ヨーゼフ・フォン・ヘッセン=ローテンブルク

ヨーゼフ・フォン・ヘッセン=ローテンブルクJoseph von Hessen-Rotenburg, 1705年9月23日 - 1744年6月24日[1])は、ドイツ・ヘッセン=ローテンブルクドイツ語版方伯家の世子。

ヨーゼフ・フォン・ヘッセン=ローテンブルク
Joseph von Hessen-Rotenburg
ヘッセン=ローテンブルク方伯世子

出生 (1705-09-23) 1705年9月23日
ランゲンシュヴァルバッハ英語版
死去 (1744-06-24) 1744年6月24日(38歳没)
ローテンブルク・アン・デア・フルダローテンブルク城ドイツ語版
配偶者 クリスティーネ・ツー・ザルム
子女 ヴィクトリア
マリー・ルイーゼ
レオポルディーネ
エルンスト
家名 ヘッセン=ローテンブルク家
父親 ヘッセン=ローテンブルク方伯エルンスト・レオポルト
母親 エレオノーレ・ツー・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ロシュフォール
テンプレートを表示

生涯編集

ヘッセン=ローテンブルク方伯エルンスト・レオポルトとその妻のエレオノーレ・ツー・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ロシュフォールの間の第1子、長男として生まれた。1726年3月9日アンホルト城ドイツ語版において、ザルム侯ルートヴィヒ・オットーの三女クリスティーネ(1707年 - 1775年)と結婚し、間に4人の子をもうけた。

1744年、父に先立って死去。妻との間の男子が育っておらず、方伯家の家督は11歳年下の弟コンスタンティンが相続した。

引用編集

  1. ^ a b van de Pas, Leo. “Joseph, Hereditary Prince of Hessen-Rotenburg”. Genealogics .org. 2010年3月16日閲覧。