs IV, ? - 1458年)は、トレビゾンド帝国皇帝(在位:1429年 - 1458年)。アレクシオス4世の子。

この頃になるとオスマン朝の勢力が台頭し、トレビゾンド帝国はなすすべもない状況に追い込まれていた。1442年にはオスマン朝のスルタン・ムラト2世の侵攻を受けて帝国領は略奪を受ける有様であった。

このため、ヨハネス4世はオスマン朝に対抗するため、サファービー教団長のジュネイドローマ教皇カリストゥス3世イスファンディヤル公国カラマン君侯国イブラヒム・ベイと同盟を結び、さらに白羊朝の第2代皇帝ウズン・ハサンと婚姻関係[1]を結んで、オスマン朝と対抗した。このため、オスマン朝もヨハネス4世存命中はトレビゾンド帝国においそれと攻撃することが難しくなってしまったのである。

1458年死去。死後、オスマン朝の反撃が始まった。

ちなみに彼の孫娘(ウズン・ハサンの娘)はサファヴィー家に嫁ぎ、彼の曾孫はサファヴィー朝の初代皇帝となったイスマーイール1世である[2][3]

脚注編集

  1. ^ Savory 1998
  2. ^ Ghereghlou 2016
  3. ^ 蒲生 1957

参考文献編集

先代:
アレクシオス4世
トレビゾンド帝国皇帝
1429 - 1458
次代:
ダヴィド