ヨランド・ド・クルトネー

ヨランド・ド・クルトネーYolande de Courtenay, 1200年 - 1233年6月)は、ハンガリー国王アンドラーシュ2世の2人目の王妃[1]

ヨランド・ド・クルトネー
Yolande de Courtenay
ハンガリー王妃
在位 1215年 - 1233年
戴冠 1215年

出生 1200年
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国、クルトネー
死去 1233年
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国エステルゴム
埋葬 ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国、イグリシュ修道院
配偶者 アンドラーシュ2世
子女 ヨラーンタ
家名 クルトネー家
父親 ピエール2世・ド・クルトネー
母親 ヨランド・ド・フランドル英語版
テンプレートを表示

生涯編集

ヨランドはピエール2世・ド・クルトネーと、2人目の妻のヨランド・ド・フランドル英語版ラテン皇帝ボードゥアン1世アンリ英語版の姉妹)の娘。ヨランドのアンドラーシュ2世との結婚は、アンドラーシュ2世の最初の妻ゲルトルート1213年9月28日に暗殺された後に、叔父の皇帝アンリによって手配された。

2人の結婚式は1215年2月にセーケシュフェヘールヴァールで行われ、エステルゴム大司教のヤーノシュが彼女の王妃としての戴冠を執り行った。しかし、ハンガリーの王妃の戴冠式は伝統的にヴェスプレーム大司教の特権であったため、ヴェスプレームのローベルト大司教は教皇インノケンティウス3世に訴えた。教皇は調査のためにハンガリーに教皇特使を送り、ヴェスプレーム大司教の特権を認めた。

1216年7月11日に叔父アンリが亡くなった後、アンドラーシュ2世は自身が皇帝位に就くことを計画していたが、ラテン帝国の男爵達はヨランドの父ピエールを皇帝と宣言した。

ヨランドはアンドラーシュ2世の前妻の子ども達と良好な関係だった。ヨランドはアンドラーシュ2世よりも先に亡くなり、シトー会のイグリシュ修道院に埋葬された。

子女編集

アンドラーシュ2世との間に、1女を儲けた。

脚注編集

先代:
ゲルトルート
ハンガリー王妃
1215年 - 1233年
次代:
ベアトリーチェ英語版