ヨーロッパ・ドライバーズ選手権

ヨーロッパ・ドライバーズ選手権(ヨーロッパ・ドライバーズせんしゅけん、The European Drivers' Championship)は、1950年F1世界選手権の発足以前に存在した四輪モータースポーツにおける最高峰の選手権である。

ヨーロッパ・ドライバーズ選手権
カテゴリ シングルシーター
国・地域 ヨーロッパ
開始年 1931
終了年 1939
ドライバー 32 (1939)
チーム 8 (1939)
コンストラクター 7 (1939)
最終
ドライバーズ
チャンピオン
ナチス・ドイツの旗 ルドルフ・カラツィオラ (1938)

1931年に発足して以降1933年1934年の中断期間を挟んで1939年まで開催された。 選手権は指定されたグランプリレースの成績に応じて与えられるポイントによって争われ、選手権レースとして指定されるグランプリはグラン・エプルーヴ(Grandes Épreuves)と呼ばれる歴史ある重要度の高いグランプリであったが、1931年1935年にはいくつかのグラン・エプルーヴが非選手権レースとして扱われた。 選手権の開催は1939年第二次世界大戦の勃発によって終了を余儀なくされ、最後の年となった1939年のチャンピオンが公式に宣言されることは無かった。

選手権はFIAの前身であるAIACR(国際自動車公認クラブ協会)によって主催された。

歴史編集

 
ニュルブルクリンクメルセデスW125のデモンストレーションを行うヘルマン・ラング(1977年)

1931年1932年の選手権は当時のフォーミュラ・リブレ(車体重量・エンジン排気量無制限)のレギュレーションに沿って行われた[1]。初年度の1931年はイタリアGP、フランスGP及びベルギーGPの3つのグランプリで争われ、翌1932年にはベルギーGPに代わってドイツGPが選手権レースに指定された。

1934年からはレギュレーションによりグランプリ参加車両の最大規定重量が750kgに制限された[2]。それに先立つ1933年、新たにドイツ国の首相に就任したアドルフ・ヒトラーはグランプリに参加するレーシングカーを開発するドイツのメーカーに対して年間45万ライヒスマルクの支援を行うことを宣言しており、その資金はメルセデス・ベンツと新興のアウトウニオンに分配されることとなった[2]。グランプリ・レーサーの開発に当たり、アウトウニオンフェルディナンド・ポルシェのPワーゲン計画を発展させ、エンジンをリアに搭載する画期的なレーシングカーを開発した。結果的にドイツ製のグランプリ・レーサーは参加したほぼ全てのグランプリで圧倒的な性能を示すこととなり[2]、ドイツの2メーカーが開発したレーシングカーは1935年以降の選手権の主役となった。スクーデリア・フェラーリアルファロメオマセラティブガッティの車両も選手権にエントリーし続けた。

750kgの最大規定重量は1937年シーズン末まで継続されたが、その頃にはドイツ製のレーシングカーの最高出力は600馬力を超えるまでになっており、主催者が750kgの重量制限のもとで可能だと予想した出力を遥かに上回っていた。過剰な出力向上を受けて1938年には排気量を制限する新レギュレーションが採用され、スーパーチャージャー付きエンジン搭載車両の排気量は666cc〜3000cc、自然吸気エンジン搭載車両の排気量は1000cc〜4500ccにそれぞれ制限されることとなった[3]。吸気方式と排気量に応じて最低規定重量が400kg〜850kgの間で変動するレギュレーションも同時に導入された[3]

 
ヘルマン・ラングはポイントランキング上では選手権2位でシーズンを終えたが、ナチスによって1939年のチャンピオンと宣言された。

1938年末に開かれたAIACRの会合では現状(当時)のポイントシステムへの不満が話し合われ、ベルギーの代表者が1939年シーズンのための新たなポイントシステムを提案することとなったが[4]、この代表者が新ルールの策定に数ヶ月の検討を要したため1939年の選手権に新たなポイントシステムが導入されることはなかった[4]

