ヨーロッパカーリング選手権

ヨーロッパカーリング選手権(ヨーロッパカーリングせんしゅけん、英語: European Curling Championships)は、世界カーリング連盟WCF)が主催するカーリング欧州選手権。4人制の男子および女子の競技が1975年から毎年12月頃に同会場で開催される[1]2012年まで、ヨーロッパカーリング連盟デンマーク語版ECF)の主催で開催された[2]

ヨーロッパカーリング選手権
概要
主催 世界カーリング連盟
協賛 Le Gruyère AOP Switzerland
開始年 1975年
前回優勝 (2021年)
男子 スコットランドの旗 スコットランド
女子 スコットランドの旗 スコットランド

出場資格編集

ヨーロッパゾーンの国・地域が出場可能。出場する場合は国内の選考会を兼ねた大会等で代表を決めなくてはならない。2005年に行われた大会で出場した国・地域は男子29、女子24。

なお、イギリスアイルランドについては、イングランドスコットランドウェールズ、アイルランドカーリング協会(アイルランド北アイルランド)と地域別に別れて代表を送っている。

試合形式編集

2018年シーズン以降編集

A、B、Cの3つのディビジョンに分けられている

ディビジョンA編集

男女ともに10チームで争われる。ラウンドロビンで上位4チームを決め、1位対4位、2位対3位の準決勝に続き、3位決定戦、決勝戦が行われる。

下位2チームが翌年ディビジョンBへ降格する。

ディビジョンB編集

男子は16チーム、女子は16チームで争われる。女子のフォーマットはディビジョンAと同じ。

男子は、8チーム2グループに分けラウンドロビンを行う。各組1位は準決勝に進む。A組2位対B組3位、A組3位対B組2位プレーオフを行い、勝者が準決勝へ進む。

男子は降格プレーオフも行われ、各組8位同士が対戦し、敗者は降格し、勝者は各組7位同士の対戦の敗者と戦い、その対戦で負けたチームは降格する。

上位2チームは、翌年ディビジョンAに昇格し、下位2チームはディビジョンCへ降格する。

ディビジョンC編集

前年度ディビジョンBに降格したチームと、ディビジョンA、Bに属しないのエントリーチームで争われる。

大会参加チーム数と使用可能シート数により、WCFがフォーマットを変更する。2021年以降はディビジョンAと同じ形式で開催されている。

上位2チームは、翌年ディビジョンBへ昇格する。

世界選手権の代表決定編集

パンコンチネンタルカーリング選手権の開催に伴って、男女ともにディビジョンAの上位7チームが世界選手権の参加権を獲得する。開催国が含まれる場合は、開催国を除く、上位6チームとなる。ただし、前年の世界選手権の結果によって13番目の参加チームを決定しヨーロッパとヨーロッパ以外で比較し、ヨーロッパがよいときはこの大会の出場枠は1つ増える。

2018年は男女ともにディビジョンAの上位7チームが世界選手権の出場権を得、8位、9位のチームは世界最終予選への参加権を得た。

2019年は男子ディビジョンAの上位8チーム、女子はディビジョンAの上位7チームが正解選手権の出場権を得、男子の9位、10位の2チーム、女子の8位、9位の2チームは世界最終予選への参加権を得た。

2021年は、2019年の出場に加えて、男子のディビジョンBの上位3チーム、女子のディビジョンBの上位2チームも世界最終予選ヘの参加権を得た。

2017年シーズン以前編集

本大会はAとBの2つのグループに分けられている。

グループA編集

グループAは男女ともに10ヶ国からなる。試合形式は男女共通。

予選
ラウンドロビントーナメント(総当りリーグ戦)により上位4ヶ国と下位2ヶ国を決定する。予選全日程を終了した時点で決定できない場合はタイブレークで順位を決定して進出国を決める。
決勝
決勝トーナメントは以下の順序で行われる。
  1. 予選1-4位同士と予選2-3位同士の準決勝。
  2. 準決勝の敗者同士 による3位決定戦。3位と4位が決定。
  3. 準決勝の勝者同士 による決勝。1位と2位が決定。

グループB編集

BグループはAグループに属する国以外の参加国から成る。試合形式は男女共通。

予選
均等に2つのグループ(仮にaとbとする)に分け、ラウンドロビントーナメント(総当りリーグ戦)により各組上位2ヶ国を決定する。予選全日程を終了した時点で勝敗数が並び上位国を決定できない場合はタイブレークで順位を決定して進出国を決める。3位以下のチームは勝敗数が同一でも順位は同じとなる。
決勝
決勝トーナメントは以下の順序で行われる。
  1. aグループ予選1位とbグループ予選2位同士とaグループ予選2位とbグループ予選1位同士の準決勝。
  2. 準決勝の敗者同士 による3位決定戦。3位と4位が決定。
  3. 準決勝の勝者同士 による決勝。1位と2位が決定。

その他編集

グループの入れ替え
Aグループの9位と10位は次のシーズンにBグループに降級、逆にBグループの1位と2位がAグループに昇級する。
世界選手権の代表決定
  • Aグループの最終順位1~7位は自動的に世界選手権の出場権を獲得。
  • Aグループの8位はBグループの1位と2戦先勝制の試合を行い、勝った国が世界選手権の出場権を獲得する。

