メインメニューを開く

ヨハンナ・ラーション

スウェーデンのテニス選手

ヨハンナ・ラーションJohanna Larsson, 1988年8月17日 - )は、スウェーデンボルデン出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス2勝、ダブルス14勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス45位、ダブルス20位。身長174㎝、体重66kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ヨハンナ・ラーション
Johanna Larsson
Tennis pictogram.svg
Larsson RG19 (6) (48199148956).jpg
ヨハンナ・ラーション
基本情報
国籍  スウェーデン
出身地 同・ボルデン
居住地 同・ヘルシンボリ
生年月日 (1988-08-17) 1988年8月17日(31歳)
身長 174cm
体重 66kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 16勝
シングルス 2勝
ダブルス 14勝
生涯獲得賞金 3,899,714 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2015・16・19)
全仏 3回戦(2014)
全英 1回戦(2011-18)
全米 3回戦(2014・16)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2015)
全仏 ベスト4(2019)
全英 3回戦(2018)
全米 3回戦(2015・17)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 45位(2017年9月19日)
ダブルス 20位(2017年10月30日)
2019年7月8日現在

来歴編集

5歳でテニスを始め、2006年にプロに転向。

4大大会では2010年全仏オープンで初出場した。現時点ではシングルスでは3回戦進出が最高成績である。

2015年7月の地元のボースタード大会の決勝でモナ・バルテルを 6–3, 7–6(2) で破りWTAシングルスツアー初優勝を果たした[1]

2016年8月のリオ五輪で初めてのオリンピックに出場したが、シングルス1回戦でフランスのアリーゼ・コルネに 1-6, 6-2, 3-6 で敗れ初戦で敗退した。

ダブルスではオランダのキキ・ベルテンスとのペアでWTAツアー9勝を挙げた。4大大会でも2015年全豪オープン2016年全仏オープンでベスト8に進出している。2017年のWTAファイナルにも出場し決勝でティメア・バボシュアンドレア・フラバーチコバ組に 6–4, 4–6, [5–10] で敗れ準優勝した。

2019年全仏オープンではキルステン・フリプケンスと組んだ女子ダブルスでベスト4に進出している。

ラーションは2017年9月レズビアンであることをカミングアウトしている[2]。 =

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 5回 (2勝3敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–0)
インターナショナル (2–3)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2010年7月25日   ポルトロス ハード   アンナ・チャクベタゼ 1–6, 2–6
準優勝 2. 2011年7月9日   ボースタード クレー   ポロナ・ヘルツォグ 4–6, 5–7
準優勝 3. 2013年7月21日   ボースタード クレー   セリーナ・ウィリアムズ 4–6, 1–6
優勝 1. 2015年7月19日   ボースタード クレー   モナ・バルテル 6–3, 7–6(2)
優勝 2. 2018年5月26日   ニュルンベルク クレー   アリソン・リスク 7–6(4), 6–4

