メインメニューを開く

ヨーゼフ・ハシッド

ヨーゼフ・ハシッドJosef Hassid、ポーランド語: Józef Chasyd, 1923年12月28日 - 1950年11月7日)は、ポーランド出身のイギリスヴァイオリニスト。わずか2年の活動の後に生涯を閉じた悲劇の天才ヴァイオリニストとして知られる。

ヨーゼフ・ハシッド
生誕 (1923-12-28) 1923年12月28日
出身地 ポーランドの旗 ポーランドスヴァウキ
死没 (1950-11-07) 1950年11月7日(26歳没)
学歴 ショパン音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

目次

経歴編集

ポーランドスヴァウキに生まれる。幼い頃に母を亡くし、父に育てられる。10歳でワルシャワショパン音楽院に入学。1935年、11歳にしてワルシャワのヘンリク・ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで名誉ディプロマ受賞。フリッツ・クライスラーからは、「世界的なヴァイオリンの逸材は100年に一度生まれるが、ヨーゼフ・ハシッドは200年に一度の逸材である」とまで絶賛された。

1938年第二次世界大戦の戦禍を避けて父と共にロンドンへ移住し、カール・フレッシュに師事して録音を残す。1939年にはイギリスでデビューして大成功をおさめ、初の録音を行う。翌1940年には興行主ハロルド・ホルトと契約を結ぶ。しかし同じフレッシュ門下の令嬢との失恋が元で1941年3月の演奏会を最後に統合失調症を発し、ノーサンプトンの聖アンドリューズ病院に収容されてインスリン・ショック療法などを受ける。一時は症状が改善して翌1942年には演奏活動を再開するが、同年11月に病状が悪化してエプソムのロンググローブ病院に強制入院させられ、1950年10月20日ロボトミーを受けた18日後に後遺症が元で死去。26歳没。

9つ(実際には8曲)の小品の名録音を遺した。

使用した楽器編集

クライスラーから貸与されたジャン=バティスト・ヴイヨームの楽器を使用していた。

残された録音編集

外部リンク編集

脚注編集