ヨハン・カジミール (プファルツ=クレーブルク公)

ヨハン・カジミール(Johann Kasimir, 1589年4月20日 - 1652年6月18日)は、プファルツ=クレーブルク公。プファルツ=ツヴァイブリュッケン公ヨハン1世ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヴィルヘルム5世の娘マグダレーネの3男。スウェーデンカール10世の父。

ヨハン・カジミール
Johann Kasimir
プファルツ=クレーブルク公
Johan Kasimir, 1589-1652, Count Palatine of Zweibrücken (David Beck) - Nationalmuseum - 15921.tif
在位 1604年 - 1652年

出生 (1589-04-20) 1589年4月20日
死去 (1652-06-18) 1652年6月18日(63歳没)
配偶者 カタリーナ・アヴ・スヴェーリエ
子女 クリスティーナ・マグダレーネ
カール10世
マリー・オイフェロシネ
エレオノーレ・カタリーナ
アドルフ・ヨハン1世
家名 プファルツ=クレーブルク家
父親 プファルツ=ツヴァイブリュッケン公ヨハン1世
母親 マグダレーネ・フォン・ユーリヒ=クレーフェ=ベルク
テンプレートを表示

生涯編集

1604年に父が死去した際に遺領を兄弟で分割相続し、長兄ヨハン2世はプファルツ=ツヴァイブリュッケン=フェルデンツ公、次兄フリードリヒ・カジミールはプファルツ=ツヴァイブリュッケン=ランツベルク公、ヨハン・カジミールはプファルツ=クレーブルク公となった。

1615年にスウェーデン王カール9世の娘でグスタフ2世アドルフの異母姉であるカタリーナと結婚し、2男3女をもうけた。

1652年にヨハン・カジミールが死去した際には長男カール・グスタフがプファルツ=クレーブルク公を継いだが、カール・グスタフは1654年にグスタフ2世アドルフの娘である女王クリスティーナの退位後のスウェーデン王に選ばれ、カール10世として即位し、プファルツ=クレーブルク公は弟のアドルフ・ヨハンに譲位した。

子女編集

先代:
新設
プファルツ=クレーブルク公
1604年 - 1652年
次代:
カール10世