ダブルス: 23回 (14勝9敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2010年9月19日   ケベックシティ ハード
(室内)
  ソフィア・アルビドソン   ベサニー・マテック=サンズ
  バルボラ・ザフラボバ・ストリコバ
6–1, 2–6, [10–6]
優勝 2. 2011年6月12日   コペンハーゲン ハード
(室内)
  ジャスミン・ヴェール   クリスティナ・ムラデノビッチ
  カタジナ・ピーター
6–3, 6–3
準優勝 1. 2013年2月23日   メンフィス ハード
(室内)
  ソフィア・アルビドソン   クリスティナ・ムラデノビッチ
  ガリナ・ボスコボワ
6–7(5–7), 3–6
準優勝 2. 2014年2月22日   リオデジャネイロ クレー   シャネル・シェパーズ   イリーナ=カメリア・ベグ
  マリア・イリゴエン
2-6, 0-6
優勝 3. 2015年1月17日   ホバート ハード   キキ・ベルテンス   ビタリア・ディアチェンコ
  モニカ・ニクレスク
7–5, 6–3
優勝 4. 2015年7月19日   ボースタード クレー   キキ・ベルテンス   タチアナ・マリア
  オリガ・サブチュク
7–5, 6–4
準優勝 3. 2015年9月27日   ソウル ハード   キキ・ベルテンス   ララ・アルアバレナ
  アンドレヤ・クレパーチ
6–2, 3–6, [6–10]
準優勝 4. 2016年2月27日   アカプルコ ハード   キキ・ベルテンス   アナベル・メディナ・ガリゲス
  アランチャ・パラ・サントンハ
0–6, 4–6
優勝 5. 2016年5月21日   ニュルンベルク クレー   キキ・ベルテンス   青山修子
  レナタ・ボラコバ
6–3, 6–4
優勝 6. 2016年9月25日   ソウル ハード   キルステン・フリプケンス   大前綾希子
  ピアンターレ・プリプエチ
6–2, 6–3
優勝 7. 2016年10月16日   リンツ ハード
(室内)
  キキ・ベルテンス   アンナ=レナ・グローネフェルト
  クベタ・ペシュケ
4–6, 6–2, [10–7]
優勝 8. 2016年10月22日   ルクセンブルク ハード
(室内)
  キキ・ベルテンス   モニカ・ニクレスク
  パトリシア・マリア・ティグ
4–6, 7–5, [11–9]
優勝 9. 2017年1月7日   オークランド ハード   キキ・ベルテンス   デミ・シュース
  レナタ・ボラコバ
6–2, 6–2
準優勝 5. 2017年5月27日   ニュルンベルク クレー   キルステン・フリプケンス   ニコール・メリヒャル
  アナ・スミス
6–3, 3–6, [9–11]
優勝 10. 2017年7月23日   グシュタード クレー   キキ・ベルテンス   ビクトリヤ・ゴルビッチ
  ニナ・ストヤノビッチ
7–6(4), 4–6, [10–7]
優勝 11. 2017年9月24日   ソウル ハード   キキ・ベルテンス   ルクシカ・クムクム
  ペアングタルン・プリプエチ
6–4, 6–1
優勝 12. 2017年10月16日   リンツ ハード
(室内)
  キキ・ベルテンス   ナテラ・ザラミズ
  クセーニャ・クノル
3–6, 6–3, [10–4]
準優勝 6. 2017年10月29日   シンガポール ハード
(室内)
  キキ・ベルテンス   ティメア・バボシュ
  アンドレア・フラバーチコバ
6–4, 4–6, [5–10]
準優勝 7. 2018年2月25日   ブダペスト ハード
(室内)
  キルステン・フリプケンス   ヒオヒーナ・ガルシア・ペレス
  ファンニ・シュトッラル
6–4, 4–6, [3–10]
準優勝 8. 2018年5月26日   ニュルンベルク クレー   キルステン・フリプケンス   デミ・シュールス
  カタリナ・スレボトニク
6–3, 3–6, [7–10]
優勝 13. 2018年10月14日   リンツ ハード
(室内)
  キルステン・フリプケンス   ラケル・アタウォ
  アンナ=レナ・グローネフェルト
4–6, 6–4, [10–5]
準優勝 9. 2019年1月12日   ホバート ハード   キルステン・フリプケンス   詹皓晴
  ラティシア・チャン
3–6, 6–3, [6–10]
優勝 14. 2019年6月23日   マヨルカ   キルステン・フリプケンス   マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス
  サラ・ソリベス・トリモ
6–2, 6–4

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A LQ A 1R 1R 1R 1R 2R 2R A 1R 2R 3–8
全仏オープン LQ A 2R 2R 1R 2R 3R 1R 2R 2R 1R 2R 8–10
ウィンブルドン LQ A LQ 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R LQ 0–8
全米オープン LQ A 1R 1R 1R 1R 3R 1R 3R 1R 2R 5–9

脚注編集

外部リンク編集