1939年に第二次世界大戦が勃発するとAIACRの会合は開催不能となり、この年(1939年)の選手権成績の公式発表が不可能となった[5]。NSKK(国家社会主義自動車軍団)のアドルフ・ヒューンラインはヘルマン・ラングが23ポイントで1939年のヨーロッパチャンピオンを獲得したとナチ党の機関紙フェルキッシャー・ベオバハター上で宣言したが[4]、当時の公式のポイントシステムで計算すればヘルマン・パウル・ミューラーが1939年シーズンのチャンピオンとなる。

結果編集

ポイントシステム編集

現在のF1世界選手権のポイントシステムと異なり、各グランプリで上位でフィニッシュした選手には少ないポイントが与えられ、シーズン終了時に獲得ポイントが最も少なかったドライバーがチャンピオンを獲得した。一位でフィニッシュすると1ポイント、二位と三位にはそれぞれ2ポイントと3ポイントが与えられた。その他の結果を残した者には以下のように消化した距離に応じてポイントが与えられた。

% 消化 ポイント
>75% 4
50%-75% 5
25%-50% 6
<25% 7

グランプリに不参加もしくはスタートができなかったドライバーには8ポイントが与えられた。ドライバーはエントリー時点で登録した競技車両を使用した場合でのみポイントの獲得が認められた。耐久レースで選手権が構成された1931年シーズンではあらかじめ登録された二人目のドライバーが交代で乗り込んで1スティント以上の距離を消化した場合、二人目のドライバーもポイントが獲得できた。1932年以降は複数のドライバーがシートをシェアした場合、スタート時にその車両に乗っていたドライバーのみがポイントを獲得できるシステムに改訂された。

選手権の歴史編集

シーズン チャンピオン チーム ポール 優勝 表彰台 ファステストラップ ポイント 2位とのポイント差 選手権グランプリ
1931   フェルディナンド・ミノイヤ アルファロメオ 0 0 2 0 9 0  
ITA
 
FRA
 
BEL
1932   タツィオ・ヌヴォラーリ アルファロメオ 0 2 3 2 4 4  
ITA
 
FRA
 
GER
19331934 開催されず
1935   ルドルフ・カラツィオラ メルセデス・ベンツ 1 4 5 1 17 5  
MON
 
FRA
 
BEL
 
GER
 
SUI
 
ITA
 
ESP
1936   ベルント・ローゼマイヤー アウトウニオン 1 3 3 3 10 5  
MON
 
GER
 
SUI
 
ITA
1937   ルドルフ・カラツィオラ メルセデス・ベンツ 3 3 4 2 13 2  
BEL
 
GER
 
MON
 
SUI
 
ITA
1938   ルドルフ・カラツィオラ メルセデス・ベンツ 0 1 4 0 8 7  
FRA
 
GER
 
SUI
 
ITA
1939 第二次世界大戦の勃発によりタイトル獲得者無し  
BEL
 
FRA
 
GER
 
SUI

脚注編集

  1. ^ Etzrodt, Hans. “1931 GRAND PRIX SEASON”. The Golden Era of Grand Prix Racing. 2016年11月13日閲覧。
  2. ^ a b c Rendall, Ivan (1995). The Chequered Flag : 100 years of motor racing. Weidenfeld & Nicolson. p. 136. ISBN 0-297-83550-5. 
  3. ^ a b 1938, Part 1 : Introduction”. The Golden Era of Grand Prix Racing. 2007年2月20日閲覧。
  4. ^ a b c The 1939 European Championship”. 8W. 2007年2月20日閲覧。
  5. ^ 1939 Championship Table”. The Golden Era of Grand Prix Racing. 2007年2月20日閲覧。

参考文献編集

  • Chris Nixon, Racing the Silver Arrows: Mercedes-Benz versus Auto Union 1934-1939 (Osprey, London, 1986)

関連項目編集

外部リンク編集