ヨーゼフ・ラスカ

ヨーゼフ・ラスカ: Joseph Laska[1]1886年 - 1964年[2])は、オーストリア出身の指揮者作曲家である。

生涯編集

ロシアを経由して来日し、1923年から1935年まで関西に在住した[1]宝塚交響楽団草創期に同団の指揮者として活動し、アントン・ブルックナーの日本初演を行うなど、日本での西洋音楽の普及に尽力した。

2014年11月にはラスカの没後50年を記念したメモリアル・コンサートが京都にて開催された[3]

脚注・出典編集

[ヘルプ]

関連文献編集

  • 根岸一美『ヨーゼフ・ラスカと宝塚交響楽団』大阪大学出版会、2012年。ISBN 978-4872593204