歴代大会編集

男子編集

開催年 開催地 優勝 準優勝 3位 備考
1 1975   ムジェーヴ   ノルウェー   スウェーデン   スコットランド
2 1976   西ベルリン   スイス   ノルウェー   スウェーデン
  スコットランド
3 1977   オスロ   スウェーデン   スコットランド   西ドイツ
4 1978   アビモア英語版   スイス   スウェーデン   デンマーク
5 1979   ヴァレーゼ   スコットランド   スウェーデン   イタリア
  ノルウェー
6 1980   コペンハーゲン   スコットランド   ノルウェー   スウェーデン
7 1981   グリンデルヴァルト   スイス   スウェーデン   デンマーク
8 1982   カーコーディ英語版   スコットランド   西ドイツ   スイス
9 1983   ヴェステロース   スイス   ノルウェー   スコットランド
10 1984   モルジヌ   スイス   スコットランド   ノルウェー
11 1985   グリンデルヴァルト   西ドイツ   スウェーデン   ノルウェー
12 1986   コペンハーゲン   スイス   スウェーデン   ノルウェー
13 1987   オーベルストドルフ   スウェーデン   ノルウェー   スイス
14 1988   パース   スコットランド   ノルウェー   スイス
15 1989   エンゲルベルク   スコットランド   ノルウェー   西ドイツ
16 1990   リレハンメル   スウェーデン   スコットランド   ノルウェー
17 1991   シャモニー=モン=ブラン   ドイツ   スコットランド   スイス
18 1992   パース   ドイツ   スウェーデン   スイス
  スコットランド
19 1993   ロイカーバート   ノルウェー   デンマーク   スイス
20 1994   スンツヴァル   スコットランド   スイス   スウェーデン
21 1995   グリンデルヴァルト   スコットランド   スイス   ノルウェー
22 1996   コペンハーゲン   スコットランド   スウェーデン   スイス
23 1997   フュッセン   ドイツ   デンマーク   スコットランド
24 1998   フリムス英語版   スウェーデン   スコットランド   ノルウェー
25 1999   シャモニー=モン=ブラン   スコットランド   デンマーク   フィンランド
26 2000   オーベルストドルフ   フィンランド   デンマーク   スウェーデン
27 2001   ヴィエルマキ英語版   スウェーデン   デンマーク   フィンランド
28 2002   グリンデルヴァルト   ドイツ   スウェーデン   ノルウェー
29 2003   クールマイユール   スコットランド   スウェーデン   デンマーク
30 2004   ソフィア   ドイツ   スウェーデン   ノルウェー
31 2005   ガルミッシュ=パルテンキルヒェン   ノルウェー   スウェーデン   スコットランド
32 2006   バーゼル   スイス   スコットランド   スウェーデン
33 2007   フュッセン   スコットランド   ノルウェー   デンマーク
34 2008   エルンシェルツビク   スコットランド   ノルウェー   ドイツ
35 2009   アバディーン   スウェーデン   スイス   ノルウェー
36 2010   シャンペリー英語版   ノルウェー   デンマーク   スイス
37 2011   モスクワ   ノルウェー   スウェーデン   デンマーク
38 2012   カールスタード   スウェーデン   ノルウェー   チェコ [3]
39 2013   スタヴァンゲル   スイス   ノルウェー   スコットランド [4]
40 2014   シャンペリー英語版   スウェーデン   ノルウェー   スイス
41 2015   エスビャウ   スウェーデン   スイス   ノルウェー
42 2016   レンフルーシャー   スウェーデン   ノルウェー   スイス
43 2017   ザンクト・ガレン   スウェーデン   スコットランド   スイス
44 2018   タリン   スコットランド   スウェーデン   イタリア
45 2019   ヘルシンボリ   スウェーデン   スイス   スコットランド
46 2020   リレハンメル 新型コロナウイルス感染症の世界的流行のため中止[5]
47 2021英語版   リレハンメル   スコットランド   スウェーデン   イタリア [6]

