メインメニューを開く

ヨーロッパ (映画)

1991年のデンマーク映画

ヨーロッパ』(Europe)はラース・フォン・トリアー監督、ジャン=マルク・バール主演で製作された1991年デンマーク映画。トリアーによる『エレメント・オブ・クライム』、『エピデミック』に次ぐ「ヨーロッパ」三部作の最終作。第24回シッチェス・カタロニア国際映画祭でグランプリ、第44回カンヌ国際映画祭審査員賞、芸術貢献賞、およびフランス映画高等技術委員会賞を受賞した。1945年ドイツを舞台に第二次世界大戦後のヨーロッパの不安を描く。

ヨーロッパ
Europe
監督 ラース・フォン・トリアー
脚本 ラース・フォン・トリアー
ニルス・ヴァセル
製作 ピーター・オルベク・イェンセン
ボー・クリステンセン
出演者 ジャン=マルク・バール
音楽 ヨアキム・ホルベック
撮影 ヘニング・ベンツェン
ジャン=ポール・ムリス
エドワルド・クウォシンスキ
編集 ハーヴ・シュナイド
公開 フランスの旗 1991年5月12日CIFF
デンマークの旗 1991年8月16日
日本の旗 1992年10月3日
上映時間 112分
製作国  デンマーク
 スウェーデン
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
スイスの旗 スイス
言語 英語
ドイツ語
テンプレートを表示

ストーリー編集

舞台は第二次世界大戦に敗戦した直後の1945年のドイツ。ドイツ系アメリカ人のレオ・ケスラーは叔父に紹介されて鉄道会社ゼントローバに就職する。ケスラーは中立的な立場からドイツの復興を手伝おうとしていたが、アメリカ軍情報部やゼントローバのオーナーであるハルトマン家は彼を利用しようとする。ケスラーはカタリナ・ハルトマンと親しくなるが、やがて彼女が連合国に対する抵抗組織である「人狼」のメンバーであることを知ることになる。

キャスト編集

外部リンク編集