ヨーゼフ・クリップス

ヨーゼフ・アロイス・クリップスJosef Alois Krips1902年4月8日 - 1974年10月13日)は、オーストリア指揮者ヴァイオリン奏者[1]

目次

略歴編集

ウィーンの生まれ。オイゼビウス・マンディチェフスキフェリックス・ワインガルトナーに師事し、1921年、ワインガルトナーの助手、合唱指揮者としてウィーン・フォルクスオーパーに入った。 その後、ドルトムント市立劇場カールスルーエ歌劇場などを経て、1933年、ウィーン国立歌劇場の常任指揮者に就任、1935年、ウィーン国立音楽大学の教授に就任した。1938年のオーストリア併合の後、オーストリアを去ることを強いられ、ベオグラードに移り、ユーゴスラビア第二次世界大戦に一時期巻き込まれるまで、地元のオーケストラで働いた。大戦終期には食品工場で働いていたが、「こっそりオペラの稽古をつけたり、プロンプター席に入って指示を出していた」という伝説もある。

1950年から1954年、ロンドン交響楽団の首席指揮者を務め、その後バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団サンフランシスコ交響楽団の音楽監督となった。

1963年にコヴェント・ガーデン王立歌劇場、1966年にメトロポリタン歌劇場にそれぞれデビュー。

1968年、サンフランシスコ交響楽団と最初で最後の来日。クリップスと親交のあった日本人指揮者では、小澤征爾大町陽一郎が挙げられる。

1970年、ベルリン・ドイツ・オペラの指揮者に就任、同年から1973年までの間ウィーン交響楽団の首席指揮者を務めた。

ジュネーヴにて病没。

オペラの名指揮者編集

ナチス政権に協力しなかったため、1945年の終戦後すぐにオーストリアの楽壇に復帰することができ、戦後ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ザルツブルク音楽祭を最初に指揮したひとりである。(クナッパーツブッシュフルトヴェングラーベームカラヤンはナチ協力の嫌疑で復帰が遅れた。)巨匠不在のウィーン・フィルを支えた名匠といえる。モーツァルトリヒャルト・シュトラウスの作品を得意とした。

角のとれた優美なクリップスとウィーン・フィル(国立歌劇場管弦楽団)の芸風は、68年の「コジ・ファン・トゥッテ」、70年の「エジプトのヘレナ」などのライブ録音で偲ぶことができる。所謂「叩き上げ」の経歴をもち、歌劇場での稽古に手腕を発揮した。往年の名歌手エリーザベト・シュヴァルツコップは、「一番お世話になったのはクリップス!」と述懐したという。

レコード・ファンの間では兎角ドイツ・オーストリア音楽だけの専門家と見られがちだが、実際は特にアメリカ時代には現代作品を含む幅広いレパートリーを誇った。来日公演でもストラヴィンスキーコープランド等の作品を指揮している。

