ヨーゼフ・ルドルフ・ヴィツェル

ヨーゼフ・ルドルフ・ヴィツェル(Josef Rudolf Witzel、1867年9月27日生まれ、1924年1925年に死去)はドイツのイラストレーター、ポスター画家である。ドイツにおけるアール・ヌーヴォー(ドイツではユーゲント・シュティールと呼ばれる)を代表する芸術家の一人である。

ヨーゼフ・ルドルフ・ヴィツェル
Josef Rudolf Witzel
Josef Rudolf Witzel - Jugend Nr. 16, 1896.jpg
ヴィツェルによる雑誌「Jugend」表紙絵
生誕1867年9月27日
フランクフルト・アム・マイン
死没1924年1925年
Gräfelfing
運動・動向ユーゲント・シュティール

略歴編集

フランクフルト・アム・マインで生まれた。フランクフルトの美術学校でエドヴァルト・フォン・シュタインレに学んだ後、カールスルーエの 美術学校でキャスパー・リッターに学んだ。1890年にミュンヘンに移り、1892年にミュンヘン分離派が結成されると、分離派に参加した。この頃、フランスで人気であったジャポニスムアール・ヌーヴォーの美術に興味を持った。1896年にミュンヘンで雑誌、「Jugend」が創刊されると、イラストレーターとして雇われ、表紙絵や挿絵を描いた。

ポスター画家としても活動し、フランスで1895年から1900年まで出版されたポスター画集、「Les maîtres de l'affiche(ポスター芸術の巨匠たち)」で1898年にヴィツェルのポスターが取り上げられた。

作品編集

参考文献編集

  • Witzel, Josef Rudolf. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 36: Wilhelmy–Zyzywi. E. A. Seemann, Leipzig 1947, S. 155.
  • Josef Rudolf Witzel. Biografische Daten und Werke im Niederländischen Institut für Kunstgeschichte (niederländisch)