メインメニューを開く

ヨーダムロン・シンワンチャータイ語: ยอดดำรงค์ ศิษย์ยอดธง, 英語: Yoddamrong Singwancha1981年2月15日 - )は、タイ王国男子プロボクサー。元世界ボクシング協会 (WBA)世界スーパーバンタム級王者。ヨーダムロン・シッヨートン (: Yoddamrong Sithyodthong) とも。

ヨーダムロン・シンワンチャー
基本情報
階級 スーパーバンタム級
身長 168cm
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1981-02-15) 1981年2月15日(38歳)
出身地 タイ王国の旗 タイ ウタイターニー県
プロボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 45
KO勝ち 20
敗け 7
引き分け 1
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1996年6月1日、プロデビュー戦で4回判定勝ち。

1998年2月3日、タイバンコクレリチャイ・マイムアンコンに判定勝ちしタイバンタム級王座を獲得。同王座は3度の防衛に成功した。

1999年11月28日、タイパッタヤーハリー・マガウィンバンPABAスーパーバンタム級暫定王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちで王座の獲得に成功。PABAスーパーバンタム級暫定王座の防衛に2度成功後の2001年5月15日にインドネシアジャカルタで 正規王者ブラン・ブギアルソと王座統一戦を行い、6回KO勝ちを収め王座統一に成功、正規王者になった(記録上は3度目の防衛)。

2002年2月21日、31戦目で世界王座初挑戦。、タイナコーンラーチャシーマー県・ダーンクントット郡でWBA世界スーパーバンタム級王者ヨベル・オルテガに挑戦し、3-0(117-112、118-111、116-112)の判定勝ちで世界王座を獲得した。

2002年5月18日、さいたまスーパーアリーナで行われた初防衛戦で佐藤修と対戦し、8回1分58秒KO負けで王座から陥落した[1]

2003年6月27日、タイバンコク・トンブリー区のザ・モール・ショッピングセンター・タープラでロッド・4K・ケブカチェとPABAフェザー級暫定王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちで王座を獲得。同年8月15日にはロッド・4K・ケブカチェとタイバンコクのザ・モール・ショッピングセンターで再戦し、3-0の判定勝ちで初防衛に成功した。

2004年11月8日、WBA世界スーパーバンタム級王座返り咲きを賭けフランスパリ・ベルシーのパレ・オムニスポール・ド・パリ・ベルシーでWBA世界スーパーバンタム級王者マヤル・モンシプールに挑戦するも、6回TKO負けで王座返り咲きならず。

2006年4月8日、後楽園ホール木村章司と対戦し、10回判定負け[2]

2006年6月11日、沖縄コンベンションセンターで竜宮城(宮城竜太)と対戦し、6回TKO負け[3]

2006年9月25日、タイナコーンパトム県チョンラターン・ピリヤピンヨーABCOフェザー級タイトルマッチを行い、0-3(110-118、110-118、111-117)の判定負けを喫し、王座獲得に失敗。

2007年6月15日、タイローイエット県チョンラターン・ピリヤピンヨーとABCOフェザー級タイトルマッチで再戦し、7回0分41秒TKO負けを喫し、王座獲得に再び失敗した。

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 佐藤大逆転KOで新王者に スポーツナビ
  2. ^ 花形日報 第94号
  3. ^ 宮城、元世界王者ヨーダムロン撃破! ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2006年6月11日

関連項目編集

外部リンク編集

PABAスーパーバンタム級暫定王者
在位期間
暫定王者決定戦対戦者:ハリー・マガウィンバン1999年11月28日 - 2001年5月15日次暫定王者:王座統一により消滅
第3代PABAスーパーバンタム級王者
在位期間
ブラン・ブギアルソ2001年5月15日 - 2001年11月(返上)空位
(次タイトル獲得者:ソムサック・シンチャチャワン
WBA世界スーパーバンタム級王者
在位期間
ヨベル・オルテガ2002年2月21日 - 2002年5月18日佐藤修
PABAフェザー級暫定王者
在位期間
暫定王者決定戦対戦者:ロッド・4K・ケブカチェ2003年6月27日 - 2003年8月(返上)次暫定王者:返上により消滅