女子編集

開催年 開催地 優勝 準優勝 3位
1 1975   ムジェーヴ   スコットランド   スウェーデン   スイス
2 1976   西ベルリン   スウェーデン   フランス   スコットランド
  イングランド
3 1977   オスロ   スウェーデン   スイス   スコットランド
4 1978   アビモア英語版   スウェーデン   スイス   スコットランド
5 1979   ヴァレーゼ   スイス   スウェーデン   スコットランド
6 1980   コペンハーゲン   スウェーデン   ノルウェー   西ドイツ
  スコットランド
7 1981   グリンデルヴァルト   スイス   スウェーデン   デンマーク
8 1982   カーコーディ英語版   スウェーデン   イタリア   スイス
9 1983   ヴェステロース   スウェーデン   ノルウェー   スイス
10 1984   モルジヌ   西ドイツ   スウェーデン   スイス
11 1985   グリンデルヴァルト   スイス   スコットランド   ノルウェー
12 1986   コペンハーゲン   西ドイツ   スイス   デンマーク
13 1987   オーベルストドルフ   西ドイツ   スウェーデン   ノルウェー
14 1988   パース   スウェーデン   スコットランド   スイス
15 1989   エンゲルベルク   西ドイツ   スイス   スウェーデン
16 1990   リレハンメル   ノルウェー   スコットランド   スイス
17 1991   シャモニー=モン=ブラン   ドイツ   ノルウェー   スウェーデン
18 1992   パース   スウェーデン   スコットランド   ドイツ
  ノルウェー
19 1993   ロイカーバート   スウェーデン   スイス   ノルウェー
20 1994   スンツヴァル   デンマーク   ドイツ   ノルウェー
21 1995   グリンデルヴァルト   ドイツ   スコットランド   スウェーデン
22 1996   コペンハーゲン   スイス   スウェーデン   ドイツ
23 1997   フュッセン   スウェーデン   デンマーク   ドイツ
24 1998   フリムス英語版   ドイツ   スコットランド   デンマーク
25 1999   シャモニー=モン=ブラン   ノルウェー   スウェーデン   スイス
26 2000   オーベルストドルフ   スウェーデン   ノルウェー   スイス
27 2001   ヴィエルマキ英語版   スウェーデン   デンマーク   スイス
28 2002   グリンデルヴァルト   スウェーデン   スイス   ノルウェー
29 2003   クールマイユール   スウェーデン   スイス   デンマーク
30 2004   ソフィア   スウェーデン   スイス   ノルウェー
31 2005   ガルミッシュ=パルテンキルヒェン   スウェーデン   スイス   デンマーク
32 2006   バーゼル   ロシア   イタリア   スイス
33 2007   フュッセン   スウェーデン   スコットランド   デンマーク
34 2008   エルンシェルツビク   スイス   スウェーデン   デンマーク
35 2009   アバディーン   ドイツ   スイス   デンマーク
36 2010   シャンペリー英語版   スウェーデン   スコットランド   スイス
37 2011   モスクワ   スコットランド   スウェーデン}   ロシア
38 2012   カールスタード   ロシア   スコットランド   スウェーデン
39 2013   スタヴァンゲル   スウェーデン   スコットランド   スイス
40 2014   シャンペリー英語版   スイス   ロシア   スコットランド
41 2015   エスビャウ   ロシア   スコットランド   フィンランド
42 2016   レンフルーシャー   ロシア   スウェーデン   スコットランド
43 2017   ザンクト・ガレン   スコットランド   スウェーデン   イタリア
44 2018   タリン   スウェーデン   スイス   ドイツ
45 2019   ヘルシンボリ   スウェーデン   スコットランド   スイス
46 2020   リレハンメル 新型コロナウイルス感染症の世界的流行のため中止[5]
47 2021   リレハンメル   スコットランド   スウェーデン   ドイツ

メダル獲得数編集

男子編集

国・地域
1   スコットランド 14 7 8 29
2   スウェーデン 12 15 5 32
3   スイス 8 6 11 25
4   ドイツ 6 1 3 10
5   ノルウェー 5 12 11 28
6   フィンランド 1 0 2 3
7   デンマーク 0 5 5 10
8   イタリア 0 0 3 3
9   チェコ 0 0 1 1
合計 46 46 49 141

女子編集

国・地域
1   スウェーデン 21 12 4 37
2   ドイツ 8 1 6 15
3   スイス 6 10 13 29
4   スコットランド 4 12 7 23
5   ロシア 4 1 1 6
6   ノルウェー 2 4 7 13
7   デンマーク 1 3 8 12
8   イタリア 0 2 1 3
9   フランス 0 1 0 1
10   イングランド 0 0 1 1
  フィンランド 0 0 1 1
合計 46 46 49 141

総計編集

国・地域
1   スウェーデン 33 27 9 69
2   スコットランド 18 19 15 52
3   スイス 14 16 24 54
4   ドイツ 14 2 9 25
5   ノルウェー 7 16 18 41
6   ロシア 4 1 1 6
7   デンマーク 1 8 13 22
8   フィンランド 1 0 3 4
9   イタリア 0 2 4 6
10   フランス 0 1 0 1
11   チェコ 0 0 1 1
  イングランド 0 0 1 1
合計 92 92 98 282

出典編集

  1. ^ Results & Statistics” (英語). World Curling Federation (2021年). 2021年12月19日閲覧。
  2. ^ European Curling Federation” (英語). European Curling Federation (2013年). 2013年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月19日閲覧。
  3. ^ European Curling Championships 2012” (英語). World Curling Federation (2012年). 2013年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月19日閲覧。
  4. ^ Le Gruyère European Curling Championships 2013” (英語). World Curling Federation (2013年). 2018年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月19日閲覧。
  5. ^ a b Five 2020–2021 season world qualification events cancelled” (英語). 世界カーリング連盟 (2020年9月1日). 2020年9月1日閲覧。
  6. ^ Le Gruyère AOP European Curling Championships 2019” (英語). World Curling Federation (2021年). 2021年12月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集