メインメニューを開く
ヨハン・アンブロジウス・バッハ

ヨハン・アンブロジウス・バッハ(Johann Ambrosius Bach, 1645年2月24日 - 1695年2月20日) は、ドイツの音楽家。

クリストフ・バッハ(1613年 - 1661年) の息子としてドイツのエアフルトに生まれた。双子の兄弟にヨハン・クリストフ・バッハ(1645年 - 1693年) がいる。アンブロジウスはエアフルトでヴァイオリン奏者として働いた後、1671年よりテューリンゲン州アイゼナハで地元の町楽師兼宮廷音楽家を務め、更にラッパ手となって町の笛吹きと呼ばれた。1668年4月1日に、エアフルトの毛皮加工職人の娘であるマリア・エリーザベト・レンマーヒルト(1644年 - 1694年)と結婚し彼女との間には8人の子供が生まれたが、その中の4人が後に音楽家となった。その一人に大バッハとして有名なヨハン・ゼバスティアン・バッハがいる。 1695年2月20日アイゼナハで他界した。

アンブロジウスは音楽家としてはそれほど名を残していないが、J.S.バッハの父親であることと、当時のドイツで著名を博していた作曲家オルガニストヨハン・パッヘルベルと親交があったことで知られている。

関連項目編集