メインメニューを開く
HMS York secured.jpg
竣工当時のヨーク。
艦歴
発注 パルマー造船所
起工 1927年5月18日
進水 1928年7月17日
就役 1930年5月1日
退役
その後 1941年5月22日に喪失
艦級 ヨーク級重巡洋艦
性能諸元
排水量 基準:8,250トン
満載:10,350トン
全長 575 ft (175.25 m
水線長 164.6m
全幅 57 ft (17.58 m)
吃水 17 ft (6.17 m)
機関 ヤーロー重油専焼三胴缶8基
+パーソンズギヤードタービン4基4軸推進
最大速力 32.25ノット
航続距離 14ノット/10,000海里
燃料 重油:1,900トン
乗員 623名
兵装 20.3cm(50口径)連装砲3基
10.2cm(45口径)単装高角砲4基
オチキス 4.7cm(43口径)単装機砲4基
ヴィッカース 4cm(39口径)ポンポン砲4基
53.3cm三連装魚雷発射管2基
装甲 舷側:76mm(機関区のみ)
甲板:25~38mm
主砲塔:25mm(前盾)、25mm(側盾)、25mm(後盾)、25mm(天蓋)
バーベット:25mm
弾薬庫:102mm(側盾)、76mm(隔壁)、25mm(天蓋)
司令塔:-mm
航空兵装 1932年に水上機1機とカタパルト1基追加。
1939年に撤去。

ヨーク (HMS York, 90) は、イギリス海軍重巡洋艦ヨーク級

艦歴編集

ヨークは1927年5月18日に起工し、1928年7月17日に進水、1930年5月1日に竣工した。就役後、本国艦隊の第2巡洋艦戦隊旗艦となった[1]。北アメリカ・西インド艦隊の第8巡洋艦戦隊で活動した後、第二次エチオピア戦争のため1935年と1936年は地中海艦隊に派遣され、それからは1939年9月の第二次世界大戦勃発までアメリカ艦隊に属した[2]

 
1938年にハバナで撮られたヨーク。

1939年9月、ヨークは船団護衛任務に従事するためハリファックスへ移った。10月、ハリファックスで、通商破壊艦の捜索や船団護衛にあたるF部隊に配属[2]。10月31日から11月22日までバミューダで修理を行い、それから12月にイギリスへ戻って完全な修理を受けた。それが2月9日に完了すると、ヨークは本国艦隊の第1巡洋艦戦隊に配属された。1940年3月3日、デンマーク海峡アイスランド近くでヨークはドイツの封鎖突破船Arucasを発見した。だが、Arucasも拿捕される前に自沈した[2][3]

1940年4月はじめ、イギリスのノルウェー侵攻計画であるR4計画の下でヨークの属する戦隊は兵員輸送任務に割り当てられた。4月8日にドイツ軍によるノルウェー侵攻が近いことがわかると兵員は下ろされ、ジョン・カニンガム中将が指揮する戦隊はすでに海上にあった本国艦隊の本体と合流した[4]。4月10日、ヨークは空襲により大破した駆逐艦エクリプスを修理のためラーウィックまで曳航するよう命じられた[5]。4月24日から25日にかけて、ヨークと軽巡洋艦マンチェスターバーミンガムはグリーンハワード連隊 (Green Howards) 第1大隊などの兵員をロサイスからÅndalsnesおよびモルデまで運んだ。そして、ヨークは4月26日に帰投した [6]。ヨークは3隻のフランス輸送船や多数のイギリス駆逐艦とともに、5月1日、2日に実行されたナムソスからの英仏兵の撤収作戦に投入された[7]

その後、喜望峰周りでエジプトまで戦車を運ぶ船団を軽巡洋艦エイジャックスと共に護衛。護衛後、地中海艦隊の第3巡洋艦戦隊所属となった。9月27日にアレクサンドリアに到着する。

9月28日からMB5作戦に参加。マルタへの兵員輸送に従事する軽巡洋艦リヴァプールグロスターの護衛部隊の一員として出撃した。1940年10月、MB6作戦に参加しマルタへ向かう船団の支援のため戦艦ウォースパイトヴァリアントマレーヤラミリーズなどと出撃。帰還中の12日、軽巡洋艦エイジャックスの攻撃で大破し(パッセロ岬沖海戦)放棄されたイタリア海軍の駆逐艦アルティリエーレを沈めた。

11月、ヨークはMB8作戦に参加、タラント空襲を行う空母イラストリアスの護衛などを務めた。続いてMB9作戦に参加する。


喪失編集

 
スダ湾で放棄されたヨーク。

ヨークは1941年3月26日、クレタ島スダ湾でイタリア海軍の駆逐艦フランチェスコ・クリスピクインティノ・セラから発進した爆装艇の突入で大破、その後も空襲により損傷した。さらにドイツ軍がクレタ島に侵攻したことにより1941年5月22日に放棄、爆破された。ヨークは戦後、解体されスクラップとなった。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Raven and Roberts, pp. 139, 414
  2. ^ a b c Whitley, p. 94
  3. ^ Mason, Geoffrey B., Lt. Cdr. (2010年12月17日). “HMS YORK - YORK-class Heavy Cruiser including Convoy Escort Movements”. NAVAL-HISTORY.NET. 2011年2月8日閲覧。
  4. ^ Rohwer, p. 18
  5. ^ Haar (2009), pp. 289, 357
  6. ^ Haar (2010), pp. 87–88
  7. ^ Haar (2010), pp. 169–72

参考文献編集

  • 「世界の艦船増刊第46集 イギリス巡洋艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊 2010年10月増刊 近代巡洋艦史」(海人社)
  • Haarr, Geirr H. (2010). The Battle for Norway: April-June 1940. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 978-1-59114-051-1. 
  • Haarr, Geirr H. (2009). The German Invasion of Norway, April 1940. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 978-1-59114-310-9. 
  • Raven, Alan; Roberts, John (1980). British Cruisers of World War Two. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-922-7. 
  • Rohwer, Jürgen (2005). Chronology of the War at Sea 1939-1945: The Naval History of World War Two (Third Revised ed.). Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 1-59114-119-2. 
  • Whitley, M. J. (1995). Cruisers of World War Two: An International Encyclopedia. London: Cassell. ISBN 1-86019-874-0. 

外部リンク編集