レコーディング編集

  • 1948年 シューベルト:交響曲第6番 ロンドンso. (DECCA)
  • 1948-1950の間 モーツァルト:レクイエム ウィーン宮廷合唱団、管弦楽団 (DECCA)
    • ウェルナー・ペック(S) ハンス・ブライトショップ(A) ワルター・ルートヴィッヒ(T) ハラルド・ブレグレーフ(B) (女声の代わりに少年の独唱・コーラスを起用して成功を収めたユニークなもの)
  • 1949年 ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」 ロンドンpo. (DECCA)
  • 1950年 モーツァルト:歌劇「後宮からの誘拐」全曲 (LPレコード初のオペラ全曲録音という、意欲的な企画もの)
  • 1950年 モーツァルト:交響曲第31番「パリ」交響曲第39番 ロンドンso. (DECCA)
  • 1950年4月 シューベルト:交響曲第7番「未完成」 ロンドンso. (DECCA)
  • 1950年4月 ブラームス:交響曲第4番 ロンドンso. (DECCA)
  • 1951年 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ザーラ・ネルソヴァ(vc) ロンドンso. (DECCA)
  • 1952年 シューベルト:交響曲第8番「ザ・グレイト」 ロイヤル・コンセルトヘボウo. (DECCA)
  • 1952年? ベートーヴェン:交響曲第4番 アムステルダム・コンセルトヘボウo. (DECCA)
  • 1953年 ハイドン:交響曲第92番「オックスフォード」 メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」 ロンドンso. (DECCA)
  • 1953年3月 モーツァルト:交響曲第40番 ロンドンso. (DECCA)
  • 1953年3月 シューマン:ピアノ協奏曲 ヴィルヘルム・ケンプ(pf) ロンドンso. 
  • 1953年10月 モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番ピアノ協奏曲第24番 クリフォード・カーゾン(pf)ロンドンso. (DECCA)
  • 1954年9月 メンデルスゾーン:オラトリオ「エリヤ」 ロンドンpo. 他 (DECCA)
  • 1955年6月 モーツァルト:歌劇「ドン・ジョバンニ」全曲 ウィーンpo. ウィーン国立歌劇場合唱団、チェーザレ・シエピ(Br) クルト・ベーメ(B) シュザンヌ・ダンコ(S) 他 (DECCA)
    • (DECCAのモーツァルト生誕200年記念・4大オペラ録音のうちのひとつ。「フィガロの結婚」はエーリッヒ・クライバー、「魔笛」と「コジ・ファン・トゥッテ」はベーム。)その典雅・優美な演奏は、今なお絶賛を博している。
  • 1956年10月 ブラームス:交響曲第1番 ウィーンpo. (DECCA)
  • 1956年10月 シューマン:交響曲第4番 ロンドンso. (DECCA)
  • 1956年12月 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全曲 アルトゥール・ルービンシュタイン(pf) シンフォニー・オブ・ジ・エア(RCA)
  • 1957年4月 モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」 第41番「ジュピター」 イスラエルpo. (DECCA)
  • 1957年5月 シューマン:交響曲第1番「春」 ロンドンso. (DECCA)
  • 1957年9月,10月 シュトラウス・コンサート ウィーンpo. ワルツ「美しく青きドナウ」、ピチカートポルカ皇帝円舞曲、ワルツ「南国のばら」、加速度円舞曲、ワルツ「オーストリアの村つばめ」、ワルツ「春の声」 (DECCA)
  • 1957年9月 ハイドン:交響曲第94番「驚愕」 交響曲第99番 ウィーンpo. (DECCA)
  • 1958年4月 ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番 シューマン:ピアノ協奏曲 アルトゥール・ルービンシュタイン(pf) RCAビクターso. (RCA)      
  • 1958年5月 シューベルト:交響曲第8番「ザ・グレイト」 ロンドンso. (DECCA)
  • 1958年9月 チャイコフスキー:交響曲第5番 ウィーンpo. (DECCA)
  • 1960年1月 ベートーヴェン:交響曲全集 ロンドンso. BBCcho. (米エヴェレスト)
    • 交響曲第9番は、ジェニファー・ビビアン(ソプラノ)、シャーリー・カーター(ヴァーレット、メゾ・ソプラノ)、ルドルフ・ペトラーク(テノール)、ドナルド・ベル(バリトン)、レスリー・ウッドゲート指揮BBC合唱団が参加した。この録音は音楽評論家、愛好家には有名であり、正式版、海賊版ともに何度も再発された。とりわけ初版のLP全集には、クリップス自身による詳しい楽曲解説が添付されていて、彼の楽曲理解を知る貴重な資料ともなっている。
  • 1960年5月 ブラームス:交響曲第2番 チューリッヒ・トーンハレo. (コンサートホール)
  • 1962年6月 シューベルト:交響曲第7番「未完成」 ウィーンso. (コンサートホール)
  • 1963年4月1日 ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 大学祝典序曲 悲劇的序曲 フィルハーモニアo. (EMI)
  • 1963年5月 R.シュトラウス:「ばらの騎士」組曲 「火の鳥」組曲 フィルハーモニアo. (EMI)
  • 1966年2月 モーツァルト:歌劇「後宮からの誘拐」全曲 ウィーンpo. ウィーン国立歌劇場合唱団 アンネリーゼ・ローテンベルガー(S) ルチア・ポップ(S) ニコライ・ゲッダ(T) ゲルハルト・ウンガー(T) ゴットロープ・フリック(B)他 (EMI)
  • 1969年3月 シューベルト:交響曲第7番「未完成」 ウィーンpo. (DECCA)
  • 1972~73年、アムステルダム・コンセルトヘボウo.を指揮してモーツァルト交響曲集(第21~41番)を録音した。2007年に日本盤CDの形で発売され、その典雅な演奏は、多くの人の支持を得ている。 (PHILIPS)

その他、コンサートホール・ソサエティに多くの録音を残している。また、ライブ録音にはウィーンso.を振った「ティル」やシューベルト「ザ・グレイト」、マーラー「大地の歌」がある他、最近、フランス国立放送管弦楽団を振ったベートーヴェン等がCDとしてリリースされている。

